2022.08.15

身長差カップルは夜の相性がわるい?夜の生活のコツから体位まで解説

「身長差カップルは夜が大変」って聞いたことありませんか?身長差カップルは夜の生活がうまくいくのか心配になりますよね。この記事では、パートナーと身長差が28cmある筆者がおすすめの体位やコツなど身長差カップルの夜を徹底解説します。

身長差カップルの夜が知りたい!


身長差のあるカップルを見ると「夜はどんな感じなんだろう……?」と、つい想像してしまいませんか?

また、身長差があるパートナーと付き合ったばかりだと「いままでしてきたセックスと違いがないか」不安になりますよね。

実際、どのような夜の生活を送っているのか、解説します。

そもそも身長差カップルって何cm差から?


身長差カップルに明確な基準はありませんが、一般的に20cm以上身長差があると「身長差カップル」と言われることが多いです。

男女の平均身長の差は「約14cm」なので、身長差が20cm以上あるカップルはまわりのカップルよりも、凸凹が目立ちます。

150cmの女性 × 170cmの男性
157cmの女性 × 185cmの男性

のように、「身長の低い女性 × 身長が平均の男性」「身長が平均の女性×身長が高い男性」といった組み合わせが多いでしょう。

身長差カップルの夜はむずかしい?


身長差カップルの夜は難しいと言われることが多いです。
思うように動けなかったりやりにくい体位があったりするからでしょう。

しかし、筆者はパートナーと身長差が28cmありますが、身長差が理由で夜の生活がむずかしいと感じたことはありません。

たしかに、やりにくい体位はありますが「身長差のせいで夜の生活が盛り上がらない」ことはないですよ。

自分たちに向いている体位・向いていない体位を理解することで、「身長差カップルの夜が難しい」と思うことなく夜の生活が楽しめるはずです。

逆身長差カップルの夜も気になる


一般的に身長差カップルの組み合わせは「背が高い男性×背の低い女性」です。

しかし、なかには女性の方が背の高い「逆身長差カップル」もいます。

そこで気になるのが、逆身長差カップルの夜事情ですよね。

逆身長差カップルは、身長差がダイレクトに影響するバックなどの体位を難しいと感じるようです。
その反面、身長差10cm程度なら普通のセックスと変わらないと思っている人も多いんだとか。

10cm程度の身長差なら脚の長さもさほど変わりませんので、脚の開き方を調節したり、体勢を工夫したりすることで問題なく夜の生活を送れるのでしょう。

逆身長差カップルと身長差カップルの夜の悩みには、共通点が多そうですよ。

関連記事

身長差カップルの夜が難しい4つの理由


彼氏と身長差が25cmあるけどセックスする想像ができない……
今まで身長差の少ない人としか付き合ったことがない

など、パートナーとの身長差があると、気になるのが「夜の生活」について。
実際、身長差カップルは夜が難しい……との声も多いです。

なぜ「夜の生活が難しい」と感じるのか、4つの理由を解説します。

挿入しながらキスがしにくい


キスしながらのセックスは、愛情を感じられますよね。
しかし、身長差カップルは挿入しながらキスをするのが難しいんです。

その理由は、身長差カップルはお互いの顔の位置が合わないから。
「セックスをしながらキスをしたくても唇に届かない……」となってしまいます。

もちろん、キスしながら挿入できる体位もありますが、身長差のないカップルに比べてハードルは高いでしょう。

お互いのカラダの負担がかかる


身長差カップルの夜の生活は、お互いのカラダに負担がかかります。

男性は背中を丸めたり、ひざを曲げたり相手に合わせようとして無理な体勢をとりがちです。
女性は、男性に合わせようと無理にカラダを伸ばすこともあるでしょう。

無理な体勢をしたのが原因で、セックスのあとカラダが痛くなることも。
その結果、夜の生活がおっくうになってしまうと悲しいですよね。

身長差カップルが継続して夜の生活を楽しむためには、無理しすぎないことが大切です。

身長差カップルの夜は体位が限られる


身長差カップルには向いている体位・向いていない体位があります。
脚の長さや座高の高さが揃わないとできない体位は、身長差カップルには難しいです。

とくに、脚の長さに差があるとやりにくいバック系の体位は、身長差カップルには高難度。
うまく挿入できなかったり、バランスがとりづらかったり、セックスに集中できない原因になりかねません。

