ホホバオイルは毛穴ケアに効果なしって本当?効果的な使い方5選

美容に良いと言われるホホバオイルですが実際にはどうなのでしょうか?毛穴ケアにも効果があるのか気になるところです。そこでホホバオイルの特徴や使い方についてくわしく説明していきます!

  1. ホホバオイルは毛穴ケアに効果があるの?
  2. ホホバオイルはどんなオイル?
  3. ホホバオイルの種類
  4. 肌別による使い分け
  5. 毛穴ケアに効果的な使い方5選
  6. 自分の肌に合った使用量を知る

ホホバオイルは毛穴ケアに効果があるの?


ホホバオイルはべたつきがなくさらっとした使用感でも人気の高いオイルです。
でもインターネットで調べると「ホホバオイルは毛穴に効果なし」なんて記事もちらほら。

ホホバオイルは毛穴には効果があるのでしょうか?

ホホバオイルは肌質によっての使い方と量の調整によって、毛穴ケアは可能です。
逆に使い方を間違うと理想とは違う方向に行くことも・・・。

この記事では、ホホバオイルの特徴や肌質に合わせた使い方をお伝えしていきます。

ホホバオイルはどんなオイル?


ホホバオイルとはホホバの種子から抽出された植物性のオイルになります。
顔だけでなく、体にも髪にも使える万能なオイルなのです。

スキンケアに使われるオイルと言うのは3タイプに分類されます。
それぞれのオイルの特徴を知ることで、よりホホバオイルの良さや使いやすさを知ることができます。

オイルの種類①油脂系オイル


美容オイルとして使われるものの多くに油脂系のオイルが使用されています。

オリーブオイル、アルガンオイル、コメヌカ油、アボカドオイル、マカデミアナッツオイルなどのオイルが油脂系オイル。
これ以外にも椿オイルや馬油などたくさんの種類があります。

肌を柔軟にし浸透(※)することにより、保湿効果だけでなく様々な美容サポートに期待されています。(※角層まで)

オリーブオイルやコメヌカ油はわりとリーズナブルな価格で販売されていますが、中には希少価値が高い高価なオイルも。

油脂系オイルは酸化しやすいので、使い切るのに時間のかかる大容量よりも半年くらいで使い切れる量を購入するほうがいいでしょう。

オイルの種類②ミネラルオイル


安めのクレンジングオイルやベビーオイルに使われているのがミネラルオイルです。

ミネラルオイルは鉱物油で油脂系オイルのように酸化しないので、時間が経っても安定を保つことができます。

皮膚の保護や水分の蒸発を防ぐことを目的とされ、肌には浸透しません。
美容効果もないのですが、これといった害も少ないので赤ちゃんにも使えるベビーオイルとして販売されています。

オイルの種類③エステル系オイル


油脂系は原材料に「アルガンオイル」など書かれているので見たらわかります。
ミネラルオイルも原材料に「ミネラルオイル」と書いてあるので一目瞭然ですね。

エステル系オイルはミリスチン酸〇〇~とかステアリン酸〇〇~などと記載されているんです。
その中でホホバオイルは植物性ですが、エステル系オイルに入ります。

エステルは元々肌にある成分なのでなじみがよく、さまざまなスキンケアに配合されています。
安定したオイルなので酸化しにくく、美容効果もあることからも使いやすく人気が高いオイルです。

ホホバオイルの種類


ホホバオイルには無色透明のタイプと黄色いタイプがあります。

無色透明は精製されているので敏感肌にも使いやすいけど、美容効果はやや劣ります。
黄色いオイルは精製されていない分、美容効果が高く値段も高め。

どのような違いがあるのかまた価格差がどのくらいなのか知っておくと、選びやすくなります。

精製したホホバオイル

精製されたホホバオイルは無色透明です。
価格が安めのものが多いので全身のオイルマッサージや広い範囲に使うのにはぴったりなオイルです、

高精製ホホバオイル

精製されているため不純物が含まれず、肌が敏感な方や赤ちゃんまで使えるやさしいオイルになっています。

お肌が不安定な方や心配な方は精製されたホホバオイルを使ってみるほうがいいでしょう。

無印良品 ホホバオイル

無印もオイルも精製されているので、さらさらとしてとても使いやすいです。
コスパ的にも無印はかなりお得ですよね。

精製されていないホホバオイル

精製されていないホホバオイルは黄色い色をしているんです。
値段も精製されたホホバオイルよりもかなり高めです。

ホホバオイル ゴールデン

精製されたホホバオイルと比べるちお値段3倍くらい高めです。

精製されていないので、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンD、天然トコフェロールや天然のアミノ酸など美容成分がたっぷり含まれているんですよ。

まさに美容オイル。
黄色い色は生ビタミンの色なのです。

毛穴ケアに効果を発揮するのはこちらのオイルに部が上がります。
敏感肌でない限りはこちらの、無精製オイルをおすすめしたいです。

【ツヤ肌スキンケアセット】ゴールデンホホバオイル+高精製ホホバオイル各20ml

これすごいんです!
無精製のゴールデンホホバオイルと精製したオイルのセット!

