乾燥時期の髪のパサつきを抑える効果的な方法とは?

乾燥が気になるこの季節、髪の毛のパサつきやごわつきが気になる方は多いのではないでしょうか。さらさらでつややかな髪の毛の人を見ると「あの人、綺麗だな」と目が行きますよね。しっかりとヘアケアをすれば綺麗な髪の毛は目指せます。簡単にできる髪の毛の乾燥対策などをご紹介します。

  1. 髪の毛で変わる印象
  2. 正しい洗い方をする
  3. 熱からのダメージを守る
  4. 自然乾燥はNG
  5. トリートメントをする
  6. 生活習慣を整える
  7. 髪をキレイに

髪の毛で変わる印象


髪の毛がパサついている人の印象をみてみましょう。

  • 老けて見える
  • だらしなく見える
  • 汚らしく見える
  • 女性としての魅力が軽減する

髪の毛がつややかで綺麗な人の印象は

  • 清潔に見える
  • 女性らしい
  • 若々しく見える
  • モテる

髪の毛だけでもこんなに印象が違います。
ヘアケアは後回しにしがちですが、こんなにも見た目の印象が違うとなれば、しっかりとケアしていきたいですね。

正しい洗い方をする


シャンプーでゴシゴシ洗うのはNGです。
この「ゴシゴシ洗い」意外とやりがちではないでしょうか。

オススメな洗い方は

  • ぬるま湯で頭皮の汚れを取る
  • シャンプーを泡立ててから指の腹で洗う
  • 地肌を揉み込むようにマッサージをしながら洗う

ゴシゴシと強く洗ってしまうと、髪の毛が傷ついてしまいます。
髪の毛よりも地肌を洗うイメージで、シャンプーを泡立てて優しく頭皮を洗うのがポイントです。

熱からのダメージを守る


ドライヤーやヘアアイロンの使用で、髪の毛のダメージはどんどん蓄積されてしまいます。

お風呂上がりのドライヤーによる乾燥対策は

  • ドライヤーは髪の毛から20㎝離す
  • 髪の毛が乾いてきたらクールに切り替える
  • 一か所だけに熱を与えない

また紫外線によるダメージも髪の毛が痛む原因です。

日差しが強い時は帽子をかぶるだけでも違いますし、髪の毛用のUVケアもあるので気になる方はチェックしてみましょう。

自然乾燥はNG

  • めんどくさいから
  • 暑いから
  • 時間がもったいないから

とドライヤーを使わずに自然乾燥で済ましてる方は多いのではないでしょうか。

髪の毛が濡れている状態が続くとキューティクルが剝がれやすいので、自然乾燥はせずにできるだけ早くドライヤーで髪を乾かしましょう。

ドライヤーがめんどくさい、暑いからやりたくない。
といった場合には、タオルドライで全体の水気をとり、しばらくタオルで髪の毛を包みましょう。

しっかりタオルドライをすればドライヤー時間が短くなります。
この時、タオルでゴシゴシ拭かず摩擦を出来る限り抑えて拭くのがポイントです。

トリートメントをする


美容院でトリートメントをしても、次の日にはごわごわになってしまいませんか。
ホームトリートメントであれば継続的にお家でヘアケアが出来ます。

リンスの前に行う洗い流すトリートメントの場合

  • シャンプー後の水気をしっかりきってからトリートメントつける
  • トリートメントを付けたらコームで溶かして浸透させる
  • 5~10分くらい置く

流さないトリートメントの場合

  • ドライヤーの前に髪の毛をコームでとかす
  • しっかりタオルドライをしてトリートメントを付ける
  • トリートメントを付けたらまたコームで溶かして浸透させる。

少しの手間で仕上がりが違うので、一度試してみてはいかがでしょうか。

生活習慣を整える


バランスのいい食事は髪の毛をつややかにする近道です。

魚・卵などのたんぱく質や、野菜や納豆などのビタミン、チーズやアーモンドなどのケラチンを摂取する事をオススメします。

バランスのいい食事を意識すれば、髪のごわつきもなくなるかもしれません。

髪をキレイに


髪の毛のパサつきを抑える解決法をまとめると

  • 正しい洗い方をする
  • 熱からのダメージを守る
  • 熱からのダメージを守る
  • 自然乾燥はNG
  • トリートメントをする

簡単にできることばかりなので、正しいヘアケアを習慣化していきましょう。
少しの手間で髪の毛美人に近づきますよ。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
Rolmy編集部(ライター)
Rolmy編集部

Rolmy編集部から、仕事もプライベートも充実させたい20~30代のフルキャリ女性向けに、ニューノーマル時代をより私らしく生き抜くためのヒントをお届けします。