2021.10.17

スーツに合う靴の条件はご存じですか?おすすめシューズもご紹介

ビジネスシーンに欠かせないスーツは、靴やバッグなどの小物もイメージに合うものでぬかりなく揃えたいものですよね。そこで今回は、スーツによく合う靴をご紹介。おしゃれできちんと感のある靴を合わせて、好感度の高いコーデを完成させましょう!

スーツに合う靴の選び方、知ってますか?


お客様と会う時や、大切な会議の時などにはスーツスタイルがマスト。

ジャケットやボトムスはもちろん、靴やバッグ、アクセサリー、時計など全てをきちんと合うように整えて、完璧なビジネススタイルを作りたいものですよね。

今回はそんなスーツの着こなしの中でも、特に重要視される「靴」についてご紹介。
「おしゃれは足元から」ともいわれるぐらい、注目されるポイントでもある靴。

名刺交換の時などにもよく目に入るので、是非とも気をつけたいところです。
まずは、スーツに合う靴の条件を5つ、見ていきましょう。

関連記事

スーツに合う靴の条件①ベーシックカラーであること


まず気にしたいスーツに合う靴の条件は、ベーシックな色であるということ。
ベーシックな色とは具体的には、「黒」「紺」「グレー」「ベージュ」「ホワイト」等のカラーです。

スーツとしてもよく使われるカラーであればおおむね合わせやすく、ビジネスシーンでも浮くことはありません。

できればスーツ、もしくは小物(ブラウスやバッグなど)と同系色の色を合わせるようにすると、統一感のある落ち着いたコーディネートになるでしょう。

スーツに合う靴の条件②きちんと感のある素材であること


スーツに合う靴の条件として次に気を付けたいのは、素材です。
素材は、できれば上質なレザーがベスト。

程よい光沢感ときちんと感のあるレザー靴は、スーツスタイルにもしっくり似合うのでおすすめです。
秋冬でしたらスエードやベルベット素材の靴も似合うでしょう。

ただし、レザー素材は水に弱いという側面もあるので、外回りが多い場合などはフェイクレザーを活用するのも手。

また、スーツスタイルでも少しカジュアルな装いをする場合はツイード素材などやや変わった靴も合うでしょう。

スーツに合う靴の条件③綺麗めなフォルムであること


スーツに合う靴の条件として欠かせないのは、そのフォルムです。
いくらベーシックなカラー&良質素材の靴でも、カジュアル感の強いフォルムではスーツから浮いてしまいます。

具体的には、やや細身のシルエットがビジネスシーンでは好まれる傾向にあります。

足の形に合わないものを無理して履く必要はありませんが、なるべく綺麗めなシルエットを選ぶようにしましょう。

また、いわゆる「チャンキーヒール」と呼ばれるかかとの太い靴や、ぽってりとした形の「おでこ靴」もスーツに似合うとは言い難いでしょう。

着こなしによってはスーツに合う靴としても使えますが、あまり自信が無い方は避けた方が無難です。

スーツに合う靴の条件④ヒールは高すぎず低すぎないないこと


スーツに合う靴として選ぶなら、靴のヒールは高すぎず低すぎないのがベスト。

特にピンヒールタイプのかかとの高い靴はグラグラして見た目にもスマートではないですし、足も疲れてしまうのでおすすめしません。

具体的なヒールの高さは身長にもよりますが、3cm~7cmほどが無難でしょう。
パンツスタイルのスーツを作る時には、普段履く靴のヒールに合うよう裾を調整すると良いですね。

また、いわゆる「ぺたんこタイプ」の靴はどちらかと言えばカジュアルよりなので素材やデザインの選び方をよく吟味する必要があります。

スーツに合う靴の条件⑤露出は少なめにすること


スーツスタイルに露出の多い靴は、どうしても合うとはいいがたいもの。

スーツの時にはミュールやオープントゥなどの靴は避け、なるべく足全体をすっぽり包むタイプの靴を選ぶようにしましょう。

特にミュールなどかかとのない靴はヒール音が響く傾向にあるので、避けたほうが無難です。

夏など暑い時期はついついサンダルに手が伸びることもあるかと思いますが、スーツの時は避けましょう。

スニーカー、ブーツetc……。こんな靴はスーツに合う?


