2022.02.10

メガネフェチな女性が急増中♡メガネ男子がモテる理由と人気の秘密

メガネをかけている男性が好きだという『メガネフェチ』の女性が増えているって知っていましたか?メガネフェチの女性はなぜメガネ男子に惹かれるのでしょうか?メガネ男子の素敵な魅力やモテる理由、女子ウケするポイント、人気のメガネまで徹底解説します。

メガネフェチな女性が増えているって本当?


『メガネフェチ』という言葉を聞いたことがありますか?
メガネが似合う相手のことが気になったり、好きになったりしやすい人のことです。

『メガネ男子』が好きだという、メガネフェチの女性が最近増えています。
数年前から『メガネ男子』の写真集が売れるなど、その人気は増すばかり。

実際にメガネをかけている男性は、モテたり女子ウケがよかったりする傾向にあるようです。

なぜ、今メガネ男子が人気なのでしょうか?
メガネフェチの女性が、メガネ男子に惹かれる理由を解明していきたいと思います。

関連記事

メガネ男子の魅力6選


まずは、メガネ男子の魅力について解説します。
メガネフェチの女性は大勢いますが、惹かれるポイントはそれぞれ違うのです。

個性豊かなメガネ男子の魅力や萌えポイントについて解説していきます。
あなたもメガネ男子の魅力にハマってしまうかもしれません。

知的でインテリな雰囲気


メガネ男子といえば、知的なイメージが特徴。
「頭が良さそうでインテリっぽい」と感じる人が多いのではないでしょうか?

これが、メガネフェチの女性がメガネ男子に惹かれる1番の理由かもしれません。

仕事ができそうなイメージが強いところも魅力です。
実際に仕事がバリバリできる、かっこいいメガネ男子は多いと思います。

このタイプのメガネ男子に惹かれる女性は、スーツとメガネの組み合わせにも弱いのではないでしょうか。

クールでスマートなイメージ


メガネ男子のなかには、クールでスマートなイメージの人も多そう。
実際にクールで冷静なメガネ男子はたくさんいるでしょう。

そんな彼がふと見せてくれる優しさや笑顔に、メガネフェチの女性達はハマってしまいます。
理系男子や、研究職に多いタイプですね。

メタルフレームのメガネをかけていると、よりクールに見えそうです。
そんな彼が、自分にだけ甘えた表情を見せてくれるとドキドキしちゃいます。

色気がありセクシーな雰囲気


メガネ男子のなかには、色気があってセクシーな人もいますよね。

多くを語らずに一歩引いたスタンスで、ミステリアスなイメージです。
クールな外見やファッションであることも多く、そんなところが大人の色気につながるのかもしれません。

このタイプの男性は細身ですらりとした体型の場合が多いです。
線の細い体ですが、実は細マッチョだとさらに色気が増すでしょう。

普段はコンタクトだけど、時々メガネをかけていると大人っぽく見えるという場合も。
メガネの奥からセクシーなまなざしで見つめられたら、好きになってしまいそうです。

メガネフェチの女性はメガネ男子のギャップに弱いので、一瞬で恋に落ちてしまいます。
ワイルドな雰囲気のメガネ男子も、このくくりに入っているパターンが多いよう。

ワイルド系のメガネ男子は、髭を生やしてレザーアイテムを愛用しているイメージ。
髭とメガネの組み合わせが素敵で、悪そうな雰囲気に女性は惹かれてしまいます。

やんちゃな雰囲気のメガネ男子が自分にだけ甘えてくる、という王道パターンにやられる女性は多いでしょう。

おしゃれでファッションセンスがある


最近はファッションアイテムとしてメガネをかけている人も多いです。
その影響もあり、メガネ男子といえばおしゃれというイメージが強くなりました。

このタイプの男性は、フレームにこだわる事が多いです。
流行の形や、個性が出せるメガネをかけていますよね。

合わせるのが難しいラウンド型フレームが似合う、おしゃれ上級者のメガネ男子はさすがだと思ってしまいます。
実際に『メガネ男子=モテる』という構図になったのは、おしゃれなメガネ男子が増えたのがきっかけです。

服飾系の学生や、アパレル系の職業にこういったメガネ男子が多くいます。
美容師やクリエイティブ系の職業でも見かけますよね。

やさしそうなイメージなので、かなりモテる人が多いです。

まじめで誠実な人柄を感じる


王道のメガネ男子といえば、まじめで誠実そうな人が多いです。

きちんとした職場に務めていて親世代からの印象も良く、結婚相手として抜群の人気を誇ります。
銀行や役所に勤務している堅実なタイプに多く、結婚を意識した大人の女性に人気です。

性格的には周囲をしっかりとまとめるタイプで、学生時代には生徒会や部活のキャプテンなどをやっていたかもしれませんね。
スポーツマンのメガネ男子も、このようなタイプが多いです。

