ハリーポッター映画を裏話も交えて解説!ファンタジーな魔法の世界を存分に楽しもう♡

ファンタジー映画の王道!ハリーポッターをストーリーまでは知らない、長くて最後まで観れなかった、なんて人も多いのではないでしょうか?そんな人の為に、見どころや裏話をシリーズ毎に順番に凝縮!観たことがある人は何度でも涙する感想作を一緒に振り返りましょう。

  1. ハリーポッター映画の概要
  2. シリーズを公開順番に紹介
  3. 感想

ハリーポッター映画の概要


主人公であるハリー・ポッターは赤ん坊のころヴォルデモートという悪の魔法使いに両親を殺されてしまいます。

その時自分は生き残り、ヴォルデモートを消滅させて「奇跡の子」と呼ばれるようになったのが全てのはじまりです。
叔母の家に預けられ悲惨な幼少期を過ごすハリー。

11歳の誕生日に魔法学校入の学通知が届いてから一変!
寄宿制の学校で友達と魔法を学んでいきます。

しかし死んだはずのヴォルデモートは生きており、ハリーを殺そうと脅威を振るってシリアスな展開に。

頼れる友達や魔法学校ホグワーツの先生たちと一緒に立ち向かい、魔法界で波乱万丈の生活を送っていきます。

シリーズを公開順番に紹介


全8作品のファンタジーをプレイバック!
主人公のハリーが友達や仲間と成長し、笑いあり涙ありの道のりをみていきましょう。

ハリー・ポッターと賢者の石


2001年公開。

幼くして両親を亡くしたハリー。
11歳になると魔法学校へ入学することになります。

それまで知らなかった魔法の世界に驚きながらも、初めて友人ができ新しい生活がはじまっていきます。

しかし両親を殺し、死んだはずの魔法使いヴォルデモートがハリーの命を狙ってきます。

覚えたての呪文に、まだ上手く扱いきれてない魔法を駆使して、友達と一緒に立ち向かっていく。

第1作目の見どころ


まるでスポーツカーのような速さの箒に、ドラゴンの髭で作られた魔法の杖。
ホグワーツ魔法学校では動く階段に喋る絵画など、ファンタジー要素が目白押しです。

ちなみに監督のクリス・コロンバス氏は全てにおいてリアルさを追求。
学校の食堂シーンでは天井に浮かぶ蝋燭や食事は本物というこだわりぶり。

ただ色々と問題があって次回作ではフェイクのものに変更されました。

ハリー・ポッターと秘密の部屋


2002年公開。

夏休み。
叔母の家に帰っていたハリーのところへ、屋敷しもべのドビーが現れます。

ホグワーツには戻らないよう忠告をしてちょっとした騒動に発展!

ホグワーツに戻ると壁に血文字が書かれたり、生徒が石にされる恐ろしげな事件が多発。しかもハリーが疑われることに。

ヴォルデモートが過去の自分で巧みにハリーを騙し、命を狙ってきます。

第2作目の見どころ


ハリーをライバル視しているドラコ・マルフォイ。
クディッチの試合では目まぐるしいスピード接戦に、ハラハラドキドキが止まりません!

その他にも禁じられた森に住む巨大な蜘蛛やバジリスクなど、ホラー感もプラスされてファンタジー要素が深まっていきます。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人


2004年公開。

魔法界の刑務所、アズカバンからヴォルデモートの配下と噂されるシリウス・ブラックが脱獄。魔法界に緊張が走ります。
新学期早々不安な空気の中、新しく赴任してきたリーマス・ルーピンはハリーの父親であるジェームズの学友。

そして更に同じくホグワーツで学んだ学友が揃い、騒動を巻き起こしていく展開になっています。

第3作の見どころ


監督が変わり、アルフォンソ・キュアロン氏はキャラクターにリアルさを求めました。

ローブ以外の服を用意し、セリフのない生徒たちには自由に着るよう指示。
着崩した制服がチラホラと、身近なリアリティーを感じることができます。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット


2005年公開。

夏休み、クディッチのワールドカップが開催され、ウィーズリー家に連れて行ってもらうことに。
けれどヴォルデモートの配下たちが出現、大惨事となります。

新学期は3代魔法学校対抗試合が行われ、大いに盛り上がりを見せていきます。
その裏でヴォルデモートがハリーを捕まえて自らの肉体を復活させてしまい…最悪の事態に発展!

