2021.11.19

髪の傷みにくい市販ヘアカラーの選び方5選|髪が傷みやすい原因は?

時間がなくて美容院にいけない。美容院は苦手。そんな時、市販のヘアカラーに挑戦してみたいと思いますよね。でも、市販のヘアカラーは髪が傷みやすいのが事実です。市販のヘアカラーで髪が痛む原因と、髪が傷みにくいヘアカラーの選び方を解説します。

ヘアカラー剤によって髪が痛む理由


「市販のヘアカラーは髪が傷むからやめた方がいい」と、美容師から言われたことはありませんか?

髪の専門家である美容師が、市販のヘアカラーをすすめないのには理由があるんです。
なぜ市販のヘアカラーは髪が傷みやすいのか、その理由を見ていきましょう。

関連記事

髪が傷みやすい成分が入っている


市販のヘアカラーには髪が傷みやすい成分が入っています。
そのため、髪へのダメージが大きいです。

ここでポイントとなるのが、ヘアカラーで使用するアルカリ剤。
サロンカラーでは蒸発しやすいアルカリ剤を、市販のヘアカラーでは蒸発しにくいアルカリ剤を使います。

髪はもともと弱酸性。
蒸発しにくいアルカリ剤は、カラーをした後も髪に残る可能性が高いです。

その結果、髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

ヘアカラー剤によって過剰に髪が染められている


市販のヘアカラー剤で染めると、過剰に髪を染めることになり得ます。
なぜなら、市販のヘアカラーはどんな髪質でも染まるようになっているから。

脱色作用がある過酸化水素の濃度が高いんです。
つまり、一度も染めていない根本も色が抜けて傷んだ毛先も、同じ強さで染めることになります。

強いカラー剤で根元から毛先まで染めることは髪に大ダメージ。
特に、ダメージのある毛先はさらに傷む可能性が高いでしょう。

髪が傷まない市販ヘアカラーの選び方5選


市販のヘアカラーが傷みやすいのは事実です。
でも、どうしても市販のヘアカラーを使いたい時もありますよね。

実は、市販のヘアカラーの中には、髪が傷みにくいものがあるんです!
どんなヘアカラーを選んだらいいのか、5つのポイントを紹介します。

クリームタイプのヘアカラー剤を選ぶ


市販のヘアカラー剤には、さまざまな種類があります。

その中でも、髪が傷みにくいのがクリームタイプのヘアカラー剤。
泡タイプのヘアカラー剤に比べて、薬剤の強さが優しいと言われています。

クリームタイプのヘアカラー剤の特徴は、しっかりと髪が染まりやすいこと。
カラー剤が髪に密着しやすく、液だれもしにくいです。

しかし、塗りにくいので初心者向けではありません。
そのため、市販のヘアカラーが初めてな人、ロングヘアの人はクリームタイプよりも泡タイプの方が適している場合もあるでしょう。

傷みにくい成分が入ったヘアカラー剤を選ぶ


保湿成分や補修成分など、トリートメント効果の高い成分が入ったヘアカラー剤を選びましょう。
そのような成分が配合されていると、髪へのダメージを軽減することが可能です。

  • 毛髪保湿成分…ホホバオイル・椿オイルなど
  • 毛髪補修成分…シルクプロテイン・加水分解ケラチンなど

上記のような成分が配合されたヘアカラーを選ぶと、傷みにくいだけではなく色持ちも良くなりますよ。

口コミをチェックしてから買う


口コミをチェックしてからヘアカラー剤を買いましょう。
その理由は、商品説明ではわからないリアルな感想を知ることができるから。

商品レビューを見たりSNSで口コミを見たり、YouTubeでのレビュー動画も参考になりますよ。
使用感やカラーした後の髪の状態、染まり具合など、たくさんの口コミをチェックしてみてください。

口コミをチェックすることで「傷みにくいヘアカラー剤なのか」「自分の髪質にあっているのか」など、わかるはずです。

明るすぎない色合いで選ぶ


セルフカラーをする時は、明るすぎない色合いを選ぶと傷みにくいです。

なぜなら、明るい色合いにするほどカラー剤の強さがアップするから。
色味を明るくすればするほど、髪が傷みやすくなります。

また、明るすぎない色合いなら、セルフカラーでの色ムラが目立ちにくいのもポイント。
すなわち、暗めのヘアカラーの方が失敗しにくいです。

地毛が4~5トーンなので、7~8トーンを選ぶとナチュラルに仕上がるでしょう。

トリートメントがついているものを選ぶ


市販のヘアカラー剤を選ぶ時は、付属品にも目を向けましょう。
髪へのダメージを抑えたいなら、トリートメントがついているものを選ぶようにしてください。

ヘアカラーをした後は、キューティクルが開いてしまっています。
髪の栄養分が流れやすい状態です。

ですから、ヘアカラー後はトリートメントをつけてキューティクルを引締め、閉じることが大切。
ヘアカラーをした後、何もケアをしないと色が抜けやすいだけではなく、髪へのダメージが大きくなるでしょう。