「できない・やりにくい体位」ではなく、「身長差を活かす体位」を積極的に取り入れることで、満足感はかわるはずです。

物理的に凸凹が合わない場合もある


物理的に身長差カップルのセックスが難しい場合もあります。
アソコの凸凹がフィットしない場合があるからです。

たとえば、小柄な女性のアソコが狭く、大柄な男性のアソコは大きいといったパターンも。
サイズ感が合わないと、挿入しづらかったり、痛みを感じたりと夜の生活がスムーズに行えません。

身長や体格でアソコのサイズが決まるとは言いきれませんが、身長差カップルの中にはサイズ感が合わないと悩む人が多いのも事実です。

身長差カップルの夜のメリット4つ


身長差カップルの夜の生活が難しいと聞いて、パートナーとのセックスに不安を抱えていませんか?

たしかに、身長差カップルの夜の生活は工夫が必要ですが、メリットもあるんです。
メリットを活かすようなセックスができたら、満足できる夜の生活になること間違いなしですよ。

アクロバティックな体位に挑戦しやすい


1つ目のメリットは、アクロバティックな体位に挑戦しやすいこと。
男性に女性の体重がかかる体位でも、身長差カップルなら男性への負担が少なく、動きやすいんです。

一般的に難易度が高いと言われる女性を持ちあげるような体位でも、身長差があれば比較的簡単にできちゃいます。

身長差があるカップルにしか楽しめないアクロバティックな体位を、積極的に取り入れてみてくださいね。
ノーマルな体位よりもマニアックな体位の方が楽しめるかもしれませんよ。

男性の乳首を攻めやすい


身長差があると、挿入しながらキスがしにくい反面、女性が男性の乳首を攻めやすいというメリットがあります。
正常位をした時、ちょうど男性の胸あたりに女性の顔の位置がくるからです。

男性の乳首を指で触るもよし、舐めるもよし、存分に乳首を攻められます。
パートナーの性感帯が乳首なら、これほどうれしいことはないはずです。

乳首攻めを極めれば、新鮮な夜の生活が送れるかもしれませんよ。

身長差カップルの夜は安心感がある


セックスする時安心感があると心地よいですよね。
実は、身長差カップルのセックスは安心感が抜群なんです。

身長差カップルのセックスでは、男性が女性を覆うような体勢になりやすいので女性は包み込まれているような感覚になります。

守られているような安心感で、女性は安心して身をゆだねることができます。
愛されていることを実感できるでしょう。
女性は愛情を感じると性欲も高まりますので、夜の生活が盛り上がること間違いなしです。

セックスで安心感を得られるのは、身長差カップルの特権と言えます。

男性の支配欲が満たされる


男性は本能的に「女性を支配したい」「自分だけのものにしたい」という気持ちがあります。

身長差カップルの夜は、男性のもつ支配欲を満たします。
男性が優位になる体位が多いため、支配欲が満たされるのです。

とくに、Sの男性にとって自分より小さな女性とのセックスは刺激的でたまらない行為でしょう。
身長差カップルの夜は、難易度が高いケースがある反面、満足している男性も多いのです。

身長差カップルの夜におすすめの体位


身長差カップルには向いている体位・向いていない体位があります。
身長差カップルに向いている体位でセックスすることが満足できる夜の生活への第一歩です。

こちらでは、身長差カップルの夜におすすめの体位を紹介します。
充実した夜の生活を送りたい身長差カップルは要チェックですよ。

対面座位


まず、おすすめしたい体位は「対面座位」です。

座った状態の男性の上にまたがる体位なので、顔の位置が普段よりも高くなります。
つまり、身長差カップルの悩みである「セックスの時キスはできない」が解消される体位です。

密着度が高いのに、お互いに負担が少なく、キスもできる……。
身長差カップルにはベストな体位ではないでしょうか?

