マニキュアが固まったらもう使えない?簡単にできる復活方法をご紹介

2021.09.09

「お気に入りのマニキュアが固まってしまった…!」このような経験をした時、もう使えないと思って諦めていませんか?今回は、固まったマニキュアが賦活する簡単な方法をいくつかご紹介します。

  1. マニキュアが固まった…!もう使えないの?
  2. マニキュアが固まってしまう原因
  3. マニキュアが固まったときの復活方法
  4. マニキュアが固まったときやってはいけない復活方法
  5. (マニキュアが固まった!困ったとなる前に)正しい保管・使用方法を知っておこう

マニキュアが固まった…!もう使えないの?


マニキュアを使っていると、なぜか固まってしまうことありますよね。
「お気に入りだけど、使えないのかな…。」と残念な気持ちになることもあるはず。

マニキュアが固まった状態で使えなくなる場合、必ず理由があります。
一体、何が原因でマニキュアが固まった状態になってしまうのでしょうか?

復活方法を知る前に、まずはマニキュアが固まった状態になる理由を考えてみましょう。

マニキュアが固まってしまう原因


マニキュアが固まった状態になる場合、必ず原因があります。
一緒にマニキュアが固まった理由を探してみませんか?

長い時間が経っている


マニキュアは開封してから長い時間が経つと、固まった状態になりやすいです。
開封後1年以上経っている場合は、マニキュアが固まった状態になり使いにくくなります。

未開封の場合なら一般的には、3年程度が使用期限です。
ですがこの使用期限は、あくまでも保管状態がいい場合。
保管方法を間違っていると、3年未満の場合でも使用不可の状態になることはあります。

マニキュアが固まった・使いにくい状態の場合になってしまったときは
開封時(もしくは未使用の状態)からどのくらいの時間が経ったとのか考えてみましょう!

フタがきちんと閉まっていない


マニキュアを使用後に、しっかりフタを閉めていなかった場合は要注意です。
マニキュアのフタがきちんと閉まっていない場合、空気に触れてしまう状態になります。

そのため、マニキュアが劣化して固まった状態になり使いにくくなってしまうのです。
マニキュアを使用後はフタがしっかり閉まっているかどうか確認しましょう。

ちょっとしたことを心掛けてマニキュアを使う事で、固まった状態になるのを防げますよ。

では次に、マニキュアが固まったとき使える状態に復活させる方法をご紹介します。
お気に入りのマニキュアが固まった状態で使うことを諦めてしまっていた人、必見です!

マニキュアが固まったときの復活方法


マニキュアが固まった状態になると、使うのを諦めてしまいがち。
ですが実は固まった状態のマニキュアを復活させる方法があるのです!

今まで諦めてしまっていた人は、ぜひ参考にしてみてください。

目薬をマニキュアに混ぜる


固まったマニキュアのボトルに数滴(2~3滴くらい)目薬を入れます。

目薬を入れたあとはボトルを軽く転がして、目薬をマニキュアの液に混ぜましょう。
液が均一に混じればOKです!

固まったマニキュアの液が塗りやすい状態に戻り、液体にツヤが戻ります。

<目薬をマニキュアの液に混ぜるときのポイント>


・目薬をマニキュアの液に入れすぎない
・液が均一になるまでしっかり混ぜる

マニキュアに化粧水を混ぜる


普段、目薬を使用しない人は化粧水でも固まったマニキュアを復活させることが可能です。
復活させるときの方法は目薬と同様、化粧水を数滴ほどマニキュアの液に混ぜるだけ。

マニキュアが固まった場合、諦めてしまう前に覚えておきましょう!

<マニキュアに化粧水を混ぜるときのポイント>


・目薬と同じように化粧水をマニキュアに混ぜすぎない
・スポイトなどを利用してマニキュアの液に混ぜる

マニキュアのボトルを軽くお湯に浸す


マニキュアのフタが開かないくらい液が固まった状態になることもありますよね。
この場合、マニキュアを温めて液をやわらかくする方法がおすすめ!

方法は簡単です。
コップなど小さめのマニキュアが入る容器を用意します。

そして沸騰させた熱湯を入れて、マニキュアをボトルごと入れておくのです。
こうすることでマニキュアの液が温まり、やわらかくなるのでフタが開くようになります。

少し時間を置いてみて、マニキュア全体が温まるまで熱湯に入れてくださいね。

<マニキュアのボトルを軽くお湯に浸すときのポイント>


・ぬるま湯ではなく熱湯でマニキュアを温める。
・マニキュアの液が温まったかどうか慌てず落ち着いて確認する

専用の液体(うすめ液)を使用する


目薬や化粧水は、マニキュアが固まった状態を元に戻してくれます。
ですが「何となく不安…。」と感じ、迷う人もいるかもしれません。

その場合は、マニキュアの状態を元に戻してくれる専用の液「うすめ液」を使いましょう!
最近では、100均やドラッグストアでも手軽に専用の液(うすめ液)を購入できます。

確実な方法で、不安なくマニキュアが固まった状態を改善したい人におすすめです。

<専用の液体(うすめ液)を使用するときのポイント>


・うすめ液を入れるときの量が見やすい商品を選ぶ
・欲張って液体をマニキュアに入れすぎない

では次にマニキュア固まったとき、やってはいけない復活方法をご紹介します。
ぜひチェックしておいてマニキュアが固まった状態を確実に改善しましょう!

