目の下のクマを取りたい!原因別の対処法とおすすめアイテム

「目の下のクマを取りたい!」あるだけで老け顔・疲れ顔に見えるやっかいな目の下のクマ。実は原因別に対処をしないと狙った効果が期待できません。この記事では「目の下のクマを取りたい方へ、原因別の対処法とおすすめアイテム」を紹介します。

  1. 目の下のクマとは?クマは大きく3種類ある!
  2. 目の下のクマの種類を判断する方法とは?
  3. 目の下のクマを取りたい!3種のクマの対処法
  4. 1.茶クマの原因と対処法
  5. 2.青クマの原因と対処法
  6. 3.黒クマの原因と対処法
  7. 目の下のクマを取りたいなら種類別の対処法が大事!

目の下のクマとは?クマは大きく3種類ある!


目の下のクマとは”目の下が黒ずんでしまっている状態”のことを指します。
一口にクマといっても大きく3種類あります。 

1.茶クマ

目の下が茶色っぽくくすんで見えるクマ。
主にメラニン色素が原因。

2.青クマ

目の下が青黒くくすんで見えるクマ。
主に血行不良が原因。

3.黒クマ

目の下がくぼみ、影ができることで黒っぽく見えるクマ。
主に皮膚のたるみが原因。

目の下のクマの種類を判断する方法とは?


3種のクマはそれぞれ原因が違うので、まずはどのクマで悩んでいるか見極めが必要。

簡単な見分け方は”自分で目の下のクマを優しく引っ張る”ことです。

  • 目の下を引っ張っても色が変わらなかったら”茶クマ”の可能性が高いです。
  • 目の下を引っ張ったときに色が薄くなったら”青クマ”の可能性が高いです。
  • 上を向いて天井を見上げて、正面に手鏡を持って顔を見てみましょう。クマがなくなった、または薄くなった場合は”黒クマ”の可能性が高いです。

目の下のクマを取りたい!3種のクマの対処法


クマの種類を見極めたら、それぞれ適した対処法で目の下のクマをケアしましょう。

1.茶クマの原因と対処法


茶クマの原因は主にメラニン色素による色素沈着です。

メラニンを生成するメラノサイトを活性化させないこと、細胞に蓄積されたメラニンの排出をスムーズにすることが対処法となります。

茶クマのお手入れ方法

1.UVケアをぬかりなく

紫外線を浴びると、メラノサイトが活性化してメラニンが生成されます。
茶クマでお悩みの方はUVケアがマストです。

ちょっとした外出でも日焼け止めや帽子、日傘などを使用しましょう。

2.保湿で肌にうるおいを与える

肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れやすくなります。
細胞の生まれ変わりが鈍るとメラニン色素が排出されにくくなります。

特に目の周りは皮脂腺が少ないので、もともと乾燥しやすいゾーンです。
しっとりタイプを使うなど、肌にたっぷりとうるおいを与えましょう。

3.目元専用シートマスクを使いましょう

茶クマを進行させないために、美白や保湿のアイテムを意識して使用しましょう。
美白成分はメラニンの生成を抑え、保湿成分はメラニンの排出を促すので、どちらも茶クマケアにはおすすめです。

特に医薬部外品の美容液や、目の下用のシートマスクがおすすめです。
 
1~3のお手入れをおこなう際は”やさしいタッチ”でおこないましょう。
目元はとてもデリケートで、皮膚の厚さは頬と比べると1/3程度と言われています。

強いタッチのお手入れはメラノサイトを活性化させるので、茶クマを悪化させる危険性があります。
茶クマタイプの方はマッサージなどをやりすぎないようにしましょう。
 

茶クマを取りたい人は目元用シートマスクがおすすめ

資生堂 バイタルパーフェクション ULファーミング エクスプレス アイマスク

出典:ワタシプラス/資生堂(外部リンク)

