2022.02.25

仕事で失敗する夢の意味とは?気になるシーン別からみる意味を解説

寝ている時に仕事で失敗する夢を見ると、気持ちも落ち込んでしまいますよね。仕事で失敗する夢にはどのような意味が隠されているのでしょうか。シーン別でみる、仕事で失敗する夢の意味から、落ち込む夢を見ないようにする方法までご紹介します。

気持ちよく寝ている時に、仕事で失敗する夢を見てハッとした経験がある人も多いのではないでしょうか。
仕事が忙しい時や、仕事でつらいことがあった時に見ると寝ても覚めても気持ちが落ち込んでしまいますよね。

中には、何かを警告する意味を持つ夢の場合もあるのです。
仕事で失敗する夢を見ることの意味を、シーン別に解説していきます。

「仕事」の夢を見る意味


普段から仕事に関する夢をよく見るという人は、少し働きすぎの可能性があります。
寝ても覚めても仕事のことが頭から離れないことで、身体だけではなく、心もリフレッシュできておらず、疲労感が抜けていない危険性があります。

たまには友人や家族と過ごす時間をしっかり取り、仕事のことを考えない時間を設けることが必要です。
適度にリフレッシュすることで、より仕事にも良い効果をもたらすことが期待できます。

関連記事

「失敗する」夢を見る意味


仕事に限らず失敗する夢を日頃からよく見る人は、何か悪いことが起こる前触れなのではないかと不安に思う人も多いはずです。
しかし、失敗する夢を見ることは、自分の自信の無さを象徴しているとも言われています。

無意識に睡眠中に頭の中でものごとをシュミレーションしていて、頭で思っていることが夢に出てきてしまっているのです。
発表会やプレゼン、好きな人への告白など、各シーンで失敗してしまう夢をよく見るという人は、もう少し自分に自信をつけることで改善される可能性があります。

失敗する夢の暗示①成功に対する恐れ


何か新しいことにチャレンジする時は、その物事に対する自信の無さや、変化や成功をしたことに対する恐怖心が夢になって現れます。

それが仕事で失敗する夢となっているケースもあります。
「怖い」という感情を持っているのであれば、何に対して恐怖心を持っているのかを突き止めてみることで改善される可能性もあります。

失敗する夢の暗示②失敗しても良いという啓示


物事を行う時に、「失敗する」という先入観があるとどうしても身構えてしまいます。
本当は失敗する確率の方が低い場合でも、先入観により悪い方向にものごとが進んでしまいます。

「失敗しても大丈夫でしょう!」と前向きに思うことで、一歩を踏み出したいという気持ちの表れでもあります。
一度夢の中で失敗を経験することで、失敗することへの不安が軽減されます。

仕事で失敗する夢をみる意味10選


仕事で失敗する夢の中にも、さまざまなシーンの夢がありますよね。
シーン別に見た、仕事で失敗する夢を見ることの意味について具体的に解説をしていきます。

①仕事で失敗して怒られる夢


仕事で失敗して怒られる夢を見る人は、承認欲求が溜まっているケースが考えられます。
人一倍頑張っていてもなかなか評価されない、周りが成果を認めてくれない、と感じている時には、仕事で失敗をして怒られる夢を見るケースが多いです。

そんな時には、一度立ち止まり、焦らずに自分のペースで進んでいきましょう。
もし怒られた時に反論をしている自分の姿を夢で見た場合は、成長のチャンスを表している吉夢の可能性があります。

しっかりと自分の意思と目標があるということを暗示しているからです。
例え夢の中で怒られてしまっても、落ち込んだり後ろ向きになる必要はありません。

②仕事で失敗して落ち込む夢


仕事で失敗して落ち込んでいる夢を見た場合は、この先の仕事における失敗の不安を暗示しているのかもしれません。
何か不安な要素が残っている可能性があるので、いつも以上に慎重に、しっかりとケアをしながら業務を進めていきましょう。

現在掲げている目標が高すぎる人や、いつもまじめに仕事に取り組んでいる人は仕事で失敗をして落ち込む夢を見がちです。
目標設定をもう少し下げるように見直してみたり、たまに息抜きをしながら仕事に向き合ってみるスタイルをつくってみてはいかがでしょうか。

③ひとりだけ仕事で失敗する夢


他にも同期やメンバーがいるにも関わらず、自分ひとりだけ仕事で失敗する夢を見てしまう場合は、他のメンバーに対して劣等感を感じている気持ちの表れの可能性があります。
無意識だとしても、周囲と比較してしまいどこかでコンプレックスを感じているのかも。

自分ができることを精一杯やること、また周囲に優秀な人がいる環境を逆境に変えて向き合うことで見える世界も変わってきます。
「こんな素敵な仲間に囲まれている環境で働けている」という心境に変えることで、現在感じている気持ちやものの見方を変えてくれるきっかけになるかもしれません。