マニキュアが固まったときやってはいけない復活方法


マニキュアが固まったとき、実は避けた方が良い復活方法をいくつかご紹介します。
ついやってしまいがちですが実はNGな方法もあるので、一緒に見ていきましょう。

マニキュアのボトルを思いっきり振ってしまう


マニキュアが固まった状態になると、ついボトルを思いっきり振っていませんか?
実はマニキュアのボトルを強く振るのはNG!

なぜなら、マニキュアボトルの中の空気とマニキュアの液が混ざり更に固まるからです。
ついやってしまう方も多いのではないでしょうか?

マニキュアが固まった状態のときは、むやみに振るのはやめましょう!

水や除光液で薄めてしまう


この方法も、つい試してみたくなりますよね。
ですが実は非常に危険な方法なので、避けることをおすすめします!

「目薬や化粧水は良いのに、なぜ除光液はダメなの?」と思う方もいるはず。
実は除光液を固まった状態のマニキュアに混ぜてしまうと、除光液が気化します。

するとマニキュアのボトルが割れてしまう可能性があるのです。
ケガをするかも知れないので、非常に危険です!

マニキュアが固まった状態を元に戻したい場合は、別のアイテムを使いましょう。

ではマニキュアが固まらず使いやすい状態を保つには、何をすべきなのでしょうか?
「マニキュアが固まった!」となる前に、正しい保管方法を行うことが実は重要です。

(マニキュアが固まった!困ったとなる前に)正しい保管・使用方法を知っておこう


「マニキュアが固まった状態で使いにくい!困った…。」となる前に
事前に正しい保管方法や使用方法を覚えておきませんか?

簡単だけど大事なことをお伝えするので、ぜひやってみてください。

マニキュアのフタをきちんと閉めて保管する


マニキュアが固まった状態になる場合は、フタの閉め方が甘い場合が多いです。
急いでいるときなど、つい適当にやってしまいがち。

ですが長期的にマニキュアを使いたいのであれば、フタはきちんと閉めて保管しましょう!
お気に入りのマニキュアだからこそ、少し気を付けて大事に扱いませんか?

マニキュアのボトルネックをキレイな状態で保つ意識をしながら使う


マニキュアを使っていると、液で汚れやすいのが「ボトルネックの部分」。
マニキュアを使うとき不要な分の液は、ボトルネック付近で拭き取ることが多いですよね。

キレイなネイルに仕上がる方法ではありますが、そのまま放置するのはNG。
マニキュアが固まった状態になりやすいので、使いにくくなっていきます。

「ちょっと面倒だな…。」と感じる気持ちは分かります。
ですが、お気に入りのマニキュアを良い状態でずっと使いたいですよね。

少しだけいつもより気を付けるように意識して、マニキュアでオシャレを楽しみませんか?

直射日光を避けてマニキュアを保管する


マニキュアを保管するとき、実は保管場所も重要になります。
マニキュアは直射日光に弱いので、涼しい場所で保管しましょう。

例えば、意外かもしれませんがマニキュアは「冷蔵庫」で保管できます。
直射日光を自然と避けることができて温度の変化も、ほぼないです。

そのため、実はマニキュアを保管する場合は「冷蔵庫」がおすすめ!
一方、冷凍庫は使い物にならないのでNGです。

マニキュアの保管場所に迷った場合は、覚えておきましょう。

まとめ:マニキュアが固まったとしても使えるようになります


マニキュアを使おうとしたら固まった状態で「もう使えないのかな…。」と
落ち込み、諦めていた方も多いのではないでしょうか?

これからはマニキュアが固まった状態になっても復活方法を覚えておけば安心ですね。

マニキュアが固まった状態になってしまったら、復活方法を試してみてください。
そして、お気に入りのマニキュアで自分らしくネイルを楽しみましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
なる子(ライター)
なる子

文章を書くこと・まとめることが好きなアラサー主婦です。趣味で始めたブログがきっかけでライター業を開始。読者の気持ちに寄り添った優しい文章の執筆を心掛けています。