スポーツもののマンガやドラマでは、チームに1人はメガネ男子が出てくることがあります。
このへんの需要が関係しているのかもしれません。

繊細さもある雰囲気イケメン


メガネ男子のなかには、繊細な魅力を持つ人もいます。

芸術系や文系の、落ち着いた男子に多いかもしれません。
繊細な部分があるので、共感力が強くて優しい人が多いです。

細かいところまで気を配ってくれるタイプなので、彼氏にするならこんな人がいいですね。
そして、最近人気なのが雰囲気イケメンのメガネ男子。

わかりやすいイケメンや美形タイプではありませんが、自己プロデュースに長けています。

髪型やファッションで、イケメンな雰囲気を出すのがじょうずです。
その一環としてメガネを小道具に使っています。

アンニュイで気だるげな雰囲気があり、色っぽさやセクシーさにつながっています。

人気の俳優や、モデル、アーティストには、このようなタイプが多いですよ。
このタイプのメガネ男子は非常にモテるので、彼氏になったらハラハラしっぱなしかもしれません。

メガネフェチがときめくメガネ男子の動作とは


メガネ男子の魅力6選をお伝えしました。

納得できる部分が多くあったのではないでしょうか?
メガネ男子の新たな魅力にも気付いていただけたかと思います。

ここからは実際にメガネフェチの女性が、メガネ男子のどんな行動にドキドキしているのかを解説します。
メガネ男子が何気なく行っている日常の所作ですが、そのさりげない一瞬にメガネフェチの女性はときめいているのです。

では、さっそく見ていきましょう!

メガネを外す動作


メガネ男子あるあるだと思いますが、不意にメガネを外す時がありますよね。
その一瞬に、メガネフェチの女性達は注目しています。

長時間のパソコン作業で目が疲れた時や、目のまわりがかゆくなった時。
ちょっとメガネを外したくなりますよね。

そんな時、普段は見られない素顔を見ようとメガネフェチの女性達は必死です。
「メガネをかけていない時の顔はこんな感じなのね」と、なかなか見られないレアな表情をチェックしたいからです。