④仲間と一緒に仕事で失敗する夢


自分だけではなく、周囲のメンバーも一緒に仕事で失敗してしまう夢を見る場合は、周囲に流されやすいあなたの性格を意味しています。
本当は思っていることがあっても、メンバーの顔色を気にして発言できなかったり、周囲に合わせてしまい自分まで面倒くさいことに巻き込まれたり…。

仕事で評価をされる、成果を上げられる一人になるためには、周囲との同調も大切ですが、自分の意思をもって業務に取り組むことが重要です。
いつも周囲に合わせてしまう傾向にある人は、仕事への向き合い方を今一度考え直してみましょう。

⑤何度も仕事で失敗する夢

一度に限らず何度も仕事で失敗する夢を見るという人は、心のどこかでSOS信号を発信しているのかもしれません。
働きすぎてしまっていたり、無理をしてしまっていたり、体調不良を感じているなどの実感がある場合は、まさにその状況の表れです。

改めて、仕事に置かれている自分の現状や、改善できる部分を見直すことが重要です。
あなた個人でどうにもできない場合は、上司や、相談できる周辺の人に相談をしてみることも検討しましょう。

⑥仕事で遅刻をする夢


仕事で遅刻をする夢は「仕事に行きたくない」と思っている気持ちを象徴します。
あなた自身はそんなことを思っていないと感じていても、心のどこかで仕事のストレスを感じているのかもしれません。

週末や終業後は切り替えて、気持ちをリフレッシュさせることも心がけましょう。
また、仕事のチャンスを逃す暗示という意味合いもあると言われています。

あまり意識をしていなくても、せっかく身近に舞い込んできた仕事のチャンスを手放しかけている可能性があります。
注意深く意識を保ちつつアンテナをはり、仕事のチャンスを逃さないようにしましょう。

⑦仕事で失敗しても何とも思わない夢


普通は仕事で失敗をしてしまうと落ち込んでしまうものですが、仕事で失敗をしても何とも思わない夢の場合は、今の仕事があなたにとって本当にふさわしいものではない可能性があります。

他にやりたいことがあったり、別の選択肢があることを意味しているので、自分の気持ちと今の仕事を照らし合わせてみましょう。
冷静に向き合ってみることで、あなたの本当にやりたい仕事が見つかるかもしれません。

ひとりで考えることが難しければ、同僚や先輩などに相談をしてみることもひとつの方法です。

⑧仕事で失敗して異動になる夢


仕事で失敗をして異動や左遷をされる夢は、夢であってもかなり落ち込んでしまうもののはずです。
気分も下がり、何か悪いことが起こる暗示なのではないかと思われがちですが、逆夢とも言われています。

現在の仕事が評価される、今後認められることの暗示の可能性も。
落ち込む夢ではありますが、落ち込まずに、前向きに明るい気持ちで受け入れましょう。

⑨仕事で失敗し泣きながら謝る夢


仕事で失敗したことに対し、泣きながら謝っているという夢を見た人は大きな悩みを心のどこかで抱えているケースが考えられます。
どうあがいても解決ができないので諦めたり、放置をしてしまっているという心当たりがある人はいませんか。

ひとりで悩んでいてもなかなか解決策は見つかりません。
悩みの種を誰かに相談することや、吐き出すことでスッキリできる環境を見つけましょう。

⑩仕事で失敗して挽回する夢


仕事で失敗しても挽回をしたという夢を見たあなたは、その夢の暗示の通り努力家で負けず嫌いな性格を表しています。
失敗という壁にぶつかっても、果敢に挑み挽回をするということはなかなかできることではありません。

夢の中ではなく現実でも、実際に仕事やその他のシーンで持ち前の負けず嫌いで立ち向かう姿勢を周囲は認めてくれているはずです。
仕事で失敗して挽回する夢を見た人は、この夢を自信に変えて、怯えずにどんどん色んなことにチャレンジしていきましょう。

関連記事

仕事で失敗する夢を見てしまった時の対処法


仕事で失敗する夢を見てしまうことで、「現実でも同じ失敗をしてしまうのではないか」と不安に思う人も多くいるかと思います。

しかし、実際は夢の話なので現実で同じことが起こる可能性はとても少ないです。
けれども、夢の中で仕事の失敗をしてしまうということは、あなた自身の中で何か仕事で気になることや、不安なことがあるという表れでもあるのです。

改めて、初心に戻って振り返り、自分の仕事の姿勢やケアレスミスが無いかを細かく見直してみましょう。
そうすることで、現実での仕事の不安も解消でき、失敗を防ぐことにつなげられます。

嫌な夢を見ないための方法とは


嫌な気分になる夢の多くが、ストレスにより誘引されているものと言われています。
ゆっくりと身体も心も睡眠をして休めたいのであれば、なるべく嫌な夢は見たくないですよね。