第4作の見どころ


大規模なイベント事が多く開催されて面白さが倍増!
新たなキャラクターや魔法がいつも以上に展開されていき、どんどん物語に引き込まれていきます。

ちなみに今作は別のタイトルの候補があった裏話があります。
「ハリーポッターと死喰い人」や「ハリーポッターと3人の王者」など、的を得てはいるものの、「炎のゴブレット」には勝てませんよね。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


2007年公開。

前作でヴォルデモートの復活が明らかになったにもかかわらず、魔法省大臣のコーネリウス・ファッジはそれを信じようとしません。
その為、非常に危険な日々が続いていきます。

それを危惧して立ち上がったのがダンブルドアが率いる「不死鳥の騎士団」!

しかしそのことでダンブルドアは校長の座を追われ、代わりに魔法省の職員が就任。
ホグワーツは激変していきます。

第5作目の見どころ


個人的には1番泣いた回だったかもしれません。
違った意味で親の温もりを知らないハリーとシリウスの仲が深まり、養子縁組の話にまでなったのに…。

涙なしには見られない回でした。

ハリー・ポッターと謎のプリンス


2009年公開。

ヴォルデモートが勢力を増し、マグルにまで危険が及んでいきます。
スネイプの過去や分霊箱という闇魔法が明らかになり、やっとヴォルデモートを倒す糸口が…。

けれど戦いの最中ダンブルドアが殺されてしまい、魔法界は一気に悲しみに包まれていきます。

第6作目の見どころ

あちこちでヴォルデモートの配下が襲撃事件を起こしてシリアスな展開に。
けれどハーマイオニーの微笑ましい恋心、暗い雰囲気を談話してくれます。

撮影現場の裏話でもハーマイオニー役のエマ・ワトソンには恋の噂が♡
マルフォイ役のトム・フェルトが初恋だったらしいですよ。

ハリー・ポッターと死の秘宝part1


2010年公開。

今作よりハリーとロン、ハーマイオニーはホグワーツには行かず、ヴォルデモートを倒す旅に出ます。
しかし3人は捕まってしまい、もと屋敷しもべのドビーが命を張って助けれくれます。

第7作目の見どころ


ドビーのファンにとっては(私もです!)辛い回でした。
自分を救ってくれたハリーを友人と言いきり、勇敢に助けた姿は以前の臆病な姿はどこにもありませんでした。

ハリーポッター作品は魔法使い以外にも多くのキャラクターの成長が楽しめます。

余談ですが、ドビーとロシア大統領の顔が似すぎて控訴問題となったそうです。
意外というか驚く裏話ですよね。

ハリー・ポッターと死の秘宝part2


2011年公開。

今までずっとハリーを目の敵にしていたスネイプ。
実は深い、深い、愛情によって影ながら助けていたことが発覚します。

そして最後の分霊箱はハリー自身という悲惨な事実も…。
ホグワーツのみんなとボロボロになりながら最後の力を振りしぼり、勝利をかちとります!!

第8話最終回の見どころ


ハリーとヴォルデモートの魂が一体化しているのを、どう解決するのかが最大の難関でした。

その他にもスネイプの揺るがない秘めた想いや、壮絶な戦闘シーンなど目を見張るばかり。
見どころがありすぎて最後まで目が離せないのと、涙なしには終われない最終回となっています。

最後に、この激動をホグワーツで過ごしたハリーたちが大人になった姿で登場するシーンがあり、感慨深いものがありました。

感想


ハリーポッターの魔法の世界、いかがでしたか?

10年にも及ぶファンタジーの超大作。
原作小説が全部で11冊にも及び、かなりのボリュームがあります。

1冊500ページ以上のものが多く、読むにはちょっと…という方に映画は自信を持っておすすめできます!

文章では想像しきれなかった魔法の恐ろしさから美しさまで、息を呑むほど繊細に描かれていて圧巻です!!

独特なキャラクターや物語の情景もこれでもかというくらい魅力が伝わり、ハリーの世界の虜となるでしょう。

見どころを押さえたところで、映画を楽しむ準備はよろしいですか?

映画鑑賞のお供にかぼちゃジュースやバタービールを飲みながら♡
なんて雰囲気を味わって観れたら最高ですよね!

是非、壮大なファンタジーの世界をたっぷりと堪能してみてください。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
小林篤美(ライター)
小林篤美

小さな会社で経理やマネジメントなど幅広い業務をしているシングルマザー。読書が趣味で本を読んでは想像を膨らませ、楽しみながら自分自身を日々アップデートしています。