使用感や質感を比べてみればどちらが好みかわかりますよね。

無精製のほうがとろみがあり、ホホバの香りもあるので、精製済みオイルのほうが使いやすい人もいるでしょう。

精製したオイルはボディ用、無精製は顔用と分けても良さそうですね。

肌別による使い分け


ホホバオイルはみんな同じように使用するのではなく、肌質によっても使い方が変わってきます。
自分の肌質に合った使い方をしていきましょう。

乾燥肌


乾燥肌は肌の水分も油分も少ない状態です。

肌が乾くことにより、表面がパサパサになり毛穴も目立ちやすくなります。
ホホバオイルを使うことによって乾燥からくる毛穴をケアしましょう。

まず洗顔後にホホバオイルをうすく全体につけて、化粧水やクリームで保湿をします。

ホホバオイルをつけることによって肌を柔軟にし、化粧水やクリームの浸透(※)をよくしてくれます。(※角質層まで)
朝のお手入れなら、下地をつけてメイクへ。

夜のお手入れだと最後にもう一度乾燥しやすい部分にホホバオイルをつけてもいいです。
油分を補うことで肌から水分が蒸発することを防ぎます。

脂性肌


脂性肌の方はできるならオイルは避けたい・・・と思っている方もいると思います。

毛穴は開き気味で角栓が詰まっている方もいるでしょう。
脂性肌の詰まり毛穴にも役立つのがホホバオイル!

実は皮脂が出る原因にの1つに肌の乾燥が挙げられるのです。

皮脂を取り除こうとすればするほど、肌は皮脂を補おうとします。
逆に考えると、油分は肌にあれば皮脂は出にくくなるのです。

皮脂が出にくくなることで毛穴が目立ちにくくすることに期待できますよ。

10代の肌には油分はあまり必要ありせんが、アラサー世代になると皮脂量は減少せずに水分量が減ってくるのです。

化粧水や乳液で補った水分をのがないように、ホホバオイルをうすく塗ると肌が落ち着きやすくなりますよ。

もしくは化粧水に1~2滴混ぜてつけるのもおすすめです。
べたつきを抑え、さっぱりとしながらも乾きにくい肌に近づけます。

ニキビ肌


ニキビ肌の方はオイル美容には少し注意が必要で、ホホバオイルを使うことでニキビが出やすくなることも。

口周りにニキビが出来ているのなら、ニキビの部分は避けてつけてみてください。
毛穴や角栓が気になるところだけ部分的につけるのもいいでしょう。

全体につけるのなら化粧水に混ぜて使ってみて、乾燥する部分だけ指先でホホバオイルを付けてみてくださいね。

毛穴ケアに効果的な使い方5選


毛穴ケアに効果的な使い方として5つの方法をご紹介します。

ホホバオイルも50ml入りから300mlなどの大容量もあるので、大容量を買ってしまった人には毛穴ケア以外にも色々使える方法があるので参考にしてみてくださいね。

クレンジングとして


ホホバオイルはクレンジングとして使うこともできます。
ホホバオイルは肌になじみやすく、肌に負担をかけずに毛穴汚れを落とすのに適しています。

クレンジングとして作られていないので、濃いめのメイクやマツエクには不向きです。
また水洗いだとホホバオイルが固まりやすいので、ぬるま湯で洗い流しましょう。

ニキビ肌の方はオイル成分がニキビ部分に残らないように、洗浄力が弱めの洗顔でW洗顔をおすすめします。

角栓部分にパック


毛穴ケアに一番効果的なのが毛穴パック!
クレンジングしたあとの肌の角栓や毛穴が気になる部分にパックします。

5分~15くらいおいて洗い流します。

よく宣伝であるように、オイルで毛穴から角栓がごっそり!なんてことは実際にはありません。

私はさまざまなオイルを使ってきましたが、一度で角栓がごっそりしたことはないです。
角栓というのは、徐々に小さくなっていくものなのです。

毎日でなくてもいいので、1ヵ月ほど続けてみてください。
毛穴や角栓が小さくなってくるのがわかると思います。

かっさマッサージに使用


かっさ美容も一般的になっているので、知らない人のほうが少ないと思います。

かっさはべっ甲や石、プラスチックなどでできたヘラのようなもので、顔のリンパを流しマッサージができるものです。

ホホバオイルを塗って、かっさで流すと毛穴にオイルが入り込んで徐々に角栓を小さくしてくれます。
またかかっさでマッサージすることで小顔ケアやたるみケアにもいいですよ。

ニキビ肌の方はホホバオイルでのかっさマッサージはあまりおすすめできません。
かっさは固いのでニキビへの刺激になりかねません。

また敏感肌の方はかっさを使用するときに、力をいれずに軽く流すようにしましょう。

あとはお湯で流すか、乾燥肌の方はティッシュオフでもいいです。
肌の状態に合わせて行なってみてくださいね。

クリームファンデーションに混ぜる


つや肌作りにも使うことができるホホバオイル。
クリームファンデーションに1滴混ぜて肌につけると、うるおいつや肌が完成♡

乾燥肌向けのケアになりますが、艶感が出ることで見た目の仕上がりがキレイです。

またホホバオイルを混ぜることによって、肌が乾燥しにくくなる利点があります。
この場合は、日焼け止めを必ず入れてくださいね。

自分の肌に合った使用量を知る


ホホバオイルは自分の肌に合わせて量を調整することで毛穴にアプローチしてくれる、おすすめのオイルです。

酸化しにくいオイルで1年くらいは持つので、無駄なく使える点もいいですよね。

髪やボディケアにも使いたい場合は容量多め、顔だけなら50mlの少なめを選んでみるなどどこに使うか考えてから購入しましょう。

毛穴ケアしながら美肌を目指せるホホバオイルをぜひ取り入れてみてくださいね。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
クリム(ライター)
クリム

大手エステティックサロンにて トータル美容に8年携わる。 コスメコンシェルジュ取得。 @コスメビューティスペシャリスト認定