スーツ+スカーフコーデが今っぽい!メリットや着こなしテクとは

シンプなスーツを華やかな印象にしたいという時に役立つのが「スカーフ」。実はスーツ+スカーフスタイルというのはおしゃれなだけではなく、メリットもたくさんあるコーデ術なんです。今回はそんなスーツ+スカーフのメリットや着こなしテクをご紹介します。

スーツにスカーフの組み合のポイントとは?


かっちりとしたスーツに華やかさをプラスしてくれるスカーフ。
ですが、スーツ+スカーフという組み合わせはどこか「制服っぽさ」を感じてしまうため、なかなか踏み切れない……という方も多いかもしれません。

ですが、昨今のスカーフブームによりスーツスタイルにスカーフを取り入れる方が増えているのも事実。
ぜひ一度は試してみたい……と思う方も増えていて雑誌などにはよくスーツ+スカーフのコーディネートなどが掲載されています。

スーツにスカーフを気負いなく取り入れるなら、スカーフはきっちりさせすぎないのがベスト。

ゆったりと垂らしてみたり、ゆるく結んで少し斜めにずらしてみたりするとほどよい「こなれ感」が生まれておしゃれなスーツコーデを作ることができます。

スーツにスカーフを組み合わせるメリットとは?


スーツスタイルを華やかに見せてくれるスカーフですが、実は見た目だけではなく実用面でも優秀です。

続いては、スーツにスカーフを組み合わせるメリットを3つご紹介します。

1.体温調節になる


スカーフによく使われるシルクという素材は、吸水性や保温性にも優れています。
そのため「夏は涼しく、冬は暖かい」という理想的な状態を保ってくれるんです。

特に外回りが多い方や社内の冷暖房にお悩みという方には、心強い存在となってくれるでしょう。
もちろん、シルク素材ではなくコットン素材等でもある程度の保温性などが期待できます。

2.UVカット効果もあり


実はシルク素材には、UVカットの効果もあります。

そのため、意外と焼けやすい首回りの皮膚を紫外線から守ってくれる効果も期待できます。

3.肌荒れを防止できる可能性も


スーツのジャケットの素材が肌に合わない場合などには、肌とジャケットの間に天然素材のスカーフを入れることで肌を守ることができます。

また、ブラウスのタグやボタンが気になる場合はその内側に入れると肌を守ることができるでしょう。

おすすめのスーツ+スカーフコーデ

スーツ+スカーフコーデのメリットをご紹介した後は、おすすめの着こなしをご紹介!

スカーフの種類や結び方、取り入れ方によって雰囲気がガラリと変わるのでぜひ色々と試してみてくださいね。

大人カラーのスカーフを使ったスーツコーデ

落ち着いたカラーのスカーフは、シックなスーツコーデにも合わせやすい優等生。

スカーフで使っている色をバッグや靴、パンツなどのアイテムにも取り入れると統一感のある落ち着いたスーツコーデが実現できます。

小さめスカーフをアクセントにしたスーツコーデ

デザイン性の高いジャケットに組み合わせたのは、ややコンパクトなミニスカーフ。

大判スカーフほどボリュームが出ないので、ジャケットを主役にしたスーツコーデのよいアクセントとなっています。

プリーツ加工+鮮やかカラーのスカーフも小さめサイズであれば気負いなく使えるでしょう。

スカーフで縦ラインを作ったスーツコーデ

細身のスカーフはさりげなく垂らすだけで縦ラインを強調できるので、スタイルアップも叶うおすすめアイテム。

スーツと同系色のスカーフを選べば悪目立ちせず、しっくりまとまる大人コーデになるでしょう。

スカーフをメインに使ったスーツコーデ

ブラウスのデザインを覆うように垂らしたスカーフがおしゃれなコーディネートです。

スカーフはあくまでシンプルで派手すぎない色味のものを選ぶと、落ち着いた印象のスーツコーデができますよ。

スカーフを内側に入れたスーツコーデ

さりげなくスカーフをスーツコーデに取り入れたいという時には、こちらのようにスーツの内側にスカーフを入れこむのも手。

華やかな柄のものでも目立ちすぎないので、上品でさりげないスカーフコーデが叶います。

肌に密着するので、シルクなど肌触りの良いスカーフを選ぶのがおすすめです。

スカーフをさりげなく垂らしたスーツコーデ

ブラウスとジャケットの間にスカーフを挟み込んだスーツコーデです。

さりげなくスカーフを取り入れたいという方や、スカーフの結び方がまだよく分からないというコーデ初心者さんにもおすすめの簡単テクニックです。

スカーフの折り方やジャケットのボタンの開け方でスカーフを見せる分量を調節できるので、TPOにも合わせやすいでしょう。

スーツにも合うおすすめのスカーフは?


続いては、スーツにも合わせやすいおすすめのスカーフをご紹介。
スカーフはハイブランドのものでも比較的安価なところもうれしいポイント。

憧れブランドのスカーフを手に取ってみるのも良し、素材にこだわるも良し、デザインにこだわるも良しです。
ぜひお気に入りの一枚を探してみてください。

JILLSTUART(ジルスチュアート)のスカーフ

スカーフ初心者さんでも手に取りやすい、ベーシックカラーのかわいいスカーフです。

広げても畳んでもかわいいスカーフは、さまざまなスカーフコーデをしてみたいという方にもおすすめですよ。

marimekko(マリメッコ)のスカーフ

 marimekko(マリメッコ)らしいウニッコ柄が目を惹くスカーフです。

大人可愛いピンク色のスカーフは、シックなスーツに若々しいアクセントを加えたい時にもぴったり。
北欧好きさんにもおすすめのアイテムです。

manipuri(マニプリ)のスカーフ

まるで1枚の絵画のような美しいスカーフは、1枚は持っておきたいものですよね。

畳む方向や結び方によってさまざまな表情を見せてくれそうなスカーフは、お仕事の場でも重宝すること間違いなし。

シンプルカラーでどんな色のスーツにもなじんでくれるでしょう。

COACH(コーチ)のスカーフ

スヌーピーのイラストがとことんキュートなスカーフです。

スーツスタイルには合わないようなキャラクターアイテムですが、丁寧に畳んでいけば柄はほとんどわからず、さりげないアクセントになってくれます。

大好きなキャラクターと片時も離れたくない、というスーツ女子にもおすすめのスカーフです。

HERMES(エルメス)のスカーフ

憧れブランド・HERMES(エルメス)のスカーフは、デザインも色も多種多様。
あれこれ選ぶのも楽しいので、スカーフ好きさんには特にチェックしていただきたいブランドです。

こちらのスカーフはカジュアルなチェック柄と繊細な柄が絶妙な1枚。
見れば見るほどうっとりしてしまうスカーフは、必見です。

スーツ+スカーフでおしゃれな毎日を!


ともすれば地味な印象になってしまいがちなスーツコーデを格上げできるのが、スカーフの魅力。

スカーフは体型や年齢を問わず使えるものなので、いつになっても使えるうれしいアイテムの1つ。

最近スーツコーデがマンネリしてきてしまった……という方も、より快適なお仕事をしたいという方も、ぜひスカーフを取り入れてみてください!

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
mochi_kinako(ライター)
mochi_kinako

SE、受付事務を経てライターに。着心地の良い服と、居心地の良いお部屋が大好きです。最近は和菓子にハマっています。