2021.04.20

メイクのプロ直伝!夜になってもテカらない最強ベースメイク講座♡

「ベースメイクのテカりやべたつきが気になる。くずれない方法は?」春・夏は気温と湿度が上昇するので、ベースメイクがテカりやすくなります。この記事ではプロのメイクの資格を持つ筆者が“テカり防止のテクニック”と“おすすめのテカらないベースメイクアイテム”をご紹介します。

ベースメイクがテカる原因


テカりの主な原因は、汗(水分)と皮脂(油分)です。
汗は体温調整のために分泌されるので、気温と湿度が上昇する春・夏に分泌量が増えます。

皮脂の分泌は若い世代ほど活発で、思春期から急激に増えていきます。
顔の中でも皮脂量が多くなりやすいのはTゾーンです。

皮脂も気温と湿度の上昇で分泌量が増えるので、これからの時期はテカりが発生しやすいと言えます。

テカり防止テクニック【スキンケア編】


日中のベースメイクのテカりを防止するには、スキンケアでの土台作りが大切です。
気温・湿度が高い季節は、ミルクやクリームの使用を避ける方も多いですよね。

しかし保湿が不十分だと、肌はうるおいを補充しようと余計に皮脂を分泌してしまいます。
テカりを防ぐために、スキンケアでは以下のポイントを取り入れてみましょう。

【夜のスキンケア】

ローション・ミルク・クリームの使用量を守り、うるおいを与えましょう。
べたつきが気になる方は、さっぱりタイプに切り替えてもいいでしょう。

手のひらで触ったときに“もっちり吸い付くくらい”のあと肌感が理想です。

【朝のスキンケア】

気温と湿度が高い季節は、寝ている間に余分な汗や皮脂が多く分泌されます。
メイクの前に洗顔料で汚れをすっきり洗い流しましょう。

朝の保湿はTゾーンのミルクの量を少なめに調整するとテカりを予防できます。

テカり防止テクニック【ベースメイク編】

【化粧下地】

「日焼け止めを塗っているから…」と化粧下地を省くのはNG。
テカり防止に化粧下地は必須アイテムです。

化粧下地は肌とファンデーションの密着度を高める“接着剤”のような役割があります。
“化粧のり”と“化粧もち”がアップするので必ず使いましょう。

化粧下地は使用量を守り、お顔全体に手のひらで薄く伸ばしたあと、やさしくなじませてください。
なじませ方が甘いと、メイクがくずれやすくなるので注意しましょう。
 
【おすすめの化粧下地】
花王 プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地
3,080円(税込) SPF20  PA++

出典:プリマヴィスタ|花王(外部リンク)

美容雑誌のコスメアワード常連で、口コミの評価も高い人気の化粧下地です。
汗・皮脂に強く、1日中きれいな状態が続きます。

こまめに化粧直しができない日、気温・湿度が高い日のテカり対策におすすめです。

【ファンデーション】

テカリを防止するためには、ファンデーションも季節に合わせて切り替えるのが理想です。

気温・湿度が高い季節は、汗や皮脂に強いタイプのファンデーションを選ぶと良いでしょう。
剤形的には油分の少ないパウダリィファンデーションが最もテカりに強く、くずれにくいです。

【おすすめのファンデーション】
KOSE ファシオ ラスティング ファンデーション WP
全5色 各1,980円(税込) SPF30 PA+++
ファンデーションケースM 550円(税込)

出典:ファシオ(外部リンク)

皮脂プルーフ・ウォータープルーフ機能のファンデーションです。
パウダーがなめらかにのび、気持ちのよいつけ心地。

汗・水・皮脂にもくずれず、夜までテカり知らずの美しい肌をキープできます。
 

【ルースパウダー】

最後にワンポイントテクニックとしてテカり防止にルースパウダーを使用するのもおすすめです。

朝のメイクの仕上げに使用しても良いですし、昼休みなどテカりが気になったときに、さっとお直しできる便利なアイテムです。
 
【おすすめのルースパウダー】
資生堂 マキアージュ ドラマティックルースパウダー
3,850円 (税込) SPF15 PA+
全2色(ルーセント/ナチュラルベージュ)

出典:ワタシプラス/資生堂(外部リンク)

ツヤと透明感のある仕上がりになる微細パウダー。粉っぽさがなく肌なじみも良いです。
化粧くずれに強いパウダーで、つけたての仕上がりが持続します。

※13時間 化粧もち(皮脂くずれ・くすみ・毛穴落ち・粉ふき)データ取得。(※公式サイトより引用)
 

テカり知らずの最強ベースメイク術で、夜まで美肌をキープ


ベースメイクがテカってくると、仕事中も気になってしまいますよね。
きちんとテカりの原因に合わせた対策をしていれば、長時間テカりを抑えることは可能です。

今回の“テカり防止テクニック”と“テカりに強いおすすめのアイテム”を上手に取り入れて、気温・湿度が高い季節でも夜まで美肌をキープしましょう。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
わかな ゆい(ライター)
わかな ゆい

現役化粧品メーカー勤務のWebライター

東証一部上場の化粧品メーカーで10年以上勤務。美容トレーナー経験があり、コスメ・エステ・メイク・サプリの専門知識が豊富。本業でJMA(日本メイクアップ技術検定)1級、 認定フェイシャルエステティシャン、サービス接遇検定2級、コスメ薬事法管理者の資格保有。現在は経営コンサルタントとして首都圏のエステ店15店舗を担当。

このライターの記事を見る