2021.06.24

プロポーズされた後は何をすればいい?プロポーズ後の流れを徹底解説

恋人にプロポーズされて結婚することが決まり幸せイッパイ。でも、プロポーズ後にはやることが山積みです。「まずは親に挨拶?次は?えっと、上司に報告?」と迷ってしまいますね。そこで、本記事ではプロポーズ後の流れを詳しく解説します。

2人でライフプランの相談


大好きな人にプロポーズされたら、嬉しくて舞い上がってしまいますね。

プロポーズ後はまず、これからの人生を一緒に過ごしていく彼とライフプランの相談をしましょう。

お互いの両親に結婚の報告に行った際には、「結婚式はするの?」「いつから一緒に住むの?」などいろいろ質問される可能性が高いですし、2人で大まかな話はしておいた方がいいです。

家族やお金に関する価値観を共有する良いチャンスでもあります。

下記のことは2人で相談しておきましょう。

  • 入籍日をいつにするか
  • 結婚式をどうするか
  • 同居をいつからするか
  • 結婚後の住まいをどうするか
  • 結婚後の働き方はどうなるか
  • 子供は何人くらい欲しいか

お互いの両親に結婚の報告


2人でライフプランを相談したら、お互いの両親に結婚をしたい相手がいることを報告します。

先延ばしにせず、プロポーズされてからなるべく早めに報告しましょう。

双方の両親の都合の良い日程をいくつか聞き、2人で挨拶に行く日程を決めます。

すでに何度か会っている場合でも、改めて結婚の報告をしましょう。

挨拶に行く順番

まず、女性側の両親のところへ行き、次に男性側の両親に挨拶に行くのが一般的です。

家が遠方だったり、都合がなかなか合わなかったりした場合は順番が逆になっても問題ありません。

気を遣わせないように食事の時間帯をさけ、14時頃から2時間ほど滞在するのが望ましいです。

手土産の準備

挨拶に行くときは、手土産が必須です。
前日までに用意しておきましょう。

当日慌てて相手の家の近くにあるお店で買うと、良いと思えるものがなかったり、「忘れていて間に合わせで買ったようだ」とマイナスな印象を持たれたりしてしまいます。

手土産の相場は3000円~5000円で、日持ちのするものを選びます。

有名店のものや、地元の名産品・銘菓を選ぶのもGood。
形が崩れやすいものや持ち運びしにくいものは避けましょう。

相手の両親の好みを確認して、お酒やお菓子を選ぶことが多いです。

お菓子の場合は相手の家族構成を聞いて、人数分より少し多めに買っておくのがベスト。

手土産には、のしを付けると誠意が伝わり印象もアップします。

のしは表書きが「寿」「御挨拶」のいずれかで、水引は「紅白結び切り」を選びます。

挨拶時の服装

目上の人に結婚の報告をする特別な場なので、服装やヘアスタイルもきちんとしたものにします。

ポイントは「清楚」「清潔感」で、華美なものは避けます。

ひざ丈のワンピースやブラウスとひざ丈スカートの上にジャケットを羽織ると、清楚で優しそうな印象を与えられて◎。

座ったときにずり上がるので、スカート丈はひざくらいあるものがいいです。

スーツでもOKですが、ワンピースなどに比べてキツめの印象を与える可能性があるので、黒ではなくベージュやグレーがおすすめ。

インナーを明るい色にしたり、レースやリボンが使われているもので女性らしさをアップさせるのもアリ。

靴は3~5cmヒールがあるパンプスをストッキングの上から履きましょう。
靴の汚れは意外と見られるので要注意です。

外側だけでなく、中敷きの汚れも事前にチェックしておきます。

メイクやネイルはナチュラルを心がけます。

濃いキラキラしたメイクや不自然なほどのつけまつげ、ごてごてデコレーションしたネイル、香水は万人受けしないので避けるのが無難です。

また、髪が長い人は、ジャマにならないようまとめておきます。
ヘアアクセサリーなどの持ち物はブランドものや華美なものはやめ、控え目なワンポイントにします。

