【まつ毛パーマ】自まつ毛を魅力的に♡種類やメリットを徹底解説

ビューラーいらずでいつもくるんと上がったまつ毛作りができるまつ毛パーマ。まつ毛パーマは根強い人気ですが、最近はさらにブームとなっています。まつ毛パーマの種類や日頃のケアの仕方などを徹底解説していきます。

まつ毛パーマとは


まつ毛パーマは自まつ毛をカールさせて、パーマをかけてまつ毛を上向きにさせる施術のことです。

ぱっちりまつ毛と言えばエクステが主流でしたが、コロナ禍もあり持ちのいいまつ毛パーマが再ブームとなっています。

また日本人の約8割が下向きまつ毛とも言われています。

欧米人は日本人に比べるとまつ毛が上がっており、長さも長く本数も多いのです。
うらやましい限りですね。

そんな下向きまつ毛をくるんと上向きにカールしてくれのがまつ毛パーマ!
下向きだと存在感のなかったまつ毛をカールすることで魅力的な目元を演出してくれますよ。

マツエクとまつ毛パーマの違いとは


マツエクは自まつ毛に人工まつ毛を1本1本付けることで、長く見せることができます。
長さやカールなども選べるので自分の好みのまつ毛スタイルが楽しめます。

まつ毛が長くなると目元がとても華やかに見えますよね。

付ける本数にもよりますが、5,000円~8,000円くらいのところが多く、持ちは2週間くらいです。
使えるクレンジングが限られていることや、下向きに寝られないなど何かとまつ毛に気を使うことが多いです。

まつ毛パーマは自まつ毛をカールするので長さは変わりませんが、上向きになることで見た目の存在感がアップします。

マツエクと比べると持ちがよく、1ヶ月~1ヶ月半くらいほど持つことが多いです。
サロンにより値段の差がありますが、3,000円~8,000円くらいの所が主流。

クレンジングなどは好きなものを使えるのでマツエクほど気を使わなくても大丈夫です。

エクステの持ちが2週間くらいなのに比べて、まつ毛パーマは1ヶ月以上持つのでコロナ渦の中でも人気が高まっているようです。

まつ毛パーマの方法や施術時間


まつ毛パーマは専用の粘着力のあるロッドを使い、まつ毛を巻きつけていきます。
パーマ液をつけてまつ毛をカールさせるため少し置き時間も必要です。

ビューラーで上げてパーマをあてる施術もありますが、ロッドを使う方が自然でナチュラルな仕上がりになります。

施術時間は40分~60分くらいのところが多いです。
ロッドを使ってまつ毛パーマをしてもらうと1本1本手作業で上げていくため、60分くらいかかります。

行きはアイメイクをせずに来店し、施術後は終わってすぐにメイクをすることができます。

頻度はどれくらい?


だいたい1ヶ月を過ぎると少しずつカールが落ちてくるので、気になるようなら1ヶ月後に。
落ちかけのカールはさらにナチュラルなのでそれも楽しみつつと言う方は1ヶ月半くらいでもいいと思います。

私は1ヶ月半を目安にまつ毛パーマをかけることが多いです。
やはりパーマ液を使うのでまつ毛に負担をかけないためにも、1ヶ月は開けたほうがいいでしょう。

1ヶ月ちょっとで次回のまつ毛パーマをしていくと、いつでもずっとカールした状態になれると思います。

まつ毛パーマの種類


まつ毛パーマにも種類があります。
サロンによって呼び方は違いますが、カールの種類によって仕上がりが変わります。

Cカール

文字のCのようにくるんと丸く立ち上がったカール。
自然でナチュラルなカールなので、まつ毛パーマだと気付かれにくいです。

一番ポピューラーで人気の高いカールで目元が可愛らしい印象になります。

OカールorDカール

Cカールよりも根元の立ち上げをしっかりとした仕上がりのカール。
まつ毛がより強調されるので、目が大きく華やかに見えます。

サロンにより微妙な違いがあるかもしれませんが、よりまつ毛が長く見えるのがOカールやDカールになります。

パリジェンヌラッシュリフト

こちらは次世代のまつ毛パーマと呼ばれるもので、まつ毛パーマとは違いセッティング剤を使用するタイプになります。

根元の立ち上げをしっかりとすることで、目元のリフトアップ効果もあると言われています。
まつ毛パーマではエクステができませんが、パリジェンヌラッシュリフトはマツエクの施術も可能です。