パートナーと身長差がある筆者も、対面座位が1番楽にできると感じています。
「どの体位がいいのかわからない」と思うなら、対面座位を試してみてくださいね。

騎乗位


騎乗位は身長差カップルに向いた体位です。
あおむけに寝ている男性に女性がまたがる体位なので、身長差関係なく楽しむことができます。

普段男性から見下ろされている女性も、騎乗位になれば男性を見おろす体勢になるので新鮮です。

前後に動いたり上下に動いたり、男性が下から突くのもいいでしょう。
挿入の深さや強さを調節できるのも騎乗位の魅力ですよ。
とは言っても、騎乗位で挿入しながらキスをするのはむずかしいです。
キスをしたい場合は、対面座位に体位変更してみましょう。

騎乗位は、身長差があっても女性が攻められる体位なので、Sの女性はハマるはずです。

駅弁


アクロバティックな体位に向いている身長差カップルは「駅弁」がおすすめです。
駅弁は、男性が立って女性を抱える体位なので身長差が気になりません。

それどころか、駅弁は身長差・体格差があるほど動きやすく、男性への負担が少ないため、「小柄な女性×高身長男性」の身長差カップルはハマる可能性が高そうです。

体力・筋力がアピールでき、男らしさが感じられる体位なので、筋肉自慢の男性は「駅弁に挑戦したい」と思っているかも。

マンネリ気味の身長差カップルも燃えること間違いなしですよ。

側位(寝バック)


バック系の体位が苦手な身長差カップルでも挑戦しやすいのが、側位(寝バック)です。
横向きに寝た状態で挿入するので、お互いに負担が少ない体位になります。

さらに、身長差カップルは側位をした時、男性が後ろから女性を抱きしめることも可能。
女性を包み込むような体勢になりますので、愛されている実感がわくはずです。

側位なら挿入中に手があきますので、男性が女性の乳首やクリトリスを愛撫しながら楽しむこともできちゃいます。

「バックがしたいけど身長差があってむずかしい」と感じるのなら、まずは側位を試してみましょう。

身長差カップルが向いていない体位


身長差カップルに向いている体位があれば、向かない体位もあります。

こちらでは、どのような体位が身長差カップルに向いていないか、具体的に解説します。
向いていない体位を知っていれば「身長差カップルの夜がむずかしい」とは思うことも少なくなるはずです。

背面立位(立ちバック)


身長差カップルの苦手な体位と言えば、バック。
なかでも難易度の高いのは「背面立位(立ちバック)」です。

お互いが立った状態で後ろから挿入する体位ですが、脚の長さが違いすぎると挿入できないことも。
たとえ挿入できたとしても、男性が膝を曲げたり、女性が背伸びをしたり体勢を保つのがむずかしいです。

無理して立ちバックをしてカラダを痛めたら元も子もありませんよね。
身長差が広がるほど難易度が上がる体位なので、身長差カップルは立ちバックを避けた方が無難です。

シックスナイン


お互いのアソコを愛撫し合うシックスナインは、身長差カップルが避けたい体位の1つ。
身長差があると、お互いのアソコに顔をもっていくことは不可能に近いからです。

そのため、身長差カップルがシックスナインに挑戦しても「お互いになめ合う」のはむずかしいでしょう。

シックスナインができたとしても、体勢がきつくて集中できない可能性が高いです。
「上手くできなくて萎えた……」とならないためにも、シックスナインは避けた方がよいでしょう。

