2021.09.02

仕事ができる人の特徴とは?共通して持っている19個の特徴を徹底解説

「仕事ができる人」と言われる人には、共通の特徴があります。この記事では、仕事ができる人に共通する特徴を業務の進め方と性格・考え方、見た目、習慣に分けて徹底解説します。仕事ができる人になるために実践したいことも紹介するため、取り入れてみてください。

あなたは当てはまる?仕事ができる人の特徴を知ろう



「仕事ができる人」の特徴は、ポジションや期待される結果によって異なります。
例えば、管理職であれば適切にマネジメントできる人、営業担当の社員であれば良い営業成績を収められる人が仕事ができる人と認識されます。

多くの仕事ができる人に共通するのは、実際に目標を達成し結果を出していることです。
ただし、結果が全てとは限りません。

成績が良いなど、目に見える結果だけで判断されるのではなく、周囲から信頼され高い評価を得ている人こそが仕事ができる人と思われるのです。

ここからは仕事ができる人に共通する、具体的な特徴を見ていきましょう。

仕事ができる人の業務の進め方の特徴6つ


仕事ができる人は、業務の進め方に特徴があります。
ここでは、6つの特徴をそれぞれ紹介していきます。

受け身にならず自分から動く



仕事ができると思われる人は、自ら率先して仕事をこなします。
やるべきことを自分で考え、自分から行動して仕事を進めていくのです。

積極的に行動する姿勢は、周囲からも「やる気がある」と認識されるようになります。

スピード感を重視する



ビジネスでは、スピードがとても重視されます。
自分の仕事を素早くこなし、決断も早い人は仕事ができる人と認識されるでしょう。

常にスピード感を意識していれば、万が一トラブルが発生した場合でも余裕を持って対応でき、評価アップにつながります。

計画を立てて行動する



仕事ができる人の多くは、きちんと計画を立ててから行動します。
「こうなったらいいな」という理想ではなく、自分の力量や業務量を冷静に考え、無理のない計画を立てる特徴があります。

立てた計画にゆとりを持って業務を遂行することで、仕事ができる人と認識してもらえるようになるでしょう。

リサーチ力や課題発見力がある



仕事ができる人には、「リサーチ力」と「課題発見力」に優れているといった特徴がありあます。
リサーチ力とは情報を素早く集める力を指し、課題発見力とは、現状を分析し目的や課題を明らかにする力を意味します。

仕事ができる人は、これらの力を共通して持っている場合が多いです。
リサーチ力がある人は仕事の成果を高めるとともに、仕事の幅を広げることができるようになります。

また、課題発見力がある人は、期待されている成果を正しく出せるのです。

人にお願いするのが上手



仕事ができる人は、どんなことでも1人でこなすイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。
仕事ができる人は、自分よりその業務を得意とする人に上手にお願いできます。

適材適所を見極めて仕事を任せるため、効率的により良い結果を出せるのです。
さらに、仕事をお願いした人に感謝をし、自分もお願いされたときに快く引き受ければ良い人間関係づくりにもつながります。

そのため、仕事はますますスムーズにできるようになるでしょう。

想定外のことにも柔軟に対応する



ビジネスでは、想定外のことは常に起こり得るものです。
想定外のことが起きたときに慌てず、冷静に分析して柔軟に対応できるのは、仕事ができる人の特徴といえるでしょう。

