女性が職場の人間関係でストレスを溜めない方法4選

職場での人間関係が悪いと、仕事に影響が出たり、出勤のモチベーションが下がったりする可能性があります。なるべく人間関係に左右されずに仕事をするよう意識していても、なかなか難しいと感じる人も多いでしょう。今回は、女性が職場に人間関係でストレスを溜めない方法を紹介します。

女性が人間関係にストレスを感じる職場とは


まずは、女性がどんな職場の人間関係にストレスを感じるか、紹介します。
もしも自分にも当てはまる項目があれば、要注意です。

社員同士のライバル心が強すぎる職場


社員同士のライバル心が強く、常に競い合っている職場の場合、大きなストレスが溜まります。
数値で競う営業職に代表されるように、ある程度のライバル心がいい刺激になっているのであれば、問題ありません。

しかし、お互いを蹴落とし合うようなレベルにまで発展しているのであれば、考えものです。

職場内に蔓延している競争心が、正常な範囲なのか、蹴落とし合うような不健全なものなのか、見極めていく必要がありそうです。

悪口・噂話が多すぎる職場


悪口や噂話が多く、常にネガティブな話題ばかりな職場にいると、気持ちが落ち込みやすくなってしまいます。
特に女性が多い職場は悪口や噂話への同意を求められやすく、「関与したくないのに」と悩む人も多いでしょう。

最悪の場合、悪口を言われていた対象の人とトラブルになることもあります。

また、話がどんどんエスカレートして、仕事に関する話題より悪口・噂話を話す時間の方が長くなってしまう場合、何のために出勤しているか分からなくなってしまいます。

プライベートにも関与してくる職場


プライベートにも強く関与してくる職場の場合、ストレスを感じる女性が増えていきます。
特に、下記のようなケースにイライラする人は多いでしょう。

  • 恋人の有無や結婚の予定を根掘り葉掘り聞いてくる
  • 退勤後や休日であっても、大量の業務質問をされる
  • 休みの日に、職場サークルや集まりへの参加を半ば強制される
  • 常識の範囲に収めていても、服装やメイクに口を出される


思わず、「仕事とプライベートは別だ!」と怒りたくなってしまうこともありそうです。
お互いを理解するうえで必要なフランクな話題の域を越えてくる場合、大きなストレスになるでしょう。

派閥やグループができている職場


職場内で派閥やグループができている場合、派閥同士の争いに巻き込まれて嫌な思いをすることが増えます。

リーダーポジションにいる人の顔を伺ったり、どちらの顔を立てて仕事をすればいいか迷ったりすることもあるでしょう。

女性同士の派閥だけでなく、最終学歴ごとの学閥や、次期経営権を争っておこなわれる跡取り争いなど、悩みの種類は多いものです。

恋愛色が強すぎる職場


職場恋愛が激しすぎたり、恋愛話ばかりが話題にあがったりする職場でも、ストレスは強くなります。
仕事の話そっちのけで恋愛に夢中な人を見ていて、イライラすることもあるでしょう。

取引先の担当者を顔やスタイルで評価するなど、思わず眉をひそめるような出来事も発生します。
上司や経営層を相手にお酌を強制されるなど、セクハラに発展する場合もあるため注意しましょう。

特定タイプの人ばかりが集まっている職場


男性(女性)ばかりの職場、年配ばかり(若い人ばかり)の職場など、特定タイプの人ばかりが集まる職場も、ストレスが溜まりやすいものです。

特定の意見に偏りすぎたり、世代ごとの常識が違いすぎたり、コミュニケーションを取るうえで支障となるケースもあるでしょう。

よほど相性がよく、自分との違いを楽しめるのであれば、問題ありません。
しかし、ストレスの原因となっている場合は、転職なども含め検討していく必要がありそうです。

セクハラ・パワハラが横行する職場


当然ながら、セクハラ・パワハラなどの禁止事項が横行する職場もNGです。

あまり長く籍を置きすぎると、心身のバランスを崩して鬱になったり、プライベートに支障が出たりすることもあるため、注意しましょう。

耐えられないと思った段階で、無理にしがみつかず退職することもひとつの手段です。
場合によっては本社人事部や労働基準監督署など適切な組織に相談し、指示を仰いでいきましょう。

