スーツの洗い方ってどうすればいいの?注意点や保管方法もチェック!

仕事や生活が忙しくて、スーツをクリーニングへ持って行く時間がない!とお困りではないでしょうか。「家でスーツが洗えたらいいのに…」と思っている人へ向けて、家で洗えるスーツの見分け方や洗い方、保管方法などを解説します!

洗い方を知る前にチェック!スーツは家で洗ってもいいの?


仕事で頻繁にスーツを着る人なら「家で簡単にスーツを洗いたい!」と思ったことがあるのではないでしょうか?
ここでは、家で洗ってもOKなスーツを見分けるための方法をご紹介します。

ウォッシャブルスーツ


スーツのなかには、家で洗うことを想定して作られた「ウォッシャブルスーツ」というものがあります。
洗濯機で洗っても縮みにくく、気軽に洗いやすいのが特徴です。

また、型崩れが起きづらく、シワになりにくい素材を使っているのもポイントでしょう。
汗をかきやすい人や、クリーニングに持っていくひまがない人は、ウォッシャブルスーツを選ぶのもおすすめです。

洗濯表示マークを確認


「ウォッシャブルスーツじゃないけど、私のスーツは洗えるの?」という場合は、スーツの洗濯表示マークを確認してみましょう!
スーツの裏地やポケットの内側などに縫い付けられているタグに記載されていますよ。

「洗濯機OKマーク」や「手洗いマーク」が書いていれば家での洗濯が可能です。
ただし、洗濯可能なマークが書いてあっても洗えない場合があります。

シルク・カシミヤ・ウールなどの繊細な素材が使われている場合は、家で洗うと縮んでしまったり、傷んでしまったりすることが考えられます。
もしも少しでも不安に感じた場合は家で洗わず、クリーニングに持っていくようにしてくださいね。

スーツを洗う前にチェックするポイント


家でスーツを洗う前に、確認しておきたいポイントを解説します。
めんどくさく感じるかもしれませんが、この一手間があることで失敗する危険が減らせるため、必ず確認しておきましょう。

ポケットの中


スーツを洗う前に、ポケットの中にメモ帳やペンなどのアイテムが入っていないか確認しましょう。
仕事で頻繁にスーツを着ている人なら、使いやすいようにポケットに物を入れておくことも多いはずです。

もしもペンが入ったまま洗濯機で回した場合、インクが漏れてスーツが着られなくなってしまう事態にもなりかねません。
スーツをダメにしてしまわないためにも、ポケットの中身は必ずチェックするようにしてくださいね!

色落ちしないか


スーツを洗う前には、色落ちしないかどうかも確認しておきましょう。
色落ちについて確認する方法は以下の通りです。

①洗剤を原液のまま、スーツの裏側などの目立たない場所に付ける
②そのまま数分放置
③乾いた布でポンポンと優しく拭く
④布へ色が移らなければOK(家で洗える)

もしも色落ちしてしまった場合は、クリーニングに出すようにしましょう。

ほつれや穴がないか


ほつれていたり、穴が空いていたりする状態のスーツを洗った場合、ダメージの原因になってしまいます。
せっかく手入れをしようと思ったスーツが着られなくなるのは嫌ですよね。

もしもほつれや穴あきがある場合は、洗濯ネットに入れるようにしましょう。

洗い方と一緒に知っておくべき注意点


スーツを洗うときには、上下一緒に洗うようにしましょう。
なぜかというと、色落ちの速度が変わってしまうからです。

基本的に、スーツは上下一緒に切ることが多いはず。
例えば、汗をかくからとジャケットだけを頻繁に洗ってしまうと、パンツよりも色落ちが早くなってしまいます。

そのため、片方だけ汚れた場合でも、必ず上下セットで洗うようにしてくださいね!

スーツの洗い方


家でのスーツの洗い方には主に、3つの方法があります。
それぞれ詳しく解説してくので、お手持ちのスーツに合わせた洗い方で洗うようにしてくださいね!

手洗いの場合


洗濯表示に「手洗いマーク」が書いてあったり、洗濯機で洗うのが不安だったりする場合は、手で洗うのがおすすめです。
手洗いの場合は「押し洗い」という方法でスーツを洗っていきましょう。

【用意するもの】
・洗いたいスーツ
・スーツが入る大きさの桶や容器
・おしゃれ着洗い用の洗剤

【洗い方】
①桶や容器の中に水を張り、おしゃれ着洗い用の洗剤を少し入れる
②ボタンやチャックを全て閉めて、2〜3回たたんだスーツを①の中に入れる
③10〜15分ほどつけ置きする
④スーツを手のひらを使って押しながら洗う
⑤水を数回とり替えながら、洗剤をすすぐ

上記の流れで進めてきましょう。
押し洗いする際は、丁寧に行うようにしてくださいね!

