忙しくて掃除や片付けができない…散らかりにくい部屋にするヒントを紹介

部屋が散らかっていると気持ちが落ちるだけでなく、生産性の低下にも繋がります。本記事では、散らかりにくい部屋にするヒントをお伝えします。片付けが苦手な筆者が綺麗な部屋を保てるようになった方法も紹介するので、片付けが苦手な方はぜひ目を通してみてくださいね。

  1. 散らかりにくい部屋のススメ
  2. 散らかりにくい部屋のポイントは「元に戻しやすい」こと
  3. 散らかりにくい部屋にする4つの方法
  4. 散らかりにくい部屋を作る為には、自分のストレスを見極めるのがカギ

散らかりにくい部屋のススメ


誰しもが綺麗な部屋を保ちたいですよね。
綺麗な部屋を保つことによって、探し物の手間が減るだけでなく、集中力もアップすると言われています。

とはいえ、「綺麗な部屋作り」だけを意識しても途中で疲れてしまいすぐに元通り、なんてことも。
そこでおすすめなのが、片付けやすい仕組みを取り入れた「散らかりにくい部屋作り」です。

今回は、散らかりにくい部屋のポイントを踏まえつつ、片付けが苦手な筆者が実践している、散らかりにくい部屋を作る4つの方法をご紹介します。

散らかりにくい部屋のポイントは「元に戻しやすい」こと


散らかりにくい部屋のポイントは「元に戻しやすい」こと。

使ったものを元に戻さないを続けると、必ず部屋が散らかってしまいます。
逆に元に戻しにくい例を考えてみましょう。

届かない位置に使うものを配置している、手前のものを取り出さないととれない位置にあるなど…

元に戻しにくい部屋は、何かと手間がかかってしまうことが多いよう。

これらの状況を回避することが、元に戻しやすい部屋を作るヒントになります。

散らかりにくい部屋にする4つの方法

「よく使うもの」は生活の動線に合わせて置く


「よく使うもの」は、手に取る回数が多い分、部屋の中で定位置が決まらないことが多いです。

そんな「よく使うもの」は、生活の動線に合わせてしっかりと定位置を固定してしまうことがポイント。

まずは、財布・部屋の鍵・バッグなど持ち歩くものの定位置を固定させましょう。
おすすめは、リビングの入口や玄関周り。

生活の流れに組み込まれた位置を定位置とすることで、忘れ物もしにくくなるのでおすすめですよ。

「見える」収納を心がける


散らかりにくい部屋をつくるにおいて、「見える」収納は大切なポイントです。
「見える」収納のポイントが、ものをできるだけ重ねないこと。

  • 化粧品など細かいものは、棚を使って平置きする
  • 衣類はハンガーをなるべく使用し、ハンガーを使用しないものは立てて収納する
  • 収納ケースはなるべく透明なものを使用する

「見える」収納を徹底することによって、ものの位置が分かりやすくなり、散らかる理由のひとつ「探しもの」の回数を減らします。

インテリアに合わせたをゴミ箱を配置

インテリアで良くある悩みがゴミ箱の量。
ゴミ箱が増えるとゴミをまとめる回数が増えてしまうのではないか?と悩む方も多いようです。

結論から言うと、散らかりにくい部屋にはゴミ箱が必須です!
ゴミ箱の数を減らしてしまうと、単純にゴミを捨てたい時の手間が増えてしまうからです。

「手間」は散らかりにくい部屋の大敵。
部屋を一から片付けるよりは、まとめる回数が増えてもゴミ箱を増やした方が、圧倒的に手間も時間もかかりません。

一時避難BOXを1つだけ設置する

どうしても忙しくて物を元に戻す時間がない瞬間もありますよね。

置きっぱなしにしてしまったり、適当に片付けてしまったりすることが続くと、せっかく綺麗に片付けてもすぐ元通りに...

そんな時の為に「一時避難BOX」を設置しましょう。
「一時避難BOX」を設置することによって、一時的な物の散乱を防ぎます。

同じ箱になんでも投げ込むのは罪悪感がありますが、片付けるべきものがはっきりと認識できるので、後からの片付けも楽ちんですよ。

散らかりにくい部屋を作る為には、自分のストレスを見極めるのがカギ


誰しもが無意識にストレスによって行動を妨げられています。

片付けにおいて、そんなストレスを根本から解消してくれるのが「散らかりにくい部屋」です。

また、散らかりにくい部屋を作る為には、完璧な綺麗な部屋を目指すのは逆効果。

「めんどうだな」という自分の心の声に耳を傾けることによって、散らかりにくい部屋を作るヒントが生まれるでしょう。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
MACO(ライター)
MACO

心ときめくことを人生の指針として生きるゆるライター。頑張らない美容法や、自分へのご褒美を日々探求中。