対面立位


身長差カップルにとって、立ちバックと同じくらいむずかしいのが「対面立位」です。

対面立位は、男女が向かい合わせになり、立った状態で挿入する体位。
男女とも足が床についた体位になるので、脚の長さの違う身長差カップルには高難度と言えます。

また、身長差カップルが対面立位をする場合、男性に合わせようと女性がつま先立ちになったり、男性は膝をまげたりと、カラダへの負担が大きいです。

無理に対面立位をするくらいなら、同じ立位の駅弁を試してみてください。

正常位


セックスの基本的な体位と言えば正常位ですが、身長差カップルは避けた方がいいかもしれません。

その理由は2つあります。
1つめは、身長差があると顔の位置が合わないので、挿入しながらキスができないこと。
2つ目は、挿入時に男性のアソコと女性の腰の位置が合わず、挿入がむずかしいことです。

身長差カップルにとって正常位は「できない体位」ではありませんが、マッチする体位とも言えないでしょう。

身長差カップルの夜の悩みを解決する方法


身長差カップルはセックスの体位に、向き・不向きがあるとわかりましたよね。
とは言っても、せっかくならバックや正常位でも楽しみたいと思うのではないでしょうか?

こちらでは、身長差カップルが夜の悩みを解決する方法を具体的に紹介します。
身長差カップルに向かない体位でも、工夫次第で楽しめますよ。

バックしたいならクッションで高さ調節する


身長差カップルがバックに挑戦したいなら、クッションなどを使って、高さを調整しましょう。
身長差をカバーできれば、脚の長さは関係なくバックが楽しめます。

・四つん這いのバック……ヒザの下にクッションを置く
・立ちバック……イスや踏み台を使う

など、身の回りにある物を活用しましょう。
クッションなどを使ってパートナーの脚の長さに合わせられたら、身長差カップルの夜のバリエーションは豊富になるはずです。

正常位は腰の下にクッションを置く


「正常位で挿入する時に位置が合わない……」と悩んでいる身長差カップルは、女性の腰の下にクッションを置いてみましょう。

腰の下にクッションを置くことで腰の位置が高くなるため、挿入しやすさが格段によくなるはずです。

また、腰が持ち上がった状態で挿入すると、Gスポットが刺激されやすくなるため、女性の気持ちよさはアップしちゃいます。
スムーズに挿入ができたら、ムードを壊すことなく夜の生活が楽しめますよ。

横向きでシックスナインをする


シックスナインが満足にできないのなら、体勢を変えてみてはいかがでしょうか?
男女とも横向きに寝た体勢でのシックスナインがおすすめです。

横に寝た体勢なら、背中を丸めても負担が少ないはず。
満足に口が使えない場合は、手やおもちゃを使って愛撫してもいいですよ。

縦に重なるシックスナインはむずかしくても、横向きに寝たシックスナインなら比較的簡単にできるかもしれません。

性交痛がある場合は潤滑ゼリーを使用する


身長差カップルの夜の生活で性交痛があるのなら、潤滑ゼリーを使ってみましょう。

物理的に凸凹があわないため性交通が起こるケースもありますが、「十分に濡れていないこと」が原因の場合が多いと言われています。
潤滑ゼリーを使えば、「うるおい不足」を補ってくれますよ。

1つ注意したいのが、挿入時には必ず「潤滑ゼリー」を使うことです。
「ローション」は膣内に入ることを想定していないので、間違えて使わないように注意しましょう。

性交痛がなくなれば、夜の生活は充実するはずです。

前戯を丁寧にすると満足感アップ


夜の生活に満足できず、モヤモヤしている身長差カップルは、前戯に時間をかけてみてください。
前戯に身長差は関係ありませんので、挿入で満足できないのなら、前戯で満たされちゃいましょう。

おもちゃを使ったり、口でたっぷり愛撫してもらったり。
前戯で満足できたら、挿入してイマイチ盛り上がらなくても許せる気がしませんか?
前戯をメインにすれば、イマイチだった夜の生活も楽しみになるかもしれませんよ。