当日の注意点

まず、到着時間は重要です。

挨拶は相手の家に行くことが多いですが、レストランや料亭ですることもあります。

相手の家に行く場合は、到着が早すぎても遅すぎても失礼にあたります。
約束した時間通りまたは、5分を過ぎない程度にやや遅れて伺うようにしましょう。

レストラン・料亭の場合は、待たせることがないよう10分前には到着するようにします。

呼び方にも注意が必要です。
いつも呼び合っているあだ名や呼び捨てなどで呼ばず、「○○さん」「○○くん」と呼ぶようにします。

また、相手の親のことを「お父さん」「お母さん」と呼ぶのはNGです。
「まだ結婚にOKを出していないのに……」と不快感を持つ親もいます。

「○○さんのお父様」「○○さんのお母様」と呼ぶのがベター。

また、いきなり結婚について両親に切り出すのではなく、歓談して場が和んでから話します。
歓談の際の話題では、宗教や政治の話は避けるのが無難です。

ある程度場が和んだら結婚の話を切り出し、OKをもらえたら、結婚式の希望や両家顔合わせの日程や希望について聞いておくとスムーズです。

婚約指輪など婚約記念品の購入


2人が結婚を約束した証として贈るのが、婚約記念品。

男性からは婚約記念品として女性に婚約指輪を贈り、女性はお返しとして腕時計を贈るというケースが多いです。

他には婚約記念品として指輪以外のジュエリーを贈ったり、お揃いの腕時計を購入したりするカップルもいます。

プロポーズで婚約指輪をもらった人は別ですが、婚約指輪などの婚約記念品は顔合わせまでに贈り、顔合わせの場で家族にお披露目することが多いです。

特に指輪は購入後すぐに持ち帰れないので、顔合わせまでに手元に届くように購入しましょう。

婚約指輪の相場

婚約指輪の価格は、リングの素材やダイヤモンドの大きさ・品質、そしてデザインの複雑さによって変わります。

婚約指輪の相場は「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」によると、
全国平均が35万7000円、女性が25歳~29歳の平均は40万4000円、30~34歳では38万6000円、35歳以上では40万5000円でした。

マイナビウエディングの調査によると、婚約指輪の相場は29万5000円。

20代と30代で見ると、20万円~30万円未満の割合がもっとも高く、次に多いのが30万円~40万円未満でした。

「婚約指輪は給料3ヵ月分」という言葉もありますが、相場はそこまで高くなく給料1ヵ月分ほどで、20万円~40万円と言えます。

婚約指輪の納期

意外と見落としがちなのが、婚約指輪の納期。

「オーダーじゃないし大丈夫!」と思っていても意外と時間がかかります。

既製品を購入しても、サイズや刻印の関係でその日に持ち帰れることの方が珍しいです。

指輪のオーダー方法には、既製品・セミオーダー・フルオーダーの3種類があります。

もっとも納期が短いのは既製品です。
ただし、サイズの在庫がなかったり刻印を入れたり、海外ブランドだったりすると取り寄せになることも。

手元に届くまでは最短で1週間、長いと1ヵ月をみておいた方がいいでしょう。

セミオーダーでは、サンプルをもとに好きな石(種類や大きさ・加工方法など)とデザインを選びます。
既存のデザインを活かしつつ、オリジナリティを出せるのが特徴です。

オーダー内容によって納期は異なりますが、1~2ヵ月をみておくといいでしょう。

フルオーダーは、デザイナーと一緒に世界に1つだけの指輪を作れます。

石の留め方や厚みなど細かい部分まで指定でき、納得するデザインができてから制作に入ります。

納期は3つの中でもっとも長く、途中で修正依頼をするとさらに日数がかかります。
3ヵ月~6ヵ月はみておきましょう。

お店によって納期はバラツキがあります。
悩む時間も考慮して、早めにショップに相談に行くといいでしょう。

婚約指輪のお返しはする?

