2021.12.28

【2022年・上半期】やぎ座の運勢は?恋愛・仕事・金運占い

2022年、やぎ座の運勢はどうなるのでしょうか。この記事ではやぎ座の2022年・上半期の運勢をご紹介します!総合運、恋愛運、仕事運、金運占い、1月〜6月の運勢も詳しく解説。ラッキーカラーやラッキーデイも月毎にお届けします。

総合運:★★★★☆


フットワークが軽くなる、アクティブな時

友人と楽しく過ごせる穏やかな時期です。
興味の範囲が増えて、面白いことに手を出してしまいたくなり、趣味が増えるかもしれません。

ネット運が強くなり、SNSで良い出会いがあったり、興味深い動画チャンネルを見つけたり、ネットショッピングで掘り出し物を発見したりしそうです。

仕事への情熱は薄れがちですが、器用な上に情報を活用するのが上手になるため、周囲からの受けや評価は悪くなりません。

個性的になり人気運は上昇しますが、反面マイルールで行動しやすくなってしまうので、時々自分が周囲から浮いていないか、チェックしてみるといいでしょう。

流行やトレンドへの感性が鋭くなるため、若い人や年下から支持が増えるかもしれません。
交際運はトップクラスに良く、仲間達に恵まれることでしょう。

頼られることが増えるので、気が付いたらアドバイス役になっていることもあるかもしれません。
冷静にジャッジするあなたは、周囲にとって悩みをズバリ解決してくれる存在になりそうです。

旅行運は良く、ネットで安く行ける方法やいい場所をリサーチする能力があるため、いつも以上に楽しめるかもしれません。

出掛けるならば都会的な所や流行の場所が、あなたの感性と才能を刺激してくれることでしょう。
気の合う友人と出かけるのがベストですが、あなた自身が気まぐれなため、ふらっと一人旅に出てしまうこともありそうです。

健康運は中程度で、良くも悪くもないのですが、SNSやネットのやり過ぎでの疲労がありそうです。
交友関係が広がり出掛けることが増えるので、安物で間に合わせず自分にピッタリの良い靴を選ぶといいでしょう。

一方で情報を活用するのが上手なため、ちょっと不調なことがあるといい病院や治療法をさっと調べて軽いうちに対処することができそうです。

1/3の新月では、自分が誰かのために役立つことは何だろう、と考えるようになるかもしれません。
適職とは何だろう、自分にはもしかしたら天職が別に存在するかもしれない、と仕事のあり方について思いを巡らすことでしょう。

5月の初めあたりまでは好奇心のままに動くことが多いですが、半ばになった辺りから家族の有り難みに気付くことでしょう。

親戚や家族に連絡を取っていない人は、さりげなく声をかけてみるといいかもしれません。
また、昔の友人と再会する暗示があります。

出身地ネタや昔あった話など、仲間内で盛り上がるかもしれません。

恋愛運:★★★★☆


恋のキューピッドが近くにいそうな時

恋のチャンスが近くにある暗示です。
友人知人からの紹介などのお陰で恋が発展していきそうです。

恋活アプリやSNSを活用することで、さらにチャンスを掴めることでしょう。
出会う数は多くなり、恋の成就率は高めになりそうです。

しかし中には友達止まりで終わってしまったり、軽い恋を求めている相手の姿勢に幻滅して撤退したり、ということもありそうです。

出会う相手は自分と違う長所のある人、知識が豊かな人、会話やスポーツが得意な人かもしれません。
似たもの同士の人を選ぶよりも、ちょっと自分と雰囲気が違う人と恋を試してみるのも刺激的でしょう。

恋運を高めるにはパワースポット巡りや、ちょっとしたお出かけや旅行が最適かもしれません。
恋人がいる人は同棲や結婚など、一歩進む可能性があります。

恋人の家族や友達から気に入られれば、一気にゴールイン、なんてこともありえます。
一緒に過ごす時間が多めの人は、お互いの役割分担をしっかりと決めることで、自由な時間が持てて恋と趣味の両方を楽しむことができそうです。

話し合うことが重要なので、ラインやメールが来たら後回しにしないできちんと返すといいでしょう。

お出かけ運や旅行運が強いので、二人で計画を立てるといいです。
遠方ではなく国内、以前から興味を持っていた場所がいいでしょう。

5月半ばを過ぎると結婚願望が強くなりそうです。
家事スキルをアピールしたり、早く結婚したくなり焦ったりすることでしょう。

ゆっくりと相手と向き合うことで、二人の仲が深まり、結ばれるかもしれません。

仕事運:★★★☆☆


知性とアイデアが光る時

コミュニケーション能力が高くなるので、人脈を活かして成功することが出来るでしょう。
コネなどで自分の実力以上の仕事を得られる可能性もあります。

賢く学ぶ一面があるので、実力以上の仕事を任されても、きちんと調べて上手にこなせそうです。
スキルアップするのに最適な時期で、今、学んだことが後で大いに役に立つ暗示があります。

