ユニクロとGUの違いを徹底検証!2大ブランドあなたはどっちを着る?

駅ビルや商業施設に入ると、必ずと言っていいほどユニクロとGUがお店に並んでいます。似ているけれど、ユニクロとGUの違いを説明できる人は少ないかもしれません。この記事を読んだら誰かに教えたくなるかも?ユニクロとGUの特徴を深掘りしていきます。

  1. ユニクロとGUはターゲット層が違う
  2. ユニクロとGUは価格や品質が違う
  3. ユニクロとGUはデザイン性が違う
  4. ユニクロとGUのどっちがオススメ?
  5. まとめ

ユニクロとGUはターゲット層が違う


ユニクロとGUではそもそも、狙っているターゲット層が違います。
それぞれのターゲットとしている年代をみていきましょう。

GUがターゲットとしている年代は?

【GU】→10~30代

GUは「自分を新しくする自由を。」をコンセプトにしており、常に最新のトレンド商品を提供しています。

特に10~30代までのトレンドに敏感な女性が好む商品がたくさんあるので、学生やOLなどの若い世代にとても人気あります。

ユニクロがターゲットとしている年代は?

【ユニクロ】→老若男女問わない

ユニクロは「世界中のあらゆる人々の日常を快適にする究極の普段着を作る」をコンセプトにしており、年齢問わずベビーからシニアまで、幅広い世代から支持されるています。

コンセプトどおり、誰もが着やすいシンプルな商品が多いので、どんな人でも手を出したくなる世界中で人気のブランドです。

ユニクロとGUは価格や品質が違う


GUは価格を抑えている分、ユニクロよりは品質が劣るとことがあります。

  • 商品の耐久性
  • 縫製のつくり
  • 布の品質

このような部分で若干の品質の違いがあるようです。

GUの価格や品質の特徴

  • 品質はユニクロより劣る
  • 洗濯するとヨレやすい
  • 破格の安さで商品が買える

GUは若年層をターゲットにしていることから、品質よりも低価格で提供することを大事にしています。

多少品質を犠牲にしても、価格を安くすることで若年層からの人気を維持しています。(おおよそユニクロより2割ほどお安い。)

ユニクロの価格や品質の特徴

  • GUよりはお値段はするが高品質な商品が多い
  • 機能性が高い
  • 洗濯してもヨレにくい

GUよりはお値段が張るユニクロですが、有名な「ヒートテック」や「エアリズム」など機能性がよい商品が多く、誰もが一つはユニクロ商品を持っているのではないでしょうか。

ユニクロとGUはデザイン性が違う


「どっちも一緒じゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はデザインにも違いがあります。
やはりGUとユニクロはターゲット層が違うので、デザインの特徴にも違いがあるようです。

GUのデザイン性の特徴

  • トレンド感のある商品が豊富
  • タイトな服が豊富
  • 装飾が多い

学生やOLなどトレンドに敏感な世代に支持されています。
デザイン性にこだわりがあるため、タイトな洋服も多い印象があります。

ユニクロのデザイン性の特徴

  • シンプル
  • サイズが豊富(XS~XXL)

ユニクロはシンプルで万人受けするデザインなので、誰もが手に取りやすいカジュアルブランドです。
またサイズが豊富なので、細身の人から身体が大きい人まで着ることができるのも人気の秘密といえます。

ユニクロとGUのどっちがオススメ?


結局のところ、ユニクロとGUはどちらを選べばいいのでしょうか。
自分に似合う系統はどちらか参考にしてみてください。

ユニクロがオススメな人

  • ベーシックなデザインが好き
  • 品質が良く長持ちするものがいい
  • ヒートテックなど機能性が良いものを選びたい

GUがオススメな人

  • 年齢が10~30代の人
  • 安いものがいい
  • ガウチョパンツなどトレンドを取り入れたい人

まとめ


GUとユニクロは似ているようで、それぞれの良さに違いがありましたね。

ユニクロとGUの違いを簡単にまとめると

  • そもそもターゲット層が違う
  • 価格や品質に違いがある
  • デザイン性に違いがある

GUもユニクロもヒット商品が多く、どちらがいいとは決めきれませんが、うまく使い分けをしてどちらのブランドも楽しみましょう。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事もプライベートも充実させたい20~30代のフルキャリ女性向けに、ニューノーマル時代をより私らしく生き抜くためのヒントをお届けします。