かつては女性のスーツに合う靴=パンプスと思われていましたが、多様性が叫ばれる昨今では、さまざまなスタイルが市民権を得ています。

続いては、パンプス以外の靴でスーツに合う、合わないを解説します。

ローファー


きちんと感もあるローファーは、マニッシュにスーツを着こなしたい方にはぴったり。
かっちりとした印象を与えるので、ビジネスシーンでも好印象を与えられるでしょう。

ただし若い女性が履くと「学生感」が出てしまいがちなアイテムでもあるので、少しかかとの高めのものを履く他、素材やデザインはよく吟味するようにして下さい。

レースアップシューズ


ローファーと同様、マニッシュな雰囲気も演出できるレースアップシューズもスーツスタイルに合うのでおすすめのデザインです。

パンツスタイルでもスカートスタイルでも合わせやすいので、足によく合う履きやすいものを持っておくと便利でしょう。

スニーカー


やや賛否の分かれるスーツ+スニーカースタイルですが、震災の影響もあってか会社が許すのであれば昨今では受け入れるという方も増えてきています。

ただしスニーカーはあくまで運動靴。

スーツ着用の際にはなるべく綺麗めのカラー&素材のもの選ぶほか、きちんと感が求められるシーンでは履かないなどの配慮も必要です。

ブーツ


こちらは地域によっても差があるものですが、基本的にはスーツ+ブーツの組み合わせは歓迎されないことがほとんど。

どうしてもブーツを合わせたければなるべく丈が短めのもので、スーツのボトムスにかからないようなものが良いでしょう。

シンプルなショートブーツやブーティーならパンプス感覚で履けるので、スーツにも合うでしょう。

ロングブーツを使ったブーツインスタイルなどは、カジュアル感が強いので、スーツスタイルにはおすすめしません。

サンダル


前述の通り、露出が高くなってしまいがちなサンダルはスーツスタイルにはNGです。

良く内勤の女性などが履いているオフィスサンダルやナースサンダルも、お客様をお迎えするときなどにはやや不評。

ビジネスカジュアルスタイルに合わせるのであれば問題ないかもしれませんが、スーツスタイルにはあまり合わないでしょう。
特に外にお使いに行くときや来客時は履き替える方が無難です。

関連記事

これはNG!スーツに合わない靴とは


スーツに合う靴の条件を知った後は、具体的にNGな靴選びについてご紹介します。

NGの靴①派手なデザイン


カジュアルスーツやカラフルスーツと合わせる靴であっても、やはり派手すぎるものはビジネスシーンでは避けたほうが無難です。

特に原色カラーのものやビジュー、チェーンなどがたくさんついているものは悪目立ちしてしまうこともあるのでスーツに合うとは言えないでしょう。

派手でかわいい靴はプライベートやカジュアルスタイルの時に履くことをおすすめします。

おすすめ商品【パンプスカバー】

今日は内勤の予定でうっかり派手な靴を履いてきてしまった……!という時に役立つのは、パンプスカバーです。

こちらは雨の日にかぶせて使うものですが、派手な靴をシンプルに見せてくれるので持っておくと安心でしょう。

オープントゥパンプスなど、露出が多めの靴も上手に隠してくれます。

ただしあくまでカバーなので場合によっては下の靴のデザインが見えてしまいますしきちんと感は少なめなので、緊急用と考える方が良いでしょう。

おすすめ商品【折りたたみパンプス】

スーツでも通勤時は好きな靴を履きたい!という方におすすめなのは、折りたたみタイプのパンプスです。

コンパクトにまとめておけるので、会社のロッカーやデスクの引き出しに忍ばせておけばいざというときにも役立ちますよ。

雨天時や災害時など万一のときにも役立つので、持っていて損はしないでしょう。

NGの靴②音が鳴るもの


前述したようなミュールはもちろん、ピンヒールなどヒール音が響く靴というのもビジネスシーンには適しません。

また、靴が傷んでいると露出したかかとの金具で音がなってしまったり、靴底が「キュッキュッ」と音を立ててしまうことも。

スーツスタイルに限らず、ビジネスの場では音が鳴る靴は避けましょう。

おすすめ商品【かかとのリペア商品】

痛んでしまった靴のかかとはリペアショップなどでも治してもらえますが、より安く自分で何とかしたいならリペアアイテムを使ってみるのもおすすめです。

プチプラでも使いやすい商品が多数ありますので、お持ちの靴に合うタイプの物で一度試してみてはいかがでしょうか。

NGの靴③ガーリーデザイン


リボンやフリルのついた靴や花柄の靴などは甘く愛らしいものですが、キリッとした印象のスーツには合わないことも。

さりげないデザインのものでしたら受け入れられることもありますが、場合によっては「頼りなさそう」と印象を悪くしてしまいますので、避けたほうが良いでしょう。

おすすめ商品【かわいい中敷き】

かわいい靴を履きたいけれど、スーツスタイルにはなかなか合わせづらい……とお悩みの方におすすめなのは、デザイン性の高い中敷きです。

消臭効果のあるものやクッション性のあるものならより快適に歩くことができますよ。
中敷きなら外からは見えないので、ちょっぴり冒険したデザインのものを選ぶのもおすすめです。