もし、トリートメントのついていないヘアカラー剤なら、別で用意する必要がありますよ。

関連記事

傷みにくい染め方のコツ


傷みにくいヘアカラーを選んでも、染め方が間違っていると髪が傷みやすくなります。

染め方によって、髪へのダメージが変わってくると言っても過言ではありません。
傷みにくいヘアカラーのコツをつかんで、髪へのダメージを軽減させましょう。

シャンプーの仕方に気をつける


シャンプーの仕方に気をつけることが、1つ目のコツです。

カラー剤が髪に残ってしまうと髪や頭皮にダメージを与えます。
しっかり洗い流すことが大切です。

シャンプーの仕方は以下のとおり。

  1. カラー剤に少しお湯を混ぜて軽くマッサージをする
  2. 38度前後のお湯でカラー剤の色が出なくなるまですすぐ
  3. 優しく頭皮マッサージするようにシャンプーをする

シャンプーの仕方を変えるだけで、髪が傷みにくくなりますので、試してみてくださいね。

寒すぎない部屋で染める


市販のヘアカラーをする時、室温にも気をつけましょう。
寒すぎない部屋で染めることが大切です。

なぜなら、寒い部屋だと染まりにくいから。
ヘアカラーは室温20度から30度で染めることを基準に、放置時間が決まっています。

そのため、寒い部屋でヘアカラーをすると、なかなか染まらず放置時間が長くなる可能性も高くなるでしょう。

放置時間が長くなると、髪へのダメージは大きくなります。
髪の傷みを軽減したいなら、20度以上の部屋でヘアカラーをしてくださいね。

薬剤は多めに用意する


市販のヘアカラーをする時は、薬剤を多めに用意することを忘れずに。
その理由は、薬剤が足りないと、ムラになるなど失敗の原因になるからです。

染めはじめてからカラー剤が足りないと気づいても、どうすることもできません。

薬剤が足りなくて失敗、そして染め直しをする……。
それこそ髪が傷んでしまいます。

1箱でセミロングを染められるとされていても「全然足りなかった」なんてことが多いのも事実です。

髪の長さや毛量、毛質を考慮して、薬剤は多めに準備してくださいね。

関連記事

市販のヘアカラーとサロンカラーの違い


美容院でカラーした時と、セルフカラーした時とでは、仕上がりに大きな違いがあります。
では、市販のヘアカラーとサロンカラーの違いってなんだと思いますか?

1つ目は、この記事で紹介したように、使う薬剤が違うこと。
2つ目は、知識と技術の違いです。

どのような知識と技術が違うのか、詳しく見ていきましょう。

調合する美容師の知識量が違う


美容師は、薬剤や調合についての知識が豊富です。

専門知識があるので、髪へのダメージを最小限にした調合ができます。
ダメージレベルに合わせて「根本・中間部分・毛先」と配合を変えることも可能。

その人に合った調合でカラーをするので、傷みにくいだけではなく仕上がりも綺麗です。
髪の専門家だからこその知識量で、オーダーメイドのカラーが実現します。

髪の傷みにくい市販ヘアカラーは増えている


髪が傷みにくい市販のヘアカラーは増えています。
でも、セルフカラーを繰り返すと、髪はどんどん傷むのも事実です。

市販のヘアカラーは、美容院に行けない時や金欠の時など、理由がある時だけ使用する方がいいでしょう。

また、市販のヘアカラーをする前はパッチテストを忘れずに。
肌が大丈夫か確認してからヘアカラーするのが基本です。

市販のヘアカラーを使うのなら、傷みにくいものを選んで、傷みにくい染め方でカラーしてくださいね。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
tomo(ライター)
tomo

アダルト・恋愛ジャンルが得意なママライター

蠍座A型のアラサー。気になる事はとことん調べる性格で、恋愛心理からエッチなテクニックまで知識に自信あり。読者の悩みを解決するお手伝いができたらと思っています。

このライターの記事を見る