資格取得だけでなく、興味のある分野の本を読んで頭に入れておくといいでしょう。
しかし器用貧乏になるところがあり、色んなことに手を出して中途半端に終わってしまうことがありそうです。

やりたいことプラス一つか二つ、くらいにして得意分野に集中しておいた方が結果が良好になりやすいでしょう。
SNSを使いこなす器用さがあり、ネットからチャンスを見つけることが出来そうです。

思いがけず人気者になることがあるかもしれません。
中身がないと飽きられてしまうので、本を読むなどして知性を磨くといいでしょう。

レスポンスがスピーディーになり、営業や企画などの分野では成長が見込めます。
頭脳労働に向いており、事務や経理の人は順調な時でしょう。

しかしじっくり時間をかけて作業をこなす分野では、物足りなさを感じてしまうかもしれません。
力仕事ではタフさに欠けるため、思ったほど仕事をこなせない可能性があります。

不得意な仕事で悩んでいる人は転職を検討するのも悪くないでしょう。
どの世界にも順応できる所があるので問題ないかもしれません。

金運:★★★☆☆


人脈とアイデアが金色に輝く時

頭脳とアイデアがお金になる時期です。
仕事で得るお金は一定かもしれませんが、それ以外で得することがありちょっとしたリッチ気分が味わえる、嬉しい暗示です。

得意分野がある人は、副収入となることがあるので有効活用してみるといいかもしれません。
また、仲間や周囲のお陰で得をすることがありそうです。

お買い得な情報や買い物アプリ、割引クーポンを教えてもらえるかもしれません。
来る人は拒まず、の姿勢で誰とでも仲良くしておき、情報のアンテナを広げておくといいでしょう。

特にSNS運があるので、情報交換することによるメリットを享受できそうです。
商品は何も考えずにさっと買うよりも、少しリサーチしてから買うといいでしょう。

レビューを確認してみたり、他のお店では特典がもらえないかチェックしてみたりするといいかもしれません。
一方で流行のものに興味を示してしまい、新発売のお菓子や食品に手出ししてしまうことが増えそうです。

話題のスポットに行きたくなって、ふらっと出掛けてしまい散財してしまうこともあるかもしれません。
ノリで買ってしまう所があるので、「本当にそれは今買うべきものなの?」と心に問いかけてみるといいでしょう。

せっかくの金運が台無しにならないように、計画的に預金するといいかもしれません。
5月後半からは金運がやや地味になるので、華やかな今財布の紐を締めておくといいでしょう。

以降は浮ついた所のない家庭的な性格になり、倹約傾向になりそうです。

月毎の運勢|ラッキーカラー&ラッキーデー

1月:★★★★★

趣味や特技の分野で華やかなスポットライトが当たるかもしれません。
いい気になって自慢しないことで、幸運を維持することができるでしょう。

ラッキーカラーレッド
ラッキーデー1/11~12,1/21~22

2月:★★★☆☆

穏やかな運気になるため、つい保守的で受け身になってしまいそうです。
実力があるのですから、もっと積極的に行動するといいでしょう。

ラッキーカラーブルーグリーン
ラッキーデー2/18, 2/26~27

3月:★★★★

人望がある時期で、人があなたの周りに集まることでしょう。
仲間と盛り上がりそうですが、強運の時期なので本業に専念すること。

ラッキーカラーイエローグリーン
ラッキーデー3/7~8

4月:★★☆☆☆

疲れるとテンションが下がりがちになるので、無理をせずペースダウンするといいでしょう。
仕事のクオリティーを下げないことが重要かもしれません。

ラッキーカラーホワイト
ラッキーデー4/3~4, 4/13~14

5月:★★☆☆☆

自分だけの宝物のような、小さな幸せを見つけられることでしょう。
人の意見やアドバイスをうのみにせず、自分軸で動くといいです。

ラッキーカラーペールオレンジ
ラッキーデー5/11, 5/28~29

6月:★★★☆☆

待てば海路の日和あり。
スムーズに物事が進まない時は、いいタイミングになるのを待ってから行動すれば成功します。

ラッキーカラーパステルピンク
ラッキーデー6/7~8, 6/16

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
絵月えりや(ライター)
絵月えりや

人生を幸福に彩る開運フォーチュンテラー

占い師・ライター・イラストレーターとして十数年活動する。占い記事を有名サイトにて執筆中。過去に有名Webサイトのトップページにて週間星占い連載、地方フリーペーパーの星占いやマンガを連載した経験を持つ。占いはミミ月丘に師事。週刊少年漫画誌での入賞経験や、情報漫画の連載経験あり。

このライターの記事を見る