値段は6,000円~のところが多く通常のまつ毛パーマよりもやや高めの設定になっています。

まつ毛パーマのメリット


まつ毛パーマをするメリットとして、ビューラーをしなくてもいいのでまつ毛が切れたり
抜けたりしにくくなります。

ビューラーするのって結構時間がかかりませんか?
まつ毛パーマをすると時短メイクも可能です。

普通にビューラーをしても時間が経つと、だんだんとまつ毛が落ちてきやすいですよね。
まつ毛パーマだとずっとくるんなので美まつ毛が作れます。

マスクメイクは今まで以上にアイメイクに力を入れてる方も多いでしょう。
でもこってりのアイシャドウやキラキラすぎるラメだとオフィス向きではありません。

その点、まつ毛パーマだと自然なカールで目力アップができるので万人に好かれるナチュラルメイクでも映えます♡

たまにビューラーでまつ毛を上げると二重になる方がいますが、そのような方はまつ毛パーマをすることで二重になりやすい場合も。

メイクオフしてもまつ毛が上がっているとすっぴん美人度が上がるのも嬉しいメリットでしょう。

まつ毛パーマのデメリット


パーマ液は直接肌には触れないものの、目元が敏感肌の方は初めてするときは不安だと思います。
事前にしっかりとカウンセリングしてくれるところを選ぶことをおすすめします。

ビューラーなどでまつ毛が抜けてスカスカになったきなどは、ある程度伸びるまで我慢してからまつ毛パーマをあてるほうがいいです。

スカスカな状態でまつ毛パーマをかけたことがありますが、キレイにカールする長さがないので仕上がりがイマイチでした。

まつ毛にパーマをかけると目元があまり触れません。
こすったり、掻いたりなどは我慢です...。

まつ毛パーマのカールがしっかりしすぎると、くるんと丸まってしまい最初の1週間くらいは上がっているけど短く見えてしまうこともあります。

私は持ちをよくするために敢えてしっかりめにしてもらうので、最初はちょっと違和感あります。しばらく経つと落ち着いてきます。

好みのカールや仕上がりなど、最初にしっかりと相談しておくと失敗がないです。

まつ毛パーマ後の注意点


まつ毛パーマをあてた後は、アイメイクをオフするときにもこすらずに優しくオフしてください。こするのは厳禁!
まつ毛パーマをしてもマスカラを使う方が多いと思います。

マスカラとアイライナーはお湯でオフできるタイプのものを使うと、こすらずに落とせるのでおすすめ。

逆にジェルライナーなどは落ちにくいので、まつ毛パーマをしているときはあまり使わないほうがいいと思います。
落ちにくいタイプだとどうしもまつ毛に負担をかけて落とすので、まつ毛パーマの持ちも悪くなってしまうのです。

まつ毛パーマは薬剤を使っているので、普段よりもまつ毛が弱くなっています。
ビューラーを使うと切れる恐れもあるのでビューラーも使わないようにしましょう。

とにかく刺激を与えないようにすることが大切です。

あと花粉症などの時期に目がかゆくなる人は、その時期はまつ毛パーマを避けたほうがいいでしょう。

まつ毛ケアを日課にする


まつ毛パーマで自まつ毛をキレイに保つためには日頃のケアも必要です。

まつ毛ケア用品やまつ毛美容液も色々な種類があるので使うとよりキレイになれるアイテムをご紹介します。

まつ毛ケアにおすすめな美容液&商品

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラムプレミアム

出典:みんなでまつ育(外部リンク)

スカルプDボーテには通常タイプとプレミアムの2種類があるのですが、まつ毛パーマをしている人にはプレミアムがおすすめ。

通常タイプと比べてまつ毛ケア成分が2倍!カールキープ成分はなんと4倍!
まつ毛のハリコシアップだけでなく、まつ毛パーマの持ちもよくしてくれるのです。

また目元ケアにもよい美容成分は配合されているのでまぶたケアにも使えます。

まつ毛そのものを伸ばすことはできませんが、ハリコシがアップすることで1本1本がしっかりしてきます。

色素沈着の心配がなく、肌に負担のかからないピュア処方でパラベン、オイル、エタノール、界面活性剤、シリコン、香料、合成着色料が不使用です。

衛生面を考えて洗顔後の何も付けていない状態で、一番に使うことを推薦されています。

Miss 9’ ミスナイン ザ パーフェクトエッセンス

出典:A&C BEAUTE ONLINE SHOP(外部リンク)