関連記事

職場での人間関係にストレスを溜めない4つの方法


ここからは、女性が職場での人間関係にストレスを溜めない方法を紹介します。

最低限、自分で自分のことを守れるよう工夫しつつ、いざというときに自分がどうすればいいか、イメージしておきましょう。

1.プライベートで十分リフレッシュする


退勤後や休日などのプライベート時間を使い、十分なリフレッシュをすることが基本です。
仕事から一旦離れ、趣味など大好きなことに熱中する時間を作りましょう。

または、家族・恋人・友人など、職場以外のコミュニティを作っておくこともおすすめです。
職場であった嫌なことを忘れられるようなひとときが過ごせれば、気分転換になりそうですね。

2.嫌なことは嫌と言う決意をする


嫌なことは嫌と言い、自己主張していくことも大切です。
特に「最初が肝心」という言葉がある通り、嫌なことをされた瞬間に嫌だという癖をつけておくとよいでしょう。

最初は勇気が要るかもしれませんが、誰に対しても八方美人でありすぎる必要はありません。
相手の気分を害さない範囲で主張できるよう、無理して我慢しすぎないようにすることが大切です。

3.一匹狼になることを覚悟する


ストレスを抱え込みすぎて心身やプライベートに影響を出したくない場合、一匹狼になる覚悟も必要です。
「自分のポリシーに反することはしない」と名言することで、厄介な誘いや声かけも徐々になくなっていくでしょう。

反面、「とっつきにくい人」と思われてしまうリスクも上がります。
本当に嫌なこと以外には快く応じ、嫌われ者にはならないよう対策しておく必要がありそうです。

4.いつでも転職できる準備をする


ストレスに耐えられなくなったとき、いつでも転職できるよう準備しておくこともおすすめです。
いざというときの選択肢を増やしておけば、思い立ったときに行動しやすくなるでしょう。

スキマ時間を少しずつ使えば、下記のような転職準備が可能です。

  • 履歴書や職務経歴書を作成しておく
  • 転職サイトに登録して情報収集する
  • 転職エージェントで面接練習をする
  • 口コミや評判などの企業情報を集める
  • 自分が過去に担当した仕事の内容を棚卸しする

「この会社だけが全てではない」と広い視野を持つことで、気持ちが楽になるかもしれません。

職場での人間関係で気をつけたいポイント


ストレスが生じたときの対策を考えることも重要ですが、そもそもストレスが生じないよう対策することも肝心です。
快適で居心地がいい職場の人間関係になるよう、気をつけたいポイントも学んでおきましょう。

仕事には影響が出ないようが配慮する


ストレスが溜まっていると、どうしても不満が顔や態度に出やすくなってしまいます。
仕事で抜け・漏れが増えたり、ミスコミュニケーションが生じたりすることもあるでしょう。

あくまでも仕事は仕事として捉え、ときには「嫌な思いをすることも仕事のうち」と割り切っていくことも必要です。
仕事の質そのものには影響が出ないよう、配慮していきましょう。

悪口や噂話には加担しない


悪口や噂話に加担することは簡単ですが、一度足を踏み入れてしまうと、なかなか輪から出してもらいにくくなってしまいます。

場合によっては自分が悪口を言っていると広まり、要らぬトラブルを招くことも出てきます。
基本的には悪口や噂話に加担せず、同意を求められてもにこやかにスルーする技術を身につけましょう。

感情的にならない


どんなにストレスが溜まっても、感情的になって対応したり、怒鳴り散らしたりすることはNGです。
自分に非がないにも関わらず、外から見ると自分が悪いように見えてしまうこともあるため、注意しておきましょう。

爆発しそうになったときこそ冷静になり、一歩大人の対応をしていくことが肝心です。
どうしても耐えられなくなりそうなときは、エネルギーを転職にぶつけていくこともおすすめです。

ストレスは仕事の大敵!無理のない人間関係を築いていこう


ストレスが溜まりすぎてしまうと、仕事の質に影響したり、心身のバランスを崩してしまったり、マイナスなことが生じやすくなります。

まずは、職場で無理をしすぎない人間関係が築けるよう、工夫していきましょう。

どうしても我慢できないときは、転職を検討することもひとつの手段です。

自分に嘘をつきすぎないよう気をつけながら、職場での居場所を見つけましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
渡辺 瞳(ライター)
渡辺 瞳

大手転職エージェントのキャリアコンサルタント兼フリーライター。女性ビジネスマンサポートに強く、各種オウンドメディアの記事作成・SEO対策を手掛けている。