2021.11.05

ニキビに効果的なパックって?注意点からおすすめパックまで徹底解説

年齢を問わず悩む人が多いニキビ。できてしまったニキビやニキビの予防ために、パックを使いたいと思う人も多いですよね。この記事ではニキビ肌にパックを使うときの注意点や選び方を紹介しますので参考にしてくださいね。

ニキビがあるときにパックをしてもいい?


肌悩みを解決するためのプラスワンアイテムとして人気なフェイスパック。
肌にうるおいを与える成分や、美白成分などが含まれており、成分をじっくり肌に染み込ませることで得られる効果は様々あります。

一方で、「ニキビがあるときにはパックをしない方がいい」という意見を目にすることも。
ニキビがあるときにパックをしない方がいいと言われる理由を説明します。

パックの成分によってはニキビを悪化させる可能性があるから


パックには、効果的な成分が複数配合されており、通常のスキンケアよりも高い効果を得られると言われています。

普段のスキンケアアイテムよりも、強めの成分が配合されていることがあり、それによってニキビを悪化させてしまうという可能性が考えられるのです。

例えば、優れた保湿作用がある「グリセリン」は、アクネ菌が増殖しやすくなり、ニキビが悪化する場合があるので、避けたい成分の一つ。

また、ワセリンやミネラルオイルといった鉱物油は、アクネ菌の栄養源になるため注意が必要です。
他にも、香料は具体的な成分の把握が難しいため、ニキビにとっては刺激になってしまうかもしれません。

パック着脱時の刺激がニキビに影響する場合があるから


パックには、シートを貼るタイプや塗るタイプなどの種類があります。
どちらのパックを使うにしても、パックをつける際に肌の表面に触れるので、ニキビのある部分にも刺激を加えることになります。

また、パックを顔からはがす際に、ニキビのある皮膚表面を傷つけてしまい、その傷口から雑菌が入り込んで、さらに炎症を悪化させてしまうケースもあります。

皮膚に傷がついたり、ニキビをつぶしてしまったりすると、ニキビ跡が残ってしまうことも。
パックを着けたり外したりする際には、できるだけニキビに刺激を与えたり、傷をつけたりしないように注意することが大切です。

関連記事

ニキビがある肌にパックをする注意点


ニキビができているけれども、パックを使って肌を整えたいという場合もあるでしょう。

大事な用事があるときや、早急に肌を整えたいときなど、ニキビのあるときにパックを使う場合の注意点について説明します。

あまり長時間つけたままにしない


パックを長時間つけたまま放置していると、パックが乾燥し肌から水分を奪うことに。
ニキビケアの基本はたっぷりと保湿をすることなので、肌を乾燥させてしまっては逆効果です。

また、パックが乾いてしまうと、はがすときに肌に与える刺激が強くなってしまいます。
特にシートタイプのものは、乾燥したパックを無理やりはがそうとするとニキビまで引き抜いてしまうかもしれません。

必ずシートに水分が残った状態で優しく外すようにしましょう。
パックの規定時間はタイプや素材、その特性で製品ごとに決められていますので、商品説明に記載の時間通りに着けるようにしましょう。

ニキビに悪影響を与える成分を避ける


ニキビに悪影響な成分としては、アクネ菌を増殖させる原因がある保湿成分である「グリセリン」、アクネ菌の栄養源になる鉱物油の「ワセリン」「ミネラルオイル」、敏感になっている肌に刺激を与える「香料」があります。

裏面の成分表示を確認してこれらが含まれていないものを買うようにしましょう。
また、無添加、自然派という表記がされているパックは、肌への悪影響が少ないイメージがありますが、使用には注意が必要。

無添加、自然派といった記載の場合には、明確な基準がなく、商品によって含まれている成分はまちまちです。
きちんと配合されている成分が自分の肌に合っているかを確かめるようにしましょう。

できるだけ、ニキビのある部分に刺激を与えないようにする


パックを着ける際、取る際に、ニキビには刺激を与えないように注意しましょう。
パックの上からニキビを触ったり、ニキビにパックを塗り込んだりするのは、傷をつける原因になるので避けましょう。

また、刺激を与えてしまうパックの使用はNG。

塗ったパックを乾かして剥がすピールオフタイプのパックは、ニキビがある肌には刺激が強すぎます。
ニキビが治ってから使用するようにしましょう。

塗って洗い流すタイプのパックのなかには、スクラブなどのピーリング剤が入っているものもあります。
スクラブが肌を擦ってしまうので使用を控えましょう。

関連記事

ニキビに対してパックで期待できる効果


パックの使い方やパックの成分によっては、ニキビを悪化させたり、ニキビ跡の原因になってしまう可能性もあるパック。

しかし、成分や使い方に気をつければ、ニキビを改善させたり、ニキビを防いだりと効果的な面もあります。
ここでは、パックをすることで期待できる効果について紹介します。

