気分が上がる女子向けおしゃれインテリア特集♡働くアラサー女子のプチ贅沢!

インテリアのなかには、可愛らしいビジュアルと実用性が兼ね備えられたアイテムがたくさんあります。ライフスタイルや部屋の雰囲気にあわせて、おしゃれなインテリアを飾りましょう。部屋がおしゃれにみえるポイントと、気分が上がるおすすめのインテリアをご紹介します。

  1. 部屋をおしゃれに
  2. シンプルな鳩時計
  3. 安心安全のLEDキャンドル
  4. 可愛いティッシュケース
  5. 優しい色合いのフェイクグリーン

部屋をおしゃれに


部屋をおしゃれにみせるには、インテリアに統一感をだすことがポイントです。
インテリアの色は、ある程度揃っていないとごちゃごちゃして散らかって見えたり、部屋が狭く感じたりしてしまいます。

シックでモダンな部屋が好みでしたらグレーやホワイトの落ち着いたカラーを、アメリカンテイストならオレンジやライトブラウンをベースにインテリアを揃えるとよいですよ。

部屋のところどころに、アクセントとなるカラーを配置しても、かっこよく決まります。

そしてデザインや色合いと同じくらい重要なのが、インテリアのサイズです。
せっかくおしゃれなインテリアを購入しても、理想のサイズではなかった時、とても残念ですよね。

インテリアを買いに行く前に、実際にインテリアを設置したい場所のサイズをはかり、イメージを膨らませておきましょう。
テーブルや棚の上に置くインテリアも同様です。

特に通販で購入する時は、実際に手に取ることができないので、寸法確認は大事ですよ。

シンプルな鳩時計

出典:Rakuten(外部リンク)

時計は、部屋の雰囲気をガラッと変えるインテリアです。

おしゃれな洋服やコスメ、お菓子など、さまざまな商品が売られている無印良品では、女子が喜ぶ可愛らしいインテリア雑貨も多く取り扱われています。

無印良品の鳩時計は、幅95×奥行108×高さ204mm、重量660gのコンパクトサイズで、置く場所を選ばずに楽しめるインテリアです。

リビングに置いてもよいですし、玄関先に配置するのもおすすめですよ。
ホワイトカラーでシンプルなデザインも魅力的ですね。

安心安全のLEDキャンドル

出典:Rakuten(外部リンク)

テレビの横やベッドサイド、棚の上に置くと欧米風な雰囲気を醸しだしてくれるキャンドル。
LEDを使用するため、火事の心配もありません。

さまざまなサイズがありますので、何個か揃えてバランスよく飾るとおしゃれなインテリアになりますよ。

食卓の中心に置いて食事を楽しみながら眺めたいならスティックタイプ、デザインの可愛さを求めるなら丸みを帯びた丸型タイプがおすすめです。

ライフスタイルにあわせたいなら、機能付きのキャンドルを選びましょう。

タイマー付きのキャンドルは、自動でスイッチオフされるため、疲れて寝落ちしてしまっても安心。
リモコン付きのキャンドルは、離れた場所から電源を切れますよ。

ほかにも、アロマの香りが広がるものや、色が変わるものなど、キャンドルの種類が豊富にあります。
お気に入りアイテムを探してみてはいかがでしょうか。

可愛いティッシュケース

出典:Rakuten(外部リンク)

生活必需品であるティッシュ。

おしゃれなインテリアのなかでは、箱のまま置かれた状態のティッシュは、生活感がでてしまいますよね。
丸いかたちが可愛らしいペーパーポットは、豊富な色と質感のなかから選べます。

マットな質感のアイボリーカラーやベージュのカラーは、さまざまな部屋のテイストにあわせられますよ。
存在感をだしたいなら、光沢感のあるオレンジやイエローが人気です。

季節もののインテリアと揃えたり、花瓶と並べてみたり、ディスプレイも楽しめますよ。

優しい色合いのフェイクグリーン

出典:Rakuten(外部リンク)

フェイクグリーンは本物の葉ではなく人工的に作られていますので、もちろん虫は寄ってきませんし、枯れることもないため部屋を汚しません。

女子にとって嬉しいことだらけですね♪
緑色は精神的にも癒しを与える色ですので、会社帰りで疲れた心も安らぎますよ。

フェイクグリーンの種類は、形状やサイズのバリエーションが豊富にあります。

人気の壁掛けタイプは、トイレやキッチンなどの、ちょっとしたスペースにも飾れるところが魅力的です。
大型のものだと、グリーンカーテンのように飾ることでインパクトのあるインテリアになりますよ。

床置きタイプは、小さなものだとテーブルの上に置くこともできますし、大きなものはベランダに飾ることもできます。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
mimichi(ライター)
mimichi

初めまして、mimichiです。皆様に楽しんで読んでいただけるような記事を目指して頑張ります。