12包入り 8,800円(税込) 医薬部外品

美白とエイジングケア、さらに保湿力も高い実力派のアイテム。
シートは眉尻から頬の半分くらいまでを覆う大ぶりなサイズになっています。

美白有効成分や肌にハリを与える成分を筆頭に、美容成分を豊富に含んでいます。
茶クマをケアするのにぴったりの美白・保湿を叶えてくれるアイテムです。
 

DHC 濃密アイゾーンケアパック

独特な形状のシートで目の下・まぶた・目尻と、目元を総合的にケアできるアイクリームマスク。
保湿力に優れているため乾燥しやすい目元にはぴったり。

みずみずしくハリのある目元に導いてくれるアイゾーンアイテムです。
さらに肌荒れを防ぐ成分も配合されており、デリケートな目周りにも安心して使えます。

目元のうるおいアップによる茶クマケア効果も期待できます。

茶クマを今すぐ取りたい!おすすめコンシーラー

「ケアも大事だけど、今すぐ茶クマをなんとか取りたい!」と女性なら思うもの。
茶クマをカバーするなら、イエロー系のコンシーラーがおすすめです。

ベアミネラル ベアプロフルカバレッジコンシーラーF/L02

お肌へ負担がかかりにくい低刺激アイテムなので、敏感肌や乾燥肌の方にも安心。
肌なじみのよい明るいイエローオークルで、ナチュラルに茶クマをカバー。

クリーミィな感触なのに軽い使いつけ心地も魅力です。
約16時間にわたって、メイクしたての美しさを維持してくれます。

2.青クマの原因と対処法


青クマの原因は主に睡眠不足や疲労、ストレスなどからくる血行不良です。
目元は毛細血管が集中しています。

毛細血管はとても細いので、冷えやストレスなどですぐに血流が滞ります。
血流の循環を促すことと、血行不良を引き起こすライフスタイルの改善が主な対処法です。

青クマのお手入れ方法

1. マッサージをおこなう

目元にマッサージクリームをのせ、クマの部分を優しくマッサージしましょう。
内から外へ滞っている血液を優しく流すイメージです。

夜のクレンジングと洗顔のあと、入浴中におこなうと血行がよくなるのでおすすめです。

2.温活で体の内側から温める

青クマの場合は目元だけでなく、体全体の巡りをよくすると改善が早くなります。
たとえば、湯船にしっかりと浸かる、体を温める食べ物や飲み物を摂る、ストレッチや軽い運動をするなどが挙げられます。

3.良質な睡眠をとる

睡眠不足は青クマができやすくなるので、良質な睡眠をとることが大切です。
睡眠時間は6時間~8時間くらいで、なるべく0時前に寝ると良いです。

忙しくて睡眠時間が確保できない方は、短時間で良質な睡眠をとることを意識しましょう。
たとえば、寝る1時間前はスマートフォン・パソコン・TVを見ない、リラックスできる寝具を用意する、などの工夫が良質な睡眠を助けます。

青クマを取りたい人はホットアイマスクがおすすめ

花王 めぐリズム 蒸気でホットアイマスク 無香料

約40度の蒸気浴が手軽にできる”蒸気でホットアイマスク”。
なかでも好みや使用シーンを選ばない無香料タイプがおすすめです。

ゆったりとお風呂に入っているかのようなリラックスタイムが過ごせるホットアイマスク。
寝る前に使用すれば1日の疲れがほぐれていきます。

目元が温まるので青クマケアにおすすめのアイテムです。
 

小林製薬 桐灰 あずきのチカラ

コスパ良し&繰り返し使えてエコ!なホットアイマスク。
あずきのやさしい香りと重さで心までほぐしてくれます。

あずきの重さが心地良く、眼精疲労や頭痛にもじんわり熱が届いて改善へと導きます。
加熱後の温度が高すぎると、キケンと知らせてくれるので安心。

1個で250回ほど使えるので、とてもリーズナブルでエコなアイテムです。

青クマを今すぐ取りたい!おすすめコンシーラー

「ケアも大事だけど、今すぐ青クマをなんとか取りたい!」と女性なら思うもの。
青クマをカバーするなら、オレンジ系のコンシーラーがおすすめです。

&be(アンドビー) ファンシーラー

クリームのような感触のコンシーラーが肌に密着し、少量でも気になる部位を美しくカバーしてくれます。

右側のオレンジを目元の下の青クマカバーに使い、左側のベージュを全体の色ムラのカバーに使うことができるアイテム。
1品でお顔の気になる色ムラを隠せるのがうれしいポイントです。