おすすめ商品【シューズアクセサリー】

仕事終わりにデートや合コンがあるというときに役立つのは、シューズアクセサリーです。

シンプルなスーツコーデを華やがせてくれるシューズアクセサリーは、オンオフの切り替えをしたい方にもおすすめ。

パンプスに取り付けるクリップタイプのものや、ストラップタイプのものなどさまざまなものがあるのでお好みで選んでみて下さい。

スーツに合う靴のおすすめ【5,000円以下】


ここからは、スーツにもよく合うおしゃれな靴をご紹介していきます。
まずは手に取りやすい5,000円以下の靴からお届け。

プチプラな靴は、「時々しかスーツを着ない」という方や「汚れやすい現場にスーツでよく行く」というお仕事スタイルの方にも良く合うもの。

プチプラでも大人カラー&綺麗なシルエットにこだわれば、高見え効果も期待できます。

スーツに合う靴①amiamiの靴

コスパの高い靴ブランドとしても人気のamiamiの靴は、履き心地の良さでも大人気。

普段使いにぴったりの価格帯の靴なので、通勤やお仕事でのコーデはリーズナブルにまとめたいという方にも合うでしょう。

サイズ展開も幅広く、21.5cm~25cmまで取扱があるので、足に合う靴になかなか出会えないという方にもおすすめです。

スーツに合う靴②KOBE LETTUCEの靴

こちらもコスパ抜群の神戸レタスの商品です。
お財布に優しい2000円台ながら履きやすさにこだわった商品は、色違いやヒールの高さ違いでいくつも欲しくなってしまうはず。

スーツに合うのはもちろん、普段着にも合わせやすいのでぜひ一度チェックしてみてください。

スーツに合う靴③SESTOの靴

SESTOの靴はデザイン性も高く、高見えすること間違い無しの人気商品ばかり。
中でもトラッドスタイルによく合うローファーは、金具使いなども秀逸でプチプラ靴には見えません。

こちらのローファーは踵を踏んでバブーシュとしても使えるタイプなので、スーツでのデスクワーク時などリラックスしたいときにも重宝します。

スーツに合う靴④Kandoの靴

足が大きく、なかなか合う靴が無いという方におすすめなのがこちらのKandoの靴です。
横幅は4E、サイズは最大26.5cmなのでゆったりと快適に履くことができますよ。

シンプルかつおしゃれなデザインで、スーツにも合うのがうれしいですよね。
冷え取り靴下生活などをしていて、普段よりも大きな靴をお探しという方にもおすすめです。

スーツに合う靴⑤First Contactの靴

スーツにも良く合うベーシックな靴をコスパ良く探したいなら、First Contactがおすすめです。

プチプラで履き心地の良い靴がそろっているので、きっとスーツにも合うお気に入りの一足が見つかるはず。
安心安全の日本製で、お値段以上の満足度も得られそうです。

スーツに合う靴のおすすめ【5,000円以上10,000円以下】


続いてご紹介するのは、5,000~10,000円の価格帯の靴です。

普段使いもしやすい靴は、スーツにはもちろん普段着にも合うようなシンプルデザインで選ぶのが正解。

履き心地の良い靴など機能性にもこだわって選びましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スーツに合う靴⑥byあしながおじさんの靴