まつ毛はたんぱく質でできているので「たんぱく質」に着目したまつ毛美容液になります。

土台からまつ毛をケアし、ハリコシアップ、カール持ちによい植物成分と機能性ペプチドなどの成分を贅沢配合。
天然成長成分配合なのでまつ毛を伸ばすことにも期待できる美容液です。

防腐剤(パラベン)が無添加の場合フェノキシエタノールを防腐剤として使うことが多いのですが、どちらも入っていません。だから早めに使い切るほうがいいでしょう。

こちらも洗顔後に一番に使うことを推薦されています。
ミスナインも色素沈着の心配はありません。

まつ毛の生え際からまつ毛全体に塗って、眉毛にも使用できます。
肌に負担のかかる成分はなるべく使っていないので、刺激が少ないものを探している方にもおすすめしたいです。

エマーキット

出典:水橋保寿堂製薬株式会社(外部リンク)

LDKやLIPS などで数多くの受賞履歴を持つエマーキット。
まつ毛が伸びると大人気の美容液です。

スカルプDボーテやミスナインは塗る部分がチップなのに対し、こちらは極細筆になっています。

使用もまつ毛の生え際に1回なぞるだけ。
たっぷりつけるのは厳禁で必ず容量を守ってください。

まつ毛を伸ばしたいので私も愛用中の商品ですが、エマーキットは色素沈着しやすいです。
スキンケアをしっかりとして、目のまわりもアイクリームなどを塗ってから塗ると色素沈着しにくいです。

塗ったあとは、美容液が広がらないように目を触らないようにします。
2週間ほど経つと、まつ毛が伸びてくるのがわかります。

目元ケアではなく、まつ毛を伸ばすための美容液なので付けすぎには注意です。

まつ毛美容液は大きく分けると2タイプに分かれます。

ハリコシアップができて、目元の肌もケアできるタイプは伸びないけど安心。
まつ毛は伸びるけど、色素沈着しやすい商品。

私もたくさんの商品を使って、試してどれもそれぞれの良さがあるのが分かっています。
結局は伸ばしたいかそれとも安心してハリコシアップを目指すかで選ぶ美容液が決まります。

アイシャンプーロング

出典:アイシャンプーロング(外部リンク)

眼科でも使われている商品でまつ毛のシャンプーなのです。
まつ毛の根本はメイクですごく汚れているのをキレイに洗ってくれるアイテム。

メイクを落としたあとにアイシャンプーを使うのですが、これがかなりすっきりするのです。
洗うだけでまつ毛が伸びるなんて信じられなかったけど、まつ毛に皮膚環境を整えるとこんなにキレイなまつ毛になるのだと実感した商品です。

公式ホームページを見ると、汚れたままの目元にはまつ毛ダニが住みつきやすくなるそうです...。
炎症を起こしやすく、まつ毛が抜けやすい方はまつ毛ダニの可能性もあるようです。

普段どれだけ目元が汚れているのか、このアイシャンプーを使うとわかります。
目に染みることもなく、優しく洗うだけでケアできるので今回また再購入してみました。

まつ毛美容は女子には大切!


まつ毛が上がっている、カールしているだけで目元の感じが随分かわりますよね。
欧米人のように、長くて自然なカールで上向きのまつ毛は女性の憧れです!

特にマスク生活になってから、アイメイクに力を入れている人が増えましたね。
キレイにカールしている女性を見ると、きちんとまつ毛ケアして女子力高いな~と思います。

がっつりエクステ派からナチュラルなまつ毛パーマ、どちらも人気が高いですがコロナ禍の今はまつ毛パーマに移行している方も多いようです。

最近インターネットで自分でできるまつ毛パーマと言う商品がたくさん販売されていますが、初めてされる素人は手を出されないほうが無難です。

何十回もまつ毛パーマをしている私でもセルフパーマは不安です。
もし目にパーマ液が入って何か起こっても自己責任ですからね。

やはりプロにお願いするのが一番だと思います。
女性のまつ毛は大切な部分です。

安心してお任せできるサロンを見つけて素敵に上向きカールを作ってみてください。
メイクが格段に楽になりますよ。

すっぴんにもちょっと自信が持てたり、いいことずくめです♡

この記事をシェア

Twitter
Facebook
クリム(ライター)
クリム

大手エステティックサロンにて トータル美容に8年携わる。 コスメコンシェルジュ取得。 @コスメビューティスペシャリスト認定