2021.03.03

アラサーメイクの新常識♡単色シャドウを使いこなして即トレンド顔

トレンドの抜け感を演出できるアイテムとして人気を集めている単色アイシャドウ。ナチュラルに目力を高めて魅力的な瞳を演出してくれる単色アイシャドウはアラサー世代のメイクにぴったりです。この記事ではそんな単色アイシャドウの使い方をご紹介していきます。

アラサーメイクに取り入れたい!ナチュラル美人が叶う単色アイシャドウ


アイメイクの新定番となりつつある単色アイシャドウは1色で抜け感と上品さが出せるので、今っぽいおしゃれな雰囲気と印象的な眼差しを手に入れることができます。

忙しい朝でも簡単にナチュラルな美しい目元が作れるのでアラサー女性ならぜひ使いこなしたいアイテムです。

今回はそんな単色アイシャドウの基本の使い方・目の形別の使い方をご紹介していきます。

自然なグラデーションでトレンド顔に!単色アイシャドウの基本の使い方

出典:excel online shop(外部リンク)

まず、単色アイシャドウの基本の使い方をご紹介します。
単色アイシャドウを使ったグラデーションなら自然な陰影を作ることができ、立体感と程よい抜け感を同時に手に入れることができますよ。

アイシャドウを指先に取り、色を一番濃くしたい目のキワにのせてワイパーのように指を左右に動かしながら上に向かって広げていきます。
指で塗ることでしっかりもまぶたに密着し、自然なツヤ感も出すことができます。

また、目のキワからまぶた全体にぼかしていくことで自然な縦のグデーションができます。
横のグラデーションにしたい場合は、目尻側から目頭側に向かってアイシャドウを塗っていきましょう。

下まぶたのキワにも塗ることでより目を大きく見せることができます。
下まぶたを指で塗るのが難しい場合は綿棒を使うと綺麗に仕上がります。

目の形別単色アイシャドウの使い方


ここからは、目の形別に単色アイシャドウの塗り方を紹介していきます。
自分の目の形に合わせてより魅力的な目元を演出しましょう。

一重

一重まぶたの方は目のキワがまぶた埋もれがちですよね。
ですが、アイシャドウを塗る範囲が広すぎると逆に目が腫れぼったく見えてしまうので、目を開けた時に色が見えるところまで塗ることがポイントです。

アイシャドウを目のキワに乗せたら、目を開けた時に色が見える部分までぼかしましょう。
目尻側が濃くなるように重ねてグラデーションを作ると、より印象深く艶やかな目元に。

一重まぶたさんはアイシャドウのしっかりと色が映えるので、鮮やかなカラーでも目尻や下まぶたにアクセント使いをすれば一気におしゃれ顔になれますよ。

奥二重

奥二重の人は目の横幅を強調するのがポイントです。

目尻側が濃くなるようにアイシャドウを重ねて横のグラデーションを作ります。
縦に広げすぎず、目を開けた時に色が見えるところまで塗りましょう。

また、奥二重の人は二重の部分にくっきりと色を入れすぎると目が小さく見えてしまいます。
二重幅の境目をしっかりとぼかすことで目力アップと抜け感のある目元が同時に叶いますよ。

下まぶたにも目尻から黒目の外側くらいまでアイシャドウを乗せることで、横幅に加えて奥行きのある立体的な目元に仕上がります。

二重

二重まぶたの方は元々目力があるため、きつい印象にならないようにアイシャドウをしっかりとぼかしてあげることがポイントです。
色や質感も、優しく映える淡いカラーや艶のある質感の単色シャドウを使うとより抜け感が出るのでおすすめです。

目のキワにアイシャドウをのせたら、アイホール全体にぼかしていきます。
物足りないと感じる場合は目のキワからさらに重ね付けをして縦のグラデーションを作りましょう。

下まぶたも上まぶたと同様に優しくぼかしながら下まぶた全体に広げていくとナチュラルに目の縦幅を強調することができますよ。

単色アイシャドウを取り入れておしゃれで魅力的な眼差しに


単色アイシャドウはコツを掴めばどんな目の形の人でも簡単にトレンド感のある美しい目元を作ることができるアイテムです。

単色アイシャドウは色や質感のバリエーションが豊富なのも魅力の1つ。
ぜひ自分のなりたい雰囲気やシチュエーションに合わせて楽しんでみてください。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
上原あゆみ(ライター)
上原あゆみ

東京出身九州在住の副業ライター。ファッション、映画、K-POPとヒップホップ好きなアラサー女子です。

このライターの記事を見る