「婚約指輪を彼からもらったから、感謝も込めて何か婚約記念としてお返しをしたい」と考える方もいるでしょう。

お返しは絶対にしないといけないものではありませんが、ゼクシィの調べによるとお返しをした人は47.1%と約半数でした。

彼が「特に必要ない」と言うようであれば、お返しはしなくてもいいですが、お返しがあると婚約したことを再認識できるので、2人で話し合ってみるといいでしょう。

婚約指輪のお返しの相場

婚約指輪のお返しの相場は、婚約指輪の価格の3分の1~半分程度です。

ゼクシィの調べでは、お返しの平均は14万5000円で、10万円~12万円の金額でお返しを贈る人の割合がもっとも高かったです。

お返しの品としては、腕時計やスーツ、財布、靴、ネクタイピン、万年筆などが人気です。

ずっと使えるものを贈る人が多く、スーツと靴やスーツを2着のように組み合わせで贈る人もいます。
彼からリクエストがあれば、彼の欲しいものを贈るのも◎。

2人で行く旅行や食事券をプレゼントするのもいいですね。

入籍・結婚式の日取りや会場の決定


婚約指輪選びと並行して決めなければいけないのが、入籍や結婚式の日取り・会場の決定です。

結婚式をする場合は、親の希望も聞きながら日取りの候補を決めます。

新郎新婦が気にしていなくても「結婚式は大安じゃないと!」とお日柄にこだわる両親もいます。

親族だけでやるのかなど、招待客のリストアップの作業もあります。

どんな結婚式にしたいか希望を出しながら、会場をピックアップし、ブライダルフェアにも参加してみましょう。

比較検討するために、アクセスやカスタマーサービス、予算など、重視するポイントを2人で事前に話し合っておくのがベター。

招待状の発送などを考えると、会場・招待客の決定は式の2カ月半前までにはしておかないといけません。

会場の検討は、遅くとも式の3ヵ月前にはスタートしておきましょう。

また、入籍をいつにするかは悩むポイントの1つです。

入籍日とは、婚姻届が役所に受理された日のことです。
結婚式の前でも後でも、結婚式当日でもOKで特に決まりはありません。

ただし、仏滅などは避け、縁起の良い日や2人が付き合い始めた日、バレンタインデーやいい夫婦の日(11月22日)などイベントや語呂の良い日にすることが多いです。

2人にとって大切な記念日になるので、いつにするかじっくり話し合っておきましょう。

職場関係や友人に結婚の報告


結婚が決まったら、職場関係や友人たちへの報告が待っています。

今後の良好な人間関係のためにも、結婚報告は順番を守り、慎重に行う必要があります。

ここでは、報告する順番や注意点を見ていきます。

報告する順番

結婚の報告をする順番は、直属の上司→先輩→同僚・友人です。

結婚に関するいろいろな手続きや仕事のやりくりがあるので、まずは直属の上司に直接伝えます。

そのあとは先輩、そして同僚など親しい順に友人、親族に報告していきます。

あまり親しくない親族には、親から報告してもらうのもいいです。
また、会う機会がなかなか取れない人に、は口頭ではなく電話やメッセージでOK。

職場関係者に報告する際の注意点

直属の上司に報告するタイミングですが、結婚式をする場合は式の3ヵ月~4ヵ月前までに、式をしない場合は入籍前に早めに報告しましょう。

結婚報告はプライベートなことなので、就業時間外に報告するのが基本です。

事前に「私的なことで相談したいことがあります」とアポを取るとスムーズです。

報告の際は下記を伝えるようにします。

  • 上司を結婚式に招待する場合は日取り
  • 招待しない場合は「親族のみの式です」「式は挙げません」など招待しない理由を添える
  • 結婚後も仕事を続けるかどうか
  • 長期休暇を取るかどうか

もっとも避けなければいけないのが、同僚に先に話してしまったり、報告前にウワサで上司が結婚について知ったりしてしまうことです。

上司が「え?聞いてない!」と複雑な思いを抱いてしまうので、真っ先に直属の上司に報告しましょう。

友人に報告する際の注意点

友人に報告する際には、伝え漏れに注意しないといけません。

伝え漏れがあると、「私だけ結婚について知らなかった!」と複雑な心境にさせてしまいます。

結婚式をする場合は、招待したい親しい友人から順番に報告していきましょう。

直接会って報告するのがベストですが、難しい場合はメッセージでOKです。

直接会って報告にこだわっていると伝え漏れがでてくる可能性が高いので、順番を重視した方がいいでしょう。

両家顔合わせ


お互いの親が結婚を承諾したら、両家の親同士が顔を合わせます。

「結納」か「顔合わせ食事会」のスタイルで行う場合が多いです。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」によると、結納を行ったのは10.9%、顔合わせ食事会を行ったのは84.7%で、圧倒的に顔合わせ食事会の方が多い結果となりました。

結納よりも顔合わせ食事会の方がカジュアルな雰囲気で行えて人気ですが、家によってどちらを行うかは変わってくるので親の希望を聞くのが重要です。

顔合わせを行うタイミングは、入籍の3ヵ月前吉日が目安です。

料亭やレストランなどの個室で行うのが一般的。

結婚指輪の購入


結婚式をする場合は、式に間に合うように結婚指輪を準備する必要があります。
式をしない場合は、つけたい日に合わせて購入するようにします。

結婚指輪の相場

結婚指輪の平均購入価格は、ゼクシィの調べによると2人分で25万1000円。

20万円~30万円が相場です。
男女別の結婚指輪の購入価格平均をみると、男性は11万6000円、女性は13万6000円。

女性の指輪にはダイヤがついていたり、華やかなデザインだったりするので男性よりも価格が高くなっています。

結婚指輪の費用負担は、ゼクシィの調べでは男性がすべて支払うが44.7%、折半が25.2%、それぞれ相手の指輪分を支払うが12.1%、それぞれ自分の指輪分を支払うが4.9%。

