2022.02.14

「もう無理だ。限界。」仕事がつらいときに試してほしい3つの対処法

毎日忙しいと「あ、もう無理だ。」「ストレスで限界。」とつらくなってしまうこともありますよね。まじめで一生懸命な女性ほど、がんばりすぎてしまうものです。この記事では「もう無理だ。」と思っている女性に試してほしい、3つの対処法をご紹介します。

あなたが「もう無理だ。」と思ってしまう一番の原因は?


「もう無理だ。」と心が折れそうなときは、誰になんといわれようと自分の心と体を優先してください。
そして「もう無理」だと思う一番の原因をまずは突き止めましょう。

仕事が無理……という方も、業務量、業務内容、職場環境、人間関係など原因となるものはさまざまです。
原因がわかったらストレスの原因からは、なるべく距離をおくようにしましょう。

自分を守れるのは基本的には自分だけ。
気持ちが落ち着くまでは、ストレスの原因に近寄らないことが一番です。

関連記事

<もう無理だと思ったときの対処法1>できるだけ休む


「もう無理だ。」と思ったときには心と体を意識的に休めるようにしてください。
ダラダラ過ごすことに罪悪感を抱く女性もいるかもしれませんが、「もう無理」と思うほどがんばってきたのですから少し休んでも大丈夫です。

「もう無理だ。」と思ったときには次のような対処法がおすすめです。

「もう無理だ。」と思ったときの休み方


・時間を忘れてのんびり好きなことをして過ごす
・リラックス効果のあるアロマや音楽を試す
・お気に入りの寝具でたっぷり睡眠をとる
・自然のなかでゆったりする時間をつくる
・ヨガやストレッチなどで適度に運動をする

休み方に正解はありませんので、自分の気持ちが一番休まる方法で心と体をリラックスさせましょう。

関連記事

<もう無理だと思ったときの対処法2>気持ちを割り切る


「もう無理だ。」と思ってしまう女性は、どうしても自分を責めてしまいがちです。
まずは自分自身の感情を認めて、「もう無理だ。」と思うのも仕方ない、人間だものと割り切ってしまいましょう。

「もう無理だ。」と思ったときの気持ちの割り切り方


・「今の環境が全てじゃない」と考える
・「自分の気持ちが第一優先でいい」と考える
・「他人は他人、そういう人だから仕方ない。」と考える

あなたがどんなにがんばっても他人だけはコントロールできません。
イヤな人には「期待せず、割り切って付き合う」ようにして、必要以上に関わらないようにすると気持ちもラクになりますよ。

<もう無理だと思ったときの対処法3>思いっきり好きなことをする


少し気持ちが回復してきたら、思いっきり自分の好きなことを楽しんでストレスを発散しましょう!
普段はいろいろガマンをして過ごしているかもしれませんが、こんなときは少しくらい自分を甘やかしても大丈夫です。

「もう無理だ。」と思ったときのリフレッシュ方法


・おいしいものを好きなだけ食べる
・欲しいものをガマンせずに買う
・趣味に没頭する時間をつくる
・旅行などで非日常を味わう

オシャレが好きな方は髪型やメイク、服装を変えてみるのもおすすめです。
外見をほんの少し変えるだけでも気分が前向きになりますよ。

関連記事

<3つの対処法>を試しても「やっぱり無理だ。」と思うときは


3つの対処法を試しても、つらさが変わらないときはかなり心配な状態です。
「もう無理。限界。」というところまで来てしまっている女性は、誰かに助けを求める、思い切って逃げることも検討しましょう。

誰かに助けを求める


休んだり、気持ちを割り切ったり、リフレッシュをしてもつらい状況が変わらないときは、自分一で解決できる範囲を超えているのかもしれません。

「恥ずかしい」なんて思わずに、ぜひ周りの人間に助けを求めてみましょう。
信頼できる家族や友人に、親身に聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなることもあります。

もし身近に相談できる人がいないなら、職場の人事部などに状況を聞いてもらうのもいいでしょう。
状況によっては部署や配置替えなどを検討してくれることもあります。

思い切って逃げる


誰かに助けを求めても解決しないときは、思い切って逃げることも検討しましょう。
今の職場や仕事そのものが原因なのであれば、転職や休職も有効な手段です。

「次の職場が見つかるか不安。」「休職するとキャリアが中断されるのが心配」という女性もいるでしょう。
しかし心や体を壊してしまっては、それこそ取り返しがつきません。

今は転職や休職は珍しくない時代ですし、自分の心と体を一番に考えてもバチはあたりません。
自分の生き方を見つめなおすいい機会だと前向きに考えましょう。

「もう無理だ。」と思ってもいい!自分をいたわってあげよう


毎日忙しいとストレスもたまり、心が折れてしまいそうになることもありますよね。
がんばり屋さんの女性ほど、限界を超えても歯をくいしばって無理してしまいがち。

自分を責めすぎず、自分の心と体を第一優先に考えてくださいね。
生きていれば「もう無理だ。」と思うことは誰にでもあり得ます。

人生100年時代といわれている今、自分が気持ちよく生きていくためには一度立ち止まって考える時間も無駄にはなりません。
まずは3つの対処法を試して、心と体をしっかりと回復させてあげましょう。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
わかな ゆい(ライター)
わかな ゆい

現役化粧品メーカー勤務のWebライター

東証一部上場の化粧品メーカーで10年以上勤務。美容トレーナー経験があり、コスメ・エステ・メイク・サプリの専門知識が豊富。本業でJMA(日本メイクアップ技術検定)1級、 認定フェイシャルエステティシャン、サービス接遇検定2級、コスメ薬事法管理者の資格保有。現在は経営コンサルタントとして首都圏のエステ店15店舗を担当。

このライターの記事を見る