究極のエンターテイメントにクギズケ!今大人女子が見るべきボリウッド作品!

インドの映画といえばボリウッド作品です。起承転結がしっかりしたハリウッド作品にも負けないクオリティの歌い踊るエンターテイメント性が高い作品です。本記事では大人女子が見るべきボリウッド作品をご紹介します。

  1. プレーム兄貴、王になる
  2. パッドマン 5億人の女性を救った男
  3. マダム・イン・ニューヨーク
  4. きっと、うまくいく

プレーム兄貴、王になる


面倒見がよく、正義感の強い貧乏役者のプレームは、憧れのマイティリー王女が街にやってくると聞きつけ一目見たいと会いに行く。
そこでマイティリー王女の婚約者である王子の家来にスカウトされる。

実は王子とプレームは瓜二つで、王子は暗殺されかけて意識不明だった。
プレームは王子の替え玉に仕立て上げられるが……というストーリーです。

豪華絢爛な衣装に、歌あり、踊りあり、プレームの優しさにホロリとくるシーンありと壮大なスケールと感動が164分におさめられています。
新型コロナウイルスの影響で塞ぎがちな気分を吹き飛ばすような明るい作品です。

パッドマン 5億人の女性を救った男


夫が愛する妻のために安価で安全な生理用品を作ろうとする実話に基づいたサクセスストーリーです。

最愛の妻と新婚生活を送るラクシュミは、市販の生理用品が高価すぎて買えず、不衛生な古布を使う妻のために安価・安全な生理用品を手作りしようと思いつく。
しかし周囲からは奇異の目を向けられ、あらぬ誤解を受けてしまい……というお話です。

ほんの20年前までインド女性の生理用品使用率は10%程度で、生理=穢れのイメージが強く、生理中の女性は檻に隔離されていました。

一途に妻を愛し続け、周囲に何を言われても諦めることなく0から1を創りあげる主人公の生き様をみると、新しい挑戦をしたくなってきますね!

マダム・イン・ニューヨーク


専業主婦のシャシは家族の中で自分だけが英語が喋れないことがコンプレックスで、夫や子供にも馬鹿にされてしまう。
姪の結婚式の手伝いのために単身渡米するが、英語ができずに悲しい思いをすることに。

そんな時「4週間で英語が話せる」と書かれた英会話学校の広告を見たシャシは、誰にも言わずに英会話学校に通い始める……というストーリーです。

英語に苦手意識を持つ人は前半でシャシに共感しっぱなしでしょう。
歌と踊りは少ないですが、自分に自信のないシャシが英語が喋れるようになって自尊心を取り戻し、輝き始める様子に思わず涙します。

「私もまた明日から頑張ろう!」と思える作品です。

きっと、うまくいく


世界中で大ヒットしたコメディ映画です。

有名な監督であるスティーブン・スピルバーグもこの映画を3回鑑賞したほどです。
170分と3時間近くある作品です。

ランチョー、ファルハーン、ラージューの3人は難関大学の工学部で学んだ仲間だった。
その後、10年間行方不明となっていたランチョーが戻ってくると聞いた2人はランチョーに会うため母校に向かうが……という青春ストーリーです。

終始明るくコメディタッチで抱腹絶倒するユーモアが盛り込まれていますが、インドの教育や若者の自殺などの社会問題にも鋭く切り込んでいます。

ランチョー、ファルハーン、ラージューのトリオと一緒に笑って、泣いて、最後にはすっきり爽快な映画です。
終わった後は「All is well!」とあなたも口にしたくなるでしょう。

以上、今大人女子が見るべきボリウッド作品4本をご紹介しました。
歌って踊ってのエンターテイメントに目がいきがちなボリウッド作品ですが、これまでの自分の常識を覆すような作品や奥深い作品もたくさんあります。

少し長めの2時間~3時間ほどの作品ですが、休みの日はお菓子と飲み物とティッシュを用意して、ボリウッド作品の虜になりましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
夏椿(ライター)
夏椿

1日に5本鑑賞するほど映画・ドラマが大好き。字幕なしで鑑賞できるよう頑張っています。フリマアプリをやったり、ポケモンGOをしながら歩き回ったりするのも好きです。