仕事ができる人の性格や考え方の特徴4つ



仕事ができる人は、好感を持たれる性格や考え方をしている人が多いです。
ここでは、どのような特徴があるのか詳しくみていきます。

いつでも前向きで感情をコントロールできる



仕事ができる人は、いつでも前向きな人が多いです。
自分で感情をコントロールし、マイナスの感情を仕事に持ち込まないため、穏やかに業務を進められます。

また、前向きな感情を常に持つことで周りにも好印象を与え、協力してもらいながら仕事を進めることもできるでしょう。

小さなことにいつまでもこだわらない



小さなことにいつまでもこだわっていると、先に進めなくなります。
仕事ができる人は、失敗して反省したとしても、延々と落ち込むことはありません。

適度に反省したうえで、「同じ失敗をしないためには、どうすれば良いのか」と素早く前を向きます。

感謝を忘れない



仕事ができる人は、周りへの感謝を忘れません。
仕事の手伝いや気遣いをしてもらった場合は、必ず感謝の気持ちを伝えます。

そうすると良好な人間関係を築くことができ、より良い仕事につなげられるのです。

周りの意見を素直に聞き入れる



仕事ができる人は自分の仕事に誇りを持っているものの、プライドは高すぎません。
素直で謙虚な人が多く、周りの意見もきちんと聞き入れます。

わからないことは素直に認めてアドバイスを活かすことができるため、成長スピードも早いのです。

仕事ができる人の見た目の特徴3つ


仕事ができる人は、見た目にも共通の特徴があります。
どのような見た目をしているのか、詳しく確認していきましょう。

身だしなみが整っていて清潔感がある



仕事ができる人の多くは、周りに良い印象を与えられるよう身だしなみにも気を遣っています。
ビジネスでは、相手を不快にさせない清潔感を出すことが大切です。

仕事ができる人は、きちんと髪を整えてシワのないシャツやスーツを着こなし、お手入れされた靴を履くなど適度に清潔感を出しています。

笑顔が明るい



仕事ができる人は、明るい笑顔でコミュニケーションが取れる人が多いです。
無表情ではなく笑顔で話すだけで、相手に良い印象を与えることができます。

笑顔が明るい人の周りは穏やかな雰囲気になるため、良い空気のまま仕事を進められるでしょう。

疲れを見せない



疲れを見せないことも、仕事できる多くの人に共通する特徴です。
仕事やプライベートで疲れていることを周囲にアピールしても、仕事の成果にはつながりません。

仕事ができる人は、周りに疲れを見せず前向きな姿勢を維持しているため、いざというとき周囲が協力してくれます。

仕事ができる人の習慣の特徴6つ


仕事ができる人は、自分や周りに良い影響を与える習慣を身につけていることが多いです。
どのような習慣なのか、見ていきましょう。

あいさつができる



仕事ができる人は、あいさつがしっかりできます。
周りの人と協力して仕事を進めるためにコミュニケーションは必須ですが、その基本となるのがあいさつです。

あいさつをきちんとすることで話しかけやすい人だと認識してもらえるようになり、仕事を任せてもらえるチャンスも増えるでしょう。

オンとオフをしっかりと切り替えられる



仕事ができる人は、仕事とプライベートをきちんと切り替えることができます。
仕事中は目の前の業務に集中し、仕事が終わったら家族とゆったり過ごしたり趣味に没頭したりするのです。

プライベートの充実はリフレッシュにつながるだけでなく、異なる角度から仕事のアイデアが生まれやすくもなります。

また、プライベートのために限られた時間内で仕事を効率よく終わらせようとするため、生産性も高まるでしょう。

デスク周辺を整理整頓している



仕事ができる人は基本的に、整理整頓もしっかりと行なっています。
デスクやその周りが散らかっていると、使いたいものがどこにあるかわからず探すのに時間がかかってしまったり、大切な書類を紛失してしまったりすることも。

仕事ができる人は無駄な時間を使わないよう、一つひとつのものをあるべきところに収納する癖をつけているのです。

隙間時間も上手に活用する



通勤時間や昼休みなどの隙間時間を無駄にしないのも、仕事ができる人の特徴です。
数分で済ませられるメールの返信やデスク周りの軽い片付けなどは隙間時間にサッと終わらせることで、長時間集中しなければならない業務にきちんと時間を使えます。

スキルアップのための学習を自発的にする



仕事ができる人は、自身のスキルアップに貪欲です。
スキルアップにつなげるための学習を惜しまず、毎日コツコツと知識のインプットを行ないます。

健康にも気を遣っている



仕事の成果だけでなく自身の健康にも気を遣うのは、仕事ができる人の特徴です。
仕事ができる人はきちんと食事をして早寝早起きを心がけ、十分な運動時間を取っています。

運動不足による体力低下や寝不足による集中力や判断力の鈍化は、仕事に悪影響を与えてしまうと知っているからです。

仕事ができる人になるために意識したい3つのこと


これから仕事ができる人になるためには、以下の3つのことを意識してみましょう。

身近な仕事ができる人の行動を見て学ぶ



仕事ができる人の行動を見て学ぶのは、仕事ができる人になるための良い方法です。
ただ行動を見るだけでなく、一緒に仕事ができるよう積極的に手伝ってみましょう。

一緒に業務をこなしながら教えてもらうと、仕事ができる人の考えや習慣を間近で見ることができ、自身の成長につながります。

受け身をやめて自分から仕事をする



依頼された仕事をこなすばかりになっているのであれば、受け身をやめてみましょう。
成果を出すために自分から積極的に動くと、指示待ちの状態から抜け出せます。

そうすると仕事の成果につながるようになり、仕事ができる人と認識してもらえるようになるはずです。

自分の役割や業務の目的を考える



仕事ができる人は、仕事における自分の役割を把握しています。
自分の役割を明確にするれば、自然とやるべきことが見えてくるでしょう。

また、業務一つひとつには必ずそれを行なう目的があります。
目標達成のためになぜその業務が必要なのかを考えるとモチベーションが高まり、優先順位や割くべき時間もわかるようになるでしょう。

仕事ができる人の特徴を知って取り入れてみよう



仕事ができる人と思われたいのであれば、仕事ができる人に共通する特徴を知って取り入れる必要があります。
業務の進め方に限らず、性格や考え方、見た目、習慣など取り入れやすいと思った特徴から少しずつ真似してみましょう。

できることから少しずつ始めることで、仕事ができる人に近づけるはずです。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

仕事もおしゃれも恋愛も、私らしく叶える。

Rolmy編集部から、仕事も私生活も充実させたい20~30代の働く女性向けに、より私らしく輝けるキャリアやライフスタイルを叶えるためのヒントをお届けしています。

このライターの記事を見る