炎症が抑えられる


ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビと3つの段階があります。
特に毛穴に詰まった皮脂に雑菌や細菌が繁殖して、炎症を起こした赤ニキビはとても目立つので早く治したいですよね。

この赤ニキビに対して、炎症を抑える成分を配合しているパックを使うことが効果的です。
炎症を抑える成分としては、植物由来のものなど、パックによってさまざま。

「ニキビ肌」「抗炎症」といった記載があるものだと、ニキビに悪影響を与える成分の配合が少ないです。
商品に記載の表示を確認するようにしましょう。

毛穴のつまりがなくなる


毛穴に皮脂がつまり、古くなった皮脂が見えるのが白ニキビ。
ニキビの最初の段階でケアできるとニキビを悪化させずに済みます。

毛穴に詰まった不要な汚れだけを優しく取り除くことができる刺激の少ないパックを週1~2回のスペシャルケアとして使うとニキビ予防やニキビの悪化防止に効果的です。

ただし、あまり強すぎる効果のものを選ぶとニキビを引き抜いてしまうことも。
また、毎日のようにパックを使用してしまうと、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうので、パックの刺激の強さと使用頻度は注意しましょう。

古い角質が除去される


ターンオーバーは通常28日程度ですが、加齢や生活リズムでターンオーバーが乱れて、古い角質が残ってしまうことがあります。

古い角質が皮膚に残っていると、肌にうまく水分が吸収されず、ニキビの原因となることがあります。
古い角質を取り除く効果のあるパックがニキビの予防に効果的です。

ただし、炭酸ガスやピーリング剤など、角質を除去できるパックは刺激が強いという一面も。
炎症が進んだ赤ニキビの状態で使用すると刺激を与えて悪影響になる場合があるので、炎症が落ち着いている状態や炎症が起こる前の状態で使用するようにしましょう。

ニキビができそうなときの予防効果


目に見えるニキビができていなくても、肌が少し乾燥しているときや肌をしっかりと保湿したいときに、パックでスペシャルケアを行うことで、事前にニキビを防ぐことができます。

また、普段のケアでは補いきれない美容液成分をパックで補うことで、肌に栄養を与えることもできます。
パックを使用することで、ニキビの予防以外にも美白やエイジングケアなど、肌悩みに合わせたケアができますよ。

関連記事

ニキビに効くパックの選び方


ここからはニキビの改善や予防に効くパックの選び方について紹介します。
自分の肌の状態や肌質に合わせて、ニキビに効果のあるパックを選んでくださいね。

パックのタイプで選ぶ


ニキビがある状態でも、パックの種類や成分を適切に選べば、パックを使用することができます。
ただし、パックにも様々な種類があるので、特にニキビに効果のあるパックを紹介します。

クレイパック

クレイとは海底や地底からとれる天然の泥のこと。
クレイには、皮脂を吸着する効果や、余分な角質を取り除く効果が期待できます。

また、ミネラル成分をたくさん含んでいるため、抗炎症作用もあり、炎症している肌や、皮脂が過剰に分泌されている肌におすすめです。
保湿効果もあるため、肌に潤いを与えながら、ケアすることができます。

ペースト状のものや固形状のものなど、形状は商品によってさまざまですが、天然成分由来なので、肌に優しく刺激が少ないので安心して使うことができます。

パックが終わったら、ぬるま湯で優しく丁寧に洗い流すようにしましょう。

炭酸パック

炭酸パックとは炭酸ガスを溶け込ませたパックのことです。
炭酸ガスには、血行を促進させる効果や毛穴のつまりを取り除く効果があるため、ニキビの予防にも効果的です。

血行が促進されることで、肌のターンオーバーが整うので、肌のトラブルを未然に防ぐことができますよ。

ただし、肌に塗った際に炭酸による刺激が感じられる場合があります。
すでに炎症が起こっている赤ニキビがある場合には、肌の様子を見ながら使用するようにしましょう。

ニキビ用パック

シートパックの中でも「ニキビ用」という表示があるものはニキビに有効な保湿成分や抗炎症成分を配合しているためおすすめです。

特に肌の乾燥が原因でニキビができている人は、保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶようにしましょう。
また、ビタミンCを配合しているものは抗酸化作用があり、できているニキビだけでなくニキビ予防にも効果的です。

ニキビに効く成分で選ぶ


ニキビを改善・予防するためには、毛穴のつまり・皮脂・アクネ菌にアプローチできる成分を配合したパックを選ぶことが大切です。

アクネ菌にアプローチする抗菌成分

レゾルシン、イソプロピルメチルフェノール、ベンゼトニウム塩化物、エタノールといった成分は、アクネ菌を殺菌し、増殖を防ぐことができるので、ニキビを悪化させないという効果があります。