男性が支払うことが多いですが、2人でお金を出し合うカップルも多いです。

結婚指輪の納期

結婚指輪は、購入してすぐに持ち帰れることは少ないです。

婚約指輪と同様の納期がかかるので、結婚式準備が本格化して忙しくなる式の3ヵ月前までに選んでおくことをおすすめします。

結婚式の準備


招待状作成、料理・飲み物のセレクトなど結婚式の準備が忙しくなってくるのは式の3ヵ月前から。

  • 招待状の発送・席次決め
  • 衣装・ヘアメイク決め
  • 料理・飲み物のセレクト
  • 装花・ブーケ・ウェディングアイテム決め
  • 披露宴の演出決め
  • 引き出物のセレクト

上記のような準備をしないといけません。
衣装は人気のものからなくなっていくので、式の5ヵ月前には予約を入れておきましょう。

婚姻届の提出


婚姻届を提出すると、2人は夫婦と認められます。

不備があると受理されず、せっかくこの日と決めた入籍日がずれてしまうこともあります。

提出前に必要なものをしっかり確認しておきましょう。

プロポーズから入籍までの期間はどのくらい?

マイナビウエディングの調べでは、プロポーズから入籍までは「約半年」がもっとも多く26.8%、ついで「約1年」の19.1%でした。

プロポーズ後は親にあいさつなどやることがたくさんあるので、入籍までの約半年~1年を長いと感じる人は少ないようです。

婚姻届を提出するのに必要なもの

婚姻届の提出に必要なものは下記です。

婚姻届

全国の役所や出張所あるいはダウンロードで入手できます。
書き間違えた時のために、複数枚もらっておきましょう。

2人の戸籍謄本

本籍地の役所に提出する場合は不要ですが、それ以外の役所で提出する場合に必要です。
戸籍謄本は、本籍地の役所に取りに行くか、郵送で取り寄せます。

郵送での取り寄せは2週間かかることもあるので、事前に余裕を持って取り寄せておきましょう。

本人確認書類

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが必要です。
1点の提示でOKなものと、2点提示が必要な書類があります。

印鑑(カップルそれぞれと証人2人分)

実印でなくてもOKですが、ゴム印やシャチハタは避けましょう。

提出先は役所です。
一部をのぞき24時間、土日祝日でも受け付けてもらえますが、夜間や休日に提出して不備があると後日訂正をしに行かなければいけません。

不安な場合は、事前に役所でチェックしてもらいましょう。

各種手続き


入籍して苗字や住所が変わると、銀行口座や免許証など名義変更などの手続きが生じます。たくさんあるのでチェックしておきましょう。

まずやるべきこと

★引越し後に管轄の市区町村役場が変わる場合は、転出届と転入届
新居に引っ越す場合は、これまで住んでいた市区町村役場に転出届、新しい住所を管理する市区町村役場に転入届を提出します。

★引越し後に管轄の市区町村役場が変わらない場合は転居届
引越しをしても管轄の市区町村役場が変わらない場合は、転居届を出します。

★住民票・戸籍謄本の取得
パスポートや運転免許証の氏名・住所変更の際に必要になるので取得しておきましょう。

氏名・住所の変更が必要なもの

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 保険
  • 自動車

変更が必要なものはたくさんあって面倒になるかもしれませんが、入籍後は早めに手続きしておきましょう。

運転免許証の手続きを最初にしておくと、さまざまな場面で本人確認書類として使えるので便利です。

プロポーズ後の流れを理解してスムーズに進めよう


以上、プロポーズ後の流れを解説しました。

親に結婚報告の挨拶、職場関係や友人に報告、結婚式をする場合はその準備…ととてもやることが多いです。

プロポーズ後は浮かれてしまいそうですが、流れをしっかり理解してスムーズに進めていきましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
夏椿(ライター)
夏椿

1日に5本鑑賞するほど映画・ドラマが大好き。字幕なしで鑑賞できるよう頑張っています。フリマアプリをやったり、ポケモンGOをしながら歩き回ったりするのも好きです。

このライターの記事を見る