仕事で失敗をする夢のような、不快な夢を見ないための方法をご紹介していきます。

方法①寝る時間を一貫する


寝る時間と起きる時間がバラバラであることで、睡眠の質が下がってしまい、結果的に夢を見やすくなってしまいます。

夢を見ないほどの熟睡状態を作るためにも、睡眠スケジュールを一貫させることが大切です。
1日約7~8時間はしっかりと寝ることができる睡眠スケジュールを立てましょう。

方法②寝る前にたんぱく質を摂る


専門家のジェイコブ・タイテルバウム先生は、寝ている間に血糖値が低すぎると悪夢を見ることが多くなるということを主張しています。

お腹が空いた時にイライラしやすいという経験をしたことがある人もいるかと思いますが、似たような作用が働いているのです。
寝る前にゆで卵やホットミルクなど、胃に負担をかけないたんぱく質を含む食べものを食べて寝ることがおすすめです。

ジェイコブ・タイテルバウム、MDについて(外部リンク)

方法③寝る前に恐怖を喚起させるものや不安をあおるものは見ない


寝る前にスマートフォンをついつい触ってしまう、という人も多いのではないでしょうか。
寝る前に気持ちを不安にさせてしまうようなコンテンツや、恐怖心をあおるものはなるべく見ないように心がけましょう。

寝ている間に脳の中で再生してしまい、夢の中で出てきてしまうことがあるからです。
スマートフォンやパソコンのブルーライトは睡眠を妨げるため、極力寝る前に使用することは避けましょう。

方法④ぬるま湯にゆっくりと浸かって眠る


身体の深部を温めることで眠気は高まります。
血行を促進させる効果もあるので、自然と眠りに入りやすい状態を作り出します。

ぬるめのお湯(38~40度)に20分程度、就寝の1時間~1時間半前に入ることが最もおすすめです。
逆に、熱すぎるお湯に浸かることでは、身体の代謝が上がってしまい、身体が睡眠モードではなくなってしまうので要注意。

適度な温度のお湯に、適度な時間浸かって身体を温めることで、心地よく眠りにつくことをサポートします。

方法⑤適度に身体を動かす習慣を取り入れる


日頃からデスクワーク中心であったり、なかなか身体を動かす機会のない人は、適度に身体を動かす習慣を作っていきましょう。

肩こりがひどい人は肩回りを毎日動かしてみるだけでも違ってきます。
身体の凝っている部分をほぐして血行を促進させたり、身体を動かして汗をかくことは熟睡しやすいモードに身体を切りかえるためにも重要です。

日頃から適度に身体を動かすことを意識して生活をすることで、この習慣は手に入れられます。
なるべく習慣化させるように毎日続けることも大切です。

関連記事

心地よい眠りを引き出す快眠グッズ

嫌な夢を見ないようにするためには、快眠をすることが一番です。

快眠を引き出すための、おすすめのアイテムをご紹介します。
ぜひ、より良い睡眠のために取り入れてみてください。

健康まくら

睡眠の質には枕も大きく関わっています。
枕の高さやサイズ、素材は実際に購入前に手に取り試してみることで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

身体に合わない枕は、睡眠の質を下げてしまうだけではなく、肩こりやむくみの原因にもなってしまうので注意が必要です。

ピローミスト

寝る前に枕に好みの香りをつけておくことで、心地よい眠りに入ることができます。
最近では、睡眠専門で枕にかけて使うためのピローミストも販売されています。

心を落ち着かせる効果が期待できる、ラベンダーの香りは特におすすめです。
オーガニックの商品もあるのでぜひチェックしてみてください。

ホットアイマスク

蒸気であたたかく目元を癒してくれるホットアイマスクはドラッグストアなどで簡単に手に入れられる商品です。

睡眠時に、目を温かくして心地よい眠りに導く役割はもちろん、日頃のデスクワークで疲れた目を労わる役割も発揮します。
目の緊張をほぐしてくれるので、次の日の疲労感も抜群に軽減されます。

抱き枕

抱いているだけで安心してぐっすり眠れることができる抱き枕は、安心して眠りにつきたい人にはおすすめのアイテムです。

抱き枕の種類によっては、肌触りも抱き心地も異なります。
実際に店頭で見てみて、触って決めることもおすすめです。

仕事で失敗する夢を自分のチャンスに変えてみよう


仕事で失敗する夢の多くが潜在意識によるものや、自信の無さが影響している場合が多いです。
仕事における不安や気になることをクリアにして取り組むこと、またいつもよりも丁寧に注意深く取り組むことで、現実の仕事では大きな成果に結びつくはずです。

仕事で失敗する夢を見ることを、仕事への向き合い方を変えるきっかけとして、自分のチャンスに変えていきましょう。
また、睡眠の質を上げることで仕事のパフォーマンスも上がるので意識して生活してみてくださいね。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
萩ゆう(ライター)
萩ゆう

住む場所は中国地方から関西関東、全国各地を転々と。温泉メディアや若者メディアなどで執筆中のWebライター。特技はマラソンでフルマラソン3時間ギリの記録をもつ。

このライターの記事を見る