「若い」と感じる女性はここが違う!アラサー女子が意識すべきポイントとは?

20代前半まではさほどお手入れをしていなくてもお肌のハリや潤いもあり、見た目の老け感はあまり感じません。しかしお肌の曲がり角を迎えたアラサー世代はズボラにしていると老けの加速度がスピードアップしてしまいます。そこでアラサーになったら気をつけてお手入れしたいポイントを説明しますね。

  1. アラサーは若いと老けの分かれ道
  2. アラサー若さの秘訣はこの3点のお手入れで決まる
  3. トレンドに敏感だと若く見られる

アラサーは若いと老けの分かれ道


入社して10年近くたつと30歳前後の方が多くなりますよね。
「AさんとBさんって同期で同い年なの?Aさんのほうが断然若見えするよね」新入社員の女子たちのささやきが聞こえてきそうです...。

アラサーからは「若見え女子」と「老け顔女子」の分かれ道なのです。
若見え女子を目指すためには、ちょっとした努力を継続していくことで変わってきますよ。

アラサー若さの秘訣はこの3点のお手入れで決まる

年齢を重ねてもキレイな女性はたくさんいます。

キレイのチェックポイントはまずお肌。
シミやくすみのない透明感のお肌はとても若々しく見えますよね。

髪もさらさらの艶髪は若さの象徴!
そして変わらないキレイなスタイルを維持している方が若見え女子と言えるでしょう。

どこを気をつけていけばいいか、ポイントをチェックしてみてくださいね。

お肌がキレイ

元々持っている肌質は人それぞれですが、共通事項として気をつけたいのが、日焼け。
UVケアは夏場だけでなく1年中必要です。

お顔だけでなく、デコルテやうなじ、手や足の甲まで日に当たる部分はすべてUVクリームをつけましょう。

紫外線はシミだけでなくシワもできるので、通勤時には紫外線を浴びているはずです。
SPF20くらいのもので充分なので毎日つけていると、数年後のシミとシワの状態が違います。

コスメでは美容液を取り入れるといいですよ。
美白ケアに特化した美容液はシミ予防にも効果的です。

お肌をくすませない透明感のあるお肌作りをしていきましょう。

髪が艶々

以前はくせ毛がなかったのに、年々うねりが出てきた。
またカラーやパーマで髪質がごわごわしてきたなどの悩みも増えてきます。

シャンプーとコンディショナーだけでなく、トリートメントも取り入れてみると髪の状態がかなり良くなります。

ロングヘアの方は、インバストリートメント以外にもアウトバスタイプも使ってみてくださいね。
毛先だけでもいいのでつけておくと、切れ毛や乾燥毛になりにくいです。

すでに傷んでしまった髪は思い切ってカットし、トレンドスタイルに変えてみるのもおすすめです。

スタイルがいい

食生活は変わっていないのに、体重が少しずつ増えている。
または体重は変わっていないのに制服のウエストがきつくなっている。などの方は要注意です。

今の生活だと年々太る、スタイルが悪くなってしまいます。
年齢が上がるごとに基礎代謝も減少していくので、現状維持のためには食事を見直す、筋トレを取り入れることをおすすめします。

例えば、コーヒーの砂糖をやめてみる、1日スクワットを10回する。
と言う低めのハードルから設定したら続けやすいですよ。

継続は力なり、努力は裏切りません!

トレンドに敏感だと若く見られる


お肌、ヘア、スタイルの3点を意識した生活をしていくと、アラサーになっても若見えするのです。
即効性はありませんが、意識して続けていくことが大切です。

手っ取り早い方法としては、トレンドに敏感になること。
普段着ているものや持つアイテムもトレンドを取り入れることで、「あ、この人若いな」と思います。ポイントは若作りではなく、年齢に合ったトレンドを取り入れることです。

トレンドアイテムを上手く使い、自分磨きをしながら若見えアラサーを目指しましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
クリム(ライター)
クリム

大手エステティックサロンにて トータル美容に8年携わる。 コスメコンシェルジュ取得。 @コスメビューティスペシャリスト認定