気だるげに目の周りをマッサージするメガネ男子にも弱いです。
お疲れなメガネ男子を癒してあげたい……と母性本能が刺激されるでしょう。

メガネの位置を直す仕草


忙しく動き回っている時やスポーツをしている時、メガネがズレてしまうことがありますよね。
そんな時に、メガネの位置を直す動作をするメガネ男子を見かけます。

これもメガネフェチの女性がときめく瞬間です。

ちょっと戸惑ったのちに、メガネのズレをなおして普段の冷静さを取り戻す様子。
そんな姿が見られるので、メガネの位置を直す所作も人気です。

メガネを上に押し上げる動作


メガネがズレた時とちょっと似ていますが、少し違います。

メガネが下がって来た時に、メガネ中央のブリッジ部分を指で押し上げる様子。
ちょっとイヤミで偉そうな感じもしますが「それがいい!」という声もあるようです。

同じような動作で、サイドのテンプル部分を持ち上げるパターン。
この動作もちょっとSっ気が感じられるのでときめく、という女子が多いです。

クールなメガネ男子がこの動作をしていたら、最高だと感じそう。
メガネを上げる動作は「セクシーで色っぽい」という声があるのも納得です。

目を細める動作


メガネ男子の多くは視力が悪くてメガネをかけているので、見づらい時に目を細めることがあります。

この表情が好きだというメガネフェチ女性が意外と多いことにも注目です。
目を細める時に、素の表情が見られるのが魅力なのでしょう。

普段は冷静でクールなメガネ男子の必死な表情が見られる!と人気です。

関連記事

普段は掛けていない男子がメガネを掛けた時のギャップ


メガネ男子のなかには普段からメガネをかけている人と、そうでない人がいます。
コンタクトレンズと併用しているというメガネ男子も意外と多いですよね。

そのような場合は、メガネをかけている時と普段のギャップにドキドキするというパターンが多いです。

見慣れないメガネ姿だと、そのギャップにやられて恋に落ちてしまうのかもしれません。
どんなギャップで、メガネフェチの女性が恋に落ちるのかを考察していきます。

スポーツの時はコンタクト


スポーツ中はコンタクトレンズ使用で、それ以外の時にはメガネ着用というパターン。
スポーツ選手でも、このパターンの人は多いです。

メガネを使用していると、スポーツ中に激しく動いた場合にズレてしまいます。
そのため競技中は、コンタクトレンズにしているという選手が多いです。

そんなスポーツ男子が、オフの日にはメガネを愛用しているというパターン。
競技中の闘争心溢れる表情とは違い、穏やかな表情を見せてくれます。

そんなギャップにメガネフェチの女性は参ってしまうのです。

仕事や勉強の時だけメガネ


次は、仕事中や勉強中にだけメガネをかけるというパターン。
学生だと、授業中だけメガネをかける男子がいますよね。

裸眼でもなんとなく見えるのでメガネをかけずに過ごせますが、授業中は黒板が見えないと困ります。

そういった場合、授業中にだけメガネをかけることになるのでしょう。
社会人男性でも、パソコンを使用する時はメガネをかけるという人がいます。

ブルーライトカット用のメガネが増えているので、この傾向が増えていますよね。
きっと、オフィスでメガネフェチな女性達の心をつかんでいることでしょう。

自宅ではメガネ


外出時はコンタクトレンズだけれど、自宅ではメガネという人も多いでしょう。

彼氏が普段はコンタクト愛用者だという場合、自宅でだけメガネ姿になるのでは?
そんな貴重な姿を見られるのは彼女だけの特権です。

オフの時間を過ごす彼のリラックス感あふれる表情にギャップを感じる、というメガネフェチ女性は多いでしょう。
きっと母性本能をくすぐられるに違いありません。

髭+メガネ


昔はメガネ男子といえば、真面目なイメージを持たれることが多かったです。
しかし最近はファッションとしてメガネを楽しむ人が増えたこともあり、様々な種類のメガネ男子がいます。

女性からの支持が意外にも高いのが、悪そうなタイプのメガネ男子です。

少し前で言う『輩(やから)系』男子のメガネ姿に萌えた女性もいるのではないでしょうか?
または、映画やドラマなどに出てくるインテリヤクザのメガネ姿にキュンとするパターンも。

今も昔も、女性はちょっと悪い男に惹かれてしまうもの。

最近では、無精髭を含むひげ+メガネ姿のワイルド系おしゃれ男子が人気のよう。
ニュータイプのメガネ男子として注目していきたいですね。

関連記事

メガネフェチ女子に人気♡男子にかけてほしいメガネの種類


メガネ男子が人気な理由をご紹介しました。

ところで実際にメガネ男子にかけて欲しいメガネは、どんなデザインなのでしょうか?
ここからは、人気のメガネフレームをご紹介します。

メガネ男子の彼氏に新しいメガネをプレゼントする時の参考にしてください。

黒縁メガネ

まずはシンプルな黒縁メガネ。
オーソドックスでシンプルなので人を選ばないです。

フレームも今っぽい形なので、シンプルながらもおしゃれにきまります。
どんなファッションにも合わせやすいのがポイントです。

メタルフレーム

クールな理系男子がかけていそうなメガネ。
ちょっと冷たそうに見えるところも高ポイントです。

かけている人は少ないですが、似合う人はとても似合うのがこのタイプ。
白衣男子がかけていると最強ですね。

ボストン型

おしゃれな人がかけている印象が強いのはボストン型。
女子ウケがよくてモテるメガネといえば、ボストン型かもしれません。

こなれて見えるので大人っぽいイメージになります。
やさしい雰囲気に見せてくれるのも特徴です。

オーバル型

オーバル型のメガネは、楕円形が特徴的。
なじみやすくて優しげな印象になれるのがポイントです。

卵型の顔の人に似合います。
ナチュラルでおだやかな雰囲気に見られたい人にもおすすめです。

スクエア型

スクエア型のメガネは、横長で角があるのが特徴。
知的な印象でスタイリッシュに見えますよ。

スポーツ系男子がかけていることも多く、頼りがいがあるイメージに見えます。
好感度の高いかっこいい系メガネ男子をめざすなら、スクエア型がおすすめです。

ウェリントン型

ウェリントン型のフレームも、おしゃれ度が高いです!
クラシカルですが、遊び心を感じる形でファッショナブル。

縦幅があるのが特徴で、かけると小顔に見えますよ。
大人のおしゃれな男性というイメージになります。

ラウンド型

俳優さんやモデルさんがかけていることも多いのが、ラウンド型のメガネです。
おしゃれ上級者向けのメガネでもあります。

おしゃれなメガネ男子が愛用していることもあり、ファッショナブルなイメージが強いです。

知的で個性的な印象に仕上げたいなら、ラウンド型がおすすめ。
やさしげなイメージも演出できるので、女子からもモテそうです。

メガネフェチ女性がメガネ男子に惹かれるのには理由があった


メガネフェチの女性がメガネ男子に惹かれる理由や、メガネ男子の魅力についてご紹介しました。
今まで関心がなかった人にも、メガネ男子の魅力が伝わったのではないでしょうか?

あなたのまわりにも素敵なメガネ男子がいるはずです。
素敵なメガネ男子を見つけて、その魅力にハマってみてはどうでしょうか。

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
早乙女フミカ(ライター)
早乙女フミカ

ファッション美容恋愛メインのオールジャンルライター

大手アパレル勤務時にレディースブランド2店舗を担当。その後ファストファッションブランドに転職、レディースとメンズを担当。異性ウケするファッションが得意。美容好きのコスメマニアでもあります。趣味が高じてコスメ薬事法管理者資格と化粧品検定3級を取得。読書が趣味で図書館にも長年勤務していたので本についての知識も豊富。

このライターの記事を見る