2021.12.28

【2022年・上半期】おうし座の運勢は?恋愛・仕事・金運占い

2022年、おうし座の運勢はどうなるのでしょうか。この記事ではおうし座の2022年・上半期の運勢をご紹介します!総合運、恋愛運、仕事運、金運占い、1月〜6月の運勢も詳しく解説。ラッキーカラーやラッキーデイも月毎にお届けします。

総合運:★★★★☆

おうし座
センスの良さが人を惹き付け、新たな可能性を生み出す時

様々な人との交流があなたの運命を違った世界へと導いてくれることでしょう。
流行にも敏感になり、個性的でオシャレな人として周囲に一目置かれるかもしれません。

天才肌になるため、言っていることを周囲に理解されずに悩むこともありますが、誰かに説明するよりは行動で示すといいでしょう。

また、あなたの個性的な生き方に対して支持される暗示があるので、SNS等では思わぬ人気を得る可能性があります。
交際運は活発になり、新しい友人の登場がありそうです。

周囲の相談事に乗る優しさはあるのですが、相手を冷静に見て受け答えをするので、振り回されることも少ないでしょう。

自分と立場の違う人と仲良くなれる暗示があり、たとえばインスタグラムやツイッターなどでちょっと有名な人とやり取りをすることがあるかもしれません。

同性との友達運は素晴らしく結束が強くなるものの、異性の友達は誤解を生みそうな気配があるので気をつけるといいでしょう。

健康運は見た目より強壮ではなく、時々ストレス発散や休憩が必要かもしれません。
人間関係が賑やかになるため、良くも悪くも相手に影響を受けやすくなってしまいます。

たとえば友人に付き合って夜更かししてしまったり、外食が増えてしまったりするかもしれません。
逆に健康や美容に詳しい友人がいた場合は、一緒になってエクササイズをしたり美容に励んだりするので、結果的にダイエットに成功することもありえそうです。

旅行運は普通ですが、自分ひとりで行動するよりも友達や仲間と一緒に出かけた方が楽しく過ごせることでしょう。
出掛けるならば話題のスポットか趣味の場所、自分と友人が共通で好きな所がいいでしょう。

1月の後半から3月の初めにかけて行動的になり、夢や愛に向かって突き進むところが出てくるでしょう。
これ、と決めたら気持ちは真っ直ぐで、迷わずに進む強さが出てきます。

このため仕事や試験などでも成果が上がりやすくなるでしょう。
5/1の新月では、自分自身が未来に向かって挑戦するパワーが得られそうです。

ポジティブな気持ちになり、何かを改革していくことができるでしょう。
今までの自分から違ったステージの自分へと、成功への階段を登れそうです。

恋愛運:★★★★☆

おうし座の恋愛運
友情が愛の支えになる時

やや強めの愛情運があり、物事がスピーディーに展開することでしょう。
可愛がられる、というよりは理解して受け入れてもらえるという形の愛をもらえそうです。

恋人募集中の人にとっては強い味方が登場する暗示です。
あなたの恋を応援してくれる存在が現れることでしょう。

一緒に恋活をしてみたり、悩みを聞いてもらったり、いい情報を集めてくれたりして協力してくれます。
気になる異性がいる人は、友達から恋人に格上げしてもらえるチャンスです。

一緒にいる時間を増やすことで、恋のライバルが邪魔できないようになるでしょう。
勇気を出してこちらからアプローチしてみるといいかもしれません。

恋人がいる人は、お互いの存在が親友のような関係になりそうです。
強い心の結びつきが実感できるので、浮気などの心配は減るでしょう。

ただし、あなたの方がモテてしまうため、こっそり別の人と遊んでしまわないように。

共通の友人が二人の仲を盛り上げてくれるので、ケンカした時は友人が頼りになるかもしれません。
しかし、あなたの方が論理的に冷たく言う所が出てくるので、相手を傷つけないように優しく愛してあげるといいです。

恋の転機は2月に入ってからで、この時期に刺激を求めてお互いの感情が一時的に盛り上がることでしょう。
しかし仕事や他のことに一生懸命になると、せっかくの恋のチャンスを逃すこともあるので恋を少しだけ優先させるといいでしょう。

5月には魅力がアップし、異性から誘惑を受けることが増えるかもしれません。

仕事運:★★★☆☆

おうし座の仕事運
時代を先読みする力が発揮できる時

情報通のアイデアマンになり、職場の愛されキャラになることでしょう。
特に今のトレンドを読み解く力があり、これからヒットするものが何か肌感覚で分かることがあるかもしれません。

職場でも上手に立ち回ることができるようになるため、人間関係で悩むことも少なくなりそうです。
チームプレーでは特に成功しやすいでしょう。

ひとりでは出来ないことを、仲間と一緒にやり遂げることが出来そうです。
同僚や部下からは共感を得ることに成功しますが、強気になりがちなので上司に主張しすぎないように。