洗濯機で洗う場合


続いてご紹介するのは、洗濯機で洗う方法です。

【用意するもの】
・洗いたいスーツ
・洗剤
・洗濯ネット
・洗濯機

【洗い方】
①スーツをたたみ、上下まとめて洗濯ネットに入れる
②洗濯機の中に洗剤を投入する
③「手洗いコース」「ドライコース」「弱」「ソフト」などの優しく洗えるコースを洗濯
④洗濯機にスーツの入った洗濯ネットを投入
⑤脱水をする場合は1分程度、またはタオルドライで

洗剤を使用する場合はムラにならないよう、スーツを入れる前にあらかじめ溶かしておきましょう。
液体洗剤の場合は、スーツに直接かけず洗剤投入口に入れてくださいね!

シャワーで洗う場合


ウォッシャブルスーツの場合は、シャワーを使った洗い方もおすすめです。
方法は簡単で、ハンガーにスーツをかけたままシャワーで流すだけ。

温度は40度前後がよいでしょう。
短時間でサッと汚れが落とせるので、時間のない人でも手入れしやすいですよ!

関連記事

スーツの干し方


洗い方と一緒に、干し方も覚えておきましょう。
スーツは、風通しのよい日陰で干すようにしてくださいね。

ジャケットの干し方


型崩れを防止するためにも、ジャケットはスーツ用のハンガーを使用して干すようにしましょう。
ない場合は厚みのあるハンガーを使用してくださいね。

叩いたり、縫い目に沿って軽く引っ張りながら干すとシワが伸びやすいので、ぜひお試しあれ。

パンツ・スカートの干し方


パンツやスカートは、筒状になるよう広げて干しましょう。

ファスナーやボタンを開けた状態で、4箇所ほど固定すると干しやすいですよ。
ジャケットと同じく、叩いたり引っ張ったりすることでシワが伸びるでしょう。

アイロンをかける場合


もしもアイロンをかけたい場合は、スーツが完全に乾ききる少し前に行いましょう。
まだ乾ききっていないうちにアイロンをかけることで、シワが伸びやすくなります。

まずは裏側から行い、次に表にアイロンをかけていくようにしましょう。
スーツにアイロンをかける場合には、必ず当て布をしてくださいね!

スーツの保管方法


スーツは、洗った後の保管の仕方も重要です。
日頃から気を配っておくことで、スーツを長く着られるでしょう。

風通しの良い場所で保管する


スーツを保管するのは干す場所と同じく、風通しがよくて日光が直接当たらない場所を選びましょう。
湿気の多い場所だと、カビや虫食いの原因になってしまうこともあるからです。

防虫剤や除湿剤を一緒に置いておくとよりGOODですね!

ハンガーはスーツ専用のものor厚みのあるものを使う


スーツをかっこよく着こなすためには、型崩れをさせないことも大切です。
型崩れを防止するには、スーツ専用のものや厚みのあるハンガーを使うのがおすすめ。

厚みとしては3〜5cm程度あればよいでしょう。
パンツやスカートは、挟むタイプのハンガーを使ってくださいね。

着用後はブラッシング


保管方法と合わせて覚えておきたいのは、ブラッシングです。
着用後のスーツにはホコリや皮脂などが付着しており、そのまま保管すると虫食いの原因である害虫のエサになってしまうことも…。

1日頑張ってくれたスーツを労るためにも、脱いだらブラシをかけてあげてくださいね。

関連記事

洗い方を知っておけばスーツを清潔に着こなせる!


本記事では、スーツの洗い方や干し方、保管方法などを解説しました。
仕事などできることが多い人は、においや汚れが気になってしまうこともありますよね。

今回ご紹介した洗い方であれば、自分でもスーツを洗うことが可能です。
もしも家で洗えるスーツをお持ちであれば、この機会にぜひ洗ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
クラタコハル(ライター)
クラタコハル

ファッションが好きなWebライター。服飾雑貨を取り扱うショップのスタッフとして勤務経験あり。ファッションを楽しむお手伝いができるような情報をお届けします。