ニキビの炎症を抑える抗炎症成分

イブプロフェンピコノール、グリチルリチン酸ニカリウムには、ニキビ部分の炎症を抑える効果があります。
すでに起こった炎症を鎮静化する効果が期待できるでしょう。

肌の調子を整える各種ビタミン

ビタミンC・ビタミンEには抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防ぎます。
ビタミンB2には皮脂の分泌を抑制する効果があります。

ビタミンAは肌のターンオーバーを正常化させる効果があるので、ニキビ防止に役立ちますよ。

潤いを与えるヒアルロン酸、セラミド

ヒアルロン酸やセラミドは保水力が高く、肌に潤いを与えます。
乾燥が原因のニキビを防ぐために、保湿力が高いパックを探している人にはおすすめの成分です。

ニキビに効く人気パック5選


ここからは、ニキビ改善や予防に効くと評判の人気のパックを5つ紹介します。
それぞれのパックの特徴を知って、自分の肌に合ったパックを選んでくださいね。

VTCOSMETICS VT CICAデイリースージングマスク

乾燥した肌に染み込むCICA成分が大人気

韓国で人気のコスメブランドVT cosmeticsから販売されている30枚入りの大容量シートマスク。
ピンセット付きで衛生的に使用することができます。

鎮静効果のあるシカリオと水分を補給し、肌のバリア機能を整えるシカヒアルロン酸が配合されており、べたつかずにしっかりと保水することができます。

普段使いにも肌トラブルが起こったときにも使用できるパックです。

Kracie 肌美精 ビューティーケアマスク(ニキビ)

アクネ菌を殺菌しニキビのない肌へ

肌悩みに合わせて選べるラインナップ豊富な肌美精。
そのシリーズの「ビューティーケアマスク(ニキビ)」は、長時間メイクでアクネ菌が発生しやすくなったお疲れ肌におすすめです。

殺菌成分のサリチル酸や、抗炎症成分のグリチルリチン酸ニカリウムを配合しているので、ニキビの原因となるアクネ菌の発生と増殖を抑えてくれます。

無香料・無着色で、ニキビのできにくい「ノンコメドジェニック」テスト済なので、ニキビがある状態でも安心して使えるパックですね。

シナプス 炭酸革命 アクネ

炭酸と整肌成分で即効性のある炭酸パック

肌の汚れを強力な炭酸で落とす炭酸革命シリーズ。
その中でも「アクネ」は玉ねぎに含まれている整肌成分「ケルセチン」に着目したパックです。

ケルセチンの抗酸化作用でアクネ菌にアプローチ。
また、炭酸の洗浄力で皮脂をしっかりと洗浄しニキビを予防する効果もあります。

使い方は粉を溶かした水に顔をつけるという新感覚のパック。
ホホバオイルやローズヒップなど美容効果のある成分も配合されていて、1回で効果を感じることのできるアイテムです。

石澤研究所 アルジタル グリーンクレイペースト

貴重なクレイが毛穴の汚れをしっかり吸着

イタリア発のオーガニックブランド「アルジタル」。
シチリア島の海洋性ミネラル豊富なグリーンクレイが毛穴の奥の汚れや古い角質をしっかりと吸着します。

皮膚を柔らかくし、収れん効果もあるので、弾力があり毛穴の目立たない肌を目指したい人にもおすすめです。
100%天然由来で動物由来成分・鉱物油・合成香料などは使用していないため、肌への刺激を感じにくく、ニキビ肌でも安心して使えますよ。

肌にのせた瞬間に清涼感のあるハーブの香りが広がり、リラックス効果も得られます。

Mediheal ティーツリーケアソリューション・エッセンシャル・マスク

ティーツリーの鎮静効果が期待できる

日本でも人気の高いメディヒール。
特に緑色のパッケージが目印の「ティーツリー」は鎮静効果があるとして人気です。

肌を守るティーツリーエキス、カミツレエキス、ツボクサエキスが配合されており、皮膚をすこやかに保つ効果が期待できます。

このパックは保湿力も高いので、ニキビをケアしつつしっかりと肌に潤いを与えたい人におすすめです。
メディヒールの他のパックに比べて低刺激なので、敏感な状態の肌でも安心して使えますよ。

まとめ


ニキビがすでにある場合には、成分や使用方法に注意して、悪化させないパックを選ぶことが大切です。
パックを上手に活用して、ニキビのない・ニキビのできない肌を目指しましょう!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
mgmg0531(ライター)
mgmg0531

ありのまま自分らしく過ごせる毎日を

IT企業勤務の副業WEBライター。趣味はヨガと旅行。ファッション、コスメ、日常生活なんでもコスパの良いものが大好き。誰かの悩みを解決する記事をお届けします!

このライターの記事を見る