仕事については情熱がやや減りますが、賢いので器用にこなすことができるでしょう。
しかし変化を求める心が出てきて、転職やキャリアアップを望むようになります。

順調な運気のため転職は成功しやすいですが、このまま現状維持でも悪くないでしょう。
仕事や副業ではSNSやネットが有効に使えそうです。

その反面、嫉妬から敵が出来やすいので、注意をしておくといいでしょう。
また、勉強面で天才的なアイデアが閃くことがあり、一気に進む可能性があります。

資格取得やステップアップには有利ですが、誰かと一緒に勉強してしまうと相手に合わせてしまい平凡な結果に終わりそうです。

仕事は誰かと共同でやるといいのですが、勉強だけは自分ひとりでコツコツやっていた方がペースを邪魔されなくて済むかもしれません。

1月から3月までは何かと多忙になりがちで、仕事中心になりそうですが、息切れしてしまわないように恋や趣味にも打ち込むといいでしょう。

金運:★★★★☆

おうし座の金運
今の時代を楽しむだけの金銭的余裕がある時

仕事運が良いため、金運も安定していることでしょう。
ある程度の金銭的なゆとりがあり、人生を楽しむことが出来ます。

友人が多いので交際費は増えてしまいますが、楽しい思い出が増えるのでハッピーな出費となりそうです。
仲間とランチを楽しんだり、一緒に買い物をしたりするでしょう。

ファッションでは誰かの真似ではないオリジナリティーを追求するため、周囲から「個性的でおしゃれな人」だと褒められそうです。

しかしマンネリが嫌で新鮮さを求めるようになり、今まで持っている物を買い替えたり、引越しや転職に興味を持ったりするかもしれません。

目新しいものに惹かれる傾向が強くなり、気に入った商品に高いお金を払ってしまうことがあるので、気をつけるといいでしょう。

特に、デザインで一目惚れしてしまうと、予算度外視になりそうな気配です。
好きなもの以外についての買い物は上手になり、手間を惜しまずレビューで確認する賢さがあります。

家電などの買い替えは吉で、しっかりリサーチしてから購入するのでハズレがありません。
一方で興味の無いものにお金を払うのが嫌になり、生活に必要なものや食品などはセールで安く済まそうとするところが出てくることでしょう。

クーポンや買い物アプリを上手に活用することが出来そうです。
好きなものや交際費のせいで予算オーバーになりがちですが、他の部分をしっかり倹約できてしまうので、収支はプラスになることでしょう。

月毎の運勢|ラッキーカラー&ラッキーデー

1月:★★★★★

夢や希望が叶いそうなハッピーな時期で、周囲も味方になってくれそうです。
努力した分だけ成功に近づくので、大いに力を発揮してみるといいでしょう。

ラッキーカラーブラック
ラッキーデー1/3, 1/11~13

2月:★★☆☆☆

仕事上の評価は高いものの、自分の時間がなかなか確保できないようです。
リラックスする時間を持つことで、イライラが減り楽しく過ごせます。

ラッキーカラースカイブルー
ラッキーデー2/8, 2/26~27

3月:★★★★

困った時に天才的なアイデアやヒントが降りてくることでしょう。
賢くなるので友人から頼られることが増えるかもしれません。

ラッキーカラーライトブルー
ラッキーデー3/7~8, 3/17~18

4月:★★☆☆☆

味方のふりをした人に優しさを利用されたり、嘘をつかれたりして嫌になるかもしれません。
直感が冴えるので、第一印象で嫌な雰囲気がした人とは距離を置くといいでしょう。

ラッキーカラーパステルグリーン
ラッキーデー4/13~14, 4/22~23

5月:★★★★★

人気者になり、こうなったらいいな、と考える自分の理想の姿に近づけそうです。
希望は叶うのですが、忙しくなるので体調に気をつけるといいでしょう。

ラッキーカラースカーレット
ラッキーデー5/1~2

6月:★★★☆☆

美的センスが良くなり、服や靴などのチョイスが絶妙になりそうです。
仕事運や金運は良いのですが、面倒くさいことから逃げてしまわないように。

ラッキーカラーゴールド
ラッキーデー6/15~16, 6/24~25

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
絵月えりや(ライター)
絵月えりや

人生を幸福に彩る開運フォーチュンテラー

占い師・ライター・イラストレーターとして十数年活動する。占い記事を有名サイトにて執筆中。過去に有名Webサイトのトップページにて週間星占い連載、地方フリーペーパーの星占いやマンガを連載した経験を持つ。占いはミミ月丘に師事。週刊少年漫画誌での入賞経験や、情報漫画の連載経験あり。

このライターの記事を見る