大人女子からも人気のブランドの靴は、履きやすくトレンド感のある靴を選びたい方にもおすすめです。

こちらの靴は大人っぽく落ち着いたデザインで、スーツに合うのはもちろん、ビジネスカジュアルスタイルにも合うのがうれしいポイント。

ブラックとダークブラウンカラーの2色展開なので、お持ちのスーツに合うカラーをセレクトしてみてください。

スーツに合う靴⑦Odette e Odileの靴

極シンプルながらも存在感のあるOdette e Odileの靴は、普段使いにはもちろん、「ここぞ」という時にも足を入れたい一足です。

ベーシックな靴はスーツにはもちろん、実はカジュアルな装いにも合うので活用度も高いのがうれしいですよね。

かかと部分も同素材で覆われている靴なので、足長効果も期待できるのもうれしいポイント。
一足持っていると安心できる、極ベーシックかつシンプルな靴です。

スーツに合う靴⑧Re:getAの靴

コンフォートシューズブランドとしても知られるRe:getAの靴の中には、スーツにも合わせやすいシンプルデザインのものもあります。

歩きやすさにこだわった靴なので、外回りが多い日や予定が多い日にも合う便利な逸品になっています。

ややつま先がとがったシャープなフォルムなので、パンツスタイルやタイトスカートにもよく似合うでしょう。

スーツに合う靴⑨Lady wokerの靴

横幅3EとゆとりのあるLady wokerの靴は、幅広で困っている……という方の足にも合う人気の商品。

ベーシックカラーから綺麗めカラーまでカラーバリエーションも豊富なので、1足といわず2足、3足と購入したくなってしまいそうです。

ヒールの高さは約5.5cmとスーツスタイルにも合うちょうどよい高さで、普段使いに重宝することは間違いなしです。

中敷きや靴の形状にもこだわったパンプスは、ヒール靴が苦手という方にもぜひ試していただきたい1足になっています。

スーツに合う靴⑩ORiental TRafficの靴

シンプルな靴からおしゃれな靴まで、幅広いバリエーションの靴を手掛けるORiental TRafficの靴の中にはスーツにも合うレインシューズも。

こちらの靴も生活防水タイプなので、ちょっぴり空模様が怪しい時の出勤や外出にも最適。
きちんと感のあるデザインなので雨が上がった後でも違和感はありません。

関連記事

スーツに合う靴のおすすめ【10,000円以上】


続いてご紹介するのは、気合を入れたい時やより好印象をゲットしたい時にもおすすめしたい、10,000円以上の靴です。

スーツスタイルを格上げしてくれるおしゃれな靴は、靴箱に入っていると思うだけで勇気をくれるはず。
ぜひご自身と手持ちのスーツに似合う一足を探してみてください。

スーツに合う靴⑪COLE HAANの靴

美しいシルエットが魅力のCOLE HAANの靴は、スーツをよりおしゃれに見せたい方にもおすすめの一足。

スーツにもよく合うパテント素材のものもあるので、いつも以上にレディライクな着こなしをしたい方にもおすすめです。

スーツに合う靴⑫Clarksの靴

ミニマルなデザインの靴は、イマドキなスーツコーディネートにも合うようなおしゃれな逸品。

Clarksらしい極上の履き心地が楽しめる靴なので、出張時や外回りといったシーンにも合うでしょう。

コンフォートタイプの靴ですがスタイリッシュな雰囲気の靴に見えるので、ビジネス使いにも最適です。

スーツに合う靴⑬MARGARET HOWELL ideaの靴

丁寧な暮らしを楽しむ方からも大人気のブランド、MARGARET HOWELL ideaの靴はベーシックながらも素材の良さや作りの綺麗さを堪能できる一足です。

ベーシックな靴はスーツスタイルにはもちろん、どんなファッションにも合うので会社に常備しておくのもおすすめですよ。

太めヒールで安定感もあるので、ヒール靴初心者さんにもおすすめです。

スーツに合う靴⑭REGALの靴

大人気シューズブランドREGALの靴は、かっちり感のあるおしゃれな靴をお探しの方にもぴったり。

こちらの靴は横幅を3E~4Eに中敷きにて調節できるので、幅広さんでも安心して履くことができます。

牛革を使った上質な靴で、スーツスタイルを格上げしてみませんか?

スーツに合う靴⑮PELLICOの靴

履いているだけで心躍る PELLICOの靴は、重要なプレゼンなど特別なときに履くのもおすすめです。

スーツにも合うシンプルなデザインで、年齢を問わず履けるのも嬉しいポイント。
一生物の靴として購入したくなるような、上質でクラシカルな一足です。

スーツに合う靴で快適なビジネスライフを!


着るだけで背筋の伸びるスーツは、「お仕事スイッチ」もオンにしてくれるもの。
そんなスーツには上質な靴を合わせて、より素敵なコーディネートにしたいですよね。

スーツに合う靴選びは難しいものでもありますが、最愛の一足に巡り会ったときの感動は極上のもののはず。

ぜひ足にも合う、おしゃれで履いていて嬉しくなるような靴を探してみて下さい。
きっといつも以上にお仕事へのモチベーションも上がるはずです!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
mochi_kinako(ライター)
mochi_kinako

インテリア・女性向け記事を中心に執筆するライター

SE、受付事務を経てライターに。着心地の良い服と、居心地の良いお部屋が大好きです。最近は和菓子にハマっています。

このライターの記事を見る