肌にやさしい低刺激処方なので、敏感肌や乾燥肌の方も安心して使えます。

3.黒クマの原因と対処法


黒クマの原因は主にエイジングからくる目元のたるみ、ハリのなさです。
目のまわりは骨がないので、表情筋のみで皮膚を支えています。

そのためエイジングが進行し、真皮のコラーゲン構造が乱れて皮膚がたるむと、他の部位よりもくぼみができやすくなります。

黒クマは皮膚の色が変わっているのではなく、くぼみの陰で黒っぽく見えているのです。
対処法としては皮膚を支える表情筋を鍛えること、肌のエイジングの進行を防ぐことです。

黒クマのお手入れ方法

1. 目元の筋トレで表情筋を鍛える

黒クマは目元の筋トレでケアをするのが効果的です。

  • 目を強くぎゅっと5秒間閉じる
  • ゆっくりと大きく目を開く

上記の簡単なエクササイズを朝晩5回セットでおこないましょう。
表情筋や眼輪筋を鍛えると、皮膚のたるみが軽減していきます。

2.エイジングケア化粧品を使う

黒クマができるのは、肌全体の真皮コラーゲン構造が乱れているサインです。
黒クマにはエイジングケアに力を入れている化粧品ラインを使用するのがおすすめ。

エイジングケア化粧品は保湿力が高く、美肌成分もたっぷり配合されていることが多いです。
目元以外のお肌もしっかりとケアしていきましょう。

3. 目元専用アイテムを使用する

黒クマタイプの方は積極的にアイクリームなどの専用アイテムを取り入れるのがおすすめ。
目元は皮膚が薄く、毛細血管が集中し、皮膚を支える骨がないなど、他の部位と構造が異なります。

目元にピンポイントに使用できる専用アイテムは黒クマケアの大きな味方です。
 

黒クマを取りたい人はアイクリームがおすすめ

アテニア アイ エクストラ セラム

「目元がふっくらする!」と口コミでも評価の高いアテニアのアイクリーム。
目元の乾燥やハリのなさに悩んでいる方におすすめの目元専用美容液です。

塗った瞬間にみずみずしく、潤いに溢れた目元へ導きます。
約120回分の量が入っており、価格も良心的なのが人気の理由です。

ポーラ B.A アイゾーンクリーム

濃密でコクのあるクリームが、乾燥した目元にうるおいを与えるアイクリーム。
エイジングケアに定評のあるBAシリーズのアイクリームで、ベストコスメも多数受賞しています。

しっかりとコクのある感触で、クリームが気になる目元にピタッと密着。
価格はお高めですが、保湿力・成分・感触・香りともに口コミ評価も高いです。
 

黒クマを今すぐ取りたい!おすすめコンシーラー

「ケアも大事だけど、今すぐ黒クマをなんとか取りたい!」と女性なら思うもの。
黒クマをカバーするなら、ベージュ系やオークル系のコンシーラーがおすすめです。

MiMC(エムアイエムシー) ミネラルコンシーラー02

2008年の発売からロングヒットを続ける大人気アイテム。
美容液をベースに作られているため、スクワランやローヤルゼリーなど美肌成分をたっぷり配合。

低刺激でオフも簡単なので、目元がデリケートな方も安心です。
黒クマなどの色ムラはしっかりとカバーするのに、軽い付け心地が魅力です。

目の下のクマを取りたいなら種類別の対処法が大事!


クマを取りたくてケアをしているのに効果がいまいち……という方は、まずは自分のクマのタイプをもう一度見直してみてください。

目の下のクマは、茶クマ・青クマ・黒クマで原因も対処法も異なります。
クマを正しいケアで取り除き、若々しい目元を手に入れてくださいね!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
わかな ゆい(ライター)
わかな ゆい

某化粧品メーカー勤務の2児ママライター。 美容と投資が大好物。 本業でJMA(日本メイクアップ技術検定)1級、 認定フェイシャルエステティシャンの資格保有。