身長差カップルの夜を盛り上げるグッズを紹介


夜の生活の満足度をあげたいのなら、エッチなグッズを取り入れるのもおすすめです。

こちらでは、身長差カップルにおすすめのグッズを紹介します。
エッチなグッズを取り入れて、夜の生活を盛り上げていきましょう。

リューブゼリー デリケートイン

性交痛があったり、濡れにくかったりする人におすすめなのが、リューブゼリーデリケートイン。
多くの産婦人科医が推奨している水溶性の潤滑ゼリーです。

リューブゼリーデリケートインはワンプッシュ型なので、手を汚す心配もありません。
使いきりタイプなので、衛生的で持ち歩きやすいのもうれしいポイントです。

潤滑ゼリーが初めてのカップルでも使いやすいですよ。

ペペローション

ヌルヌルプレイをしたいなら、ペペローションを使ってみてはいかがでしょうか?
ペペローションといえば、プロも使用する日本一有名なローション。

パートナーとのスキンシップだけではなく、マッサージにも使えちゃう優れものです。
大容量なのに良心的な値段なので、コスパも最高ですよ。

無味・無臭のシンプルなローションなので、誰でも使いやすい商品と言えます。
ヌルヌルするので、お風呂場で使うのがおすすめです。

TENGA SVR PLUS ーBLACKー

カップル向けのバイブなら、TENGA SVR PLUS ーBLACKーはいかがでしょうか?
こちらの商品の最大の特徴は、男性のペニスに装着して使用できるところ。

挿入しながら、バイブの刺激を2人で感じ合うことができちゃいますよ。
2種類のリズムと5段階の強弱振動が選べるのもうれしいポイントです。

防水設計なので、お風呂場でのイチャイチャにも活躍してくれること間違いなし。
一度使うとクセになると話題のTENGA SVR PLUS ーBLACKー、試す価値はありますよ。

トイズハート インスピレーション

トイズハート インスピレーションは有線タイプのローターです。
マットコート塗装仕上げなので、高級感のある見た目が◎

強さ調整は4段階、わかりやすいタッチパネルなので、初めてでもらくらく操作できます。
さらに、防水仕様なのでお風呂でも使えるのがうれしいですよね。
音も静かなので、夜の生活に集中できちゃいますよ。

ZEMALIA Delia

ZEMALIA Deliaは、バイブがはじめてでも使いやすい商品。
ピンク色のスタイリッシュな見た目がかわいいバイブです。

10種類の振動+1種類の暴発振動があるので、あなた好みの強さで気持ちよくなれちゃいます。

また、バイブを38℃に加熱するモードがあるので、人肌を疑似体験できるのも魅力です。
マンネリしがちな身長差カップルもZEMALIA Deliaを使用したら、熱い夜になること間違いなしですよ。

ZEMALIA RITA

ZEMALIA RITAは夜の生活で使いやすい電マ。
小さめサイズなので女性でも使いやすいのが特徴です。

夜の生活に使えるだけではなく、マッサージにも使えちゃいますよ。

高級シリコンのヘッドは自由に曲がるので、好みの角度にしちゃいましょう。
ZEMALIA RITAは、音の静かさが人気の秘密です。
なんとスマホのマナーモードよりも静かなんだとか。

夜の営みだけではなく、こっそり1人で使うのにもピッタリです。
電マ好きなら、ZEMALIA RITAを試してみてください。

身長差カップルも夜を楽しもう!


身長差カップルには、向いている体位と向いていない体位があることがわかりましたよね。
とは言っても、身長差カップルの夜の生活は10組いれば10とおりあります。

「身長差があるから夜がむずかしい」と先入観を持たずに、まずは自分たちが満足できるセックスのやり方を探してみてくださいね。

回数を重ねることで、感覚が自然とつかめてくるはずですよ。
セックスに不安があれば、パートナーと話し合うことも忘れずにしましょう。

身長差があっても、夜を楽しみましょう♡

関連記事

この記事をシェア

Twitter
Facebook
tomo(ライター)
tomo

アダルト・恋愛ジャンルが得意なママライター

育児をしながらママライターとして活躍。日本化粧品検定1級を取得。過去には、脱毛サロンで4年間勤務していたこともあり、美容業界の知識も豊富。現在は、美容関係の知識をアップデートするために化粧品関係の資格取得に奮闘中。

このライターの記事を見る