正社員が副業した場合の確定申告は?ダブルワークの疑問を解決!

働き方が多様化し、正社員でも「副業OK」の会社も増える中で、副業に挑戦する会社員の人も増えてますよね。ただ、副業での収入が発生すると、気になるのが税金の問題。そこで、「確定申告は必要?いくらから?」「いつ、どうやってするの?」といったダブルワークの疑問にお答えします!

  1. そもそも、年末調整と確定申告の違いって?
  2. 副業で確定申告が必要になる「20万円ルール」
  3. 確定申告のやり方・申告期限をざっくり紹介

そもそも、年末調整と確定申告の違いって?


副業と確定申告の話をする前に、まずは正社員ならおそらく誰もが行っている「年末調整」と、「確定申告」の違いについて整理してみましょう。

年末調整も確定申告も1~12月の1年間に得た所得にかかる所得税額を確定させるための手続きです。

会社員や公務員は毎月の給与からあらかじめ所得税が引かれています(=源泉徴収)が、概算額で税金が天引きされるため、年末調整をして正式な所得税額との差を調整するのです。
納め過ぎた税金があれば還付される仕組みです。

年末調整は1カ所でしかできない決まりがあり、2カ所以上から給与をもらっている場合は給与額の大きい方で年末調整を行います。

一方、フリーランスをはじめとする自営業者などは、年末調整の対象とはなりません。
そのため、年間の所得額から納めるべき所得税額を計算する必要があります。この手続きが確定申告です。

会社員であっても先にもお話したように、複数箇所から給与を受けている、住宅ローンを利用して家を買った年など、年末調整だけで申告しきれない場合は確定申告が必要になります。

参考:Money Forwardクラウド確定申告(外部サイト)

副業で確定申告が必要になる「20万円ルール」


会社員が副業などで本業以外の収入を得る場合、「副業での収入や所得が、年間20万円を超える場合には、確定申告が必要」というルールがあります。
年末調整では本業分の所得税しか反映できないので、年末調整に合わせて確定申告が必要です。

会社員の人が副業で収入を得るパターンとしては、以下の2つ。

1.アルバイトやパートの副業

年間20万円を超えたら、副業分の収入について「給与所得」の申告が必要

2.アルバイトやパート以外の副業(クラウドソーシングや内職など)

売上から経費を差し引いた年間所得が20万円を超えたら、「雑所得」か「事業所得」の申告が必要

ここで注目したいのが、1.が「収入」なのに対し、2.は「所得」である点です。

近年は、昼夜を問わず空き時間を活用して取り組みやすいクラウドソーシングが人気を集めていますね。
こちらで得られた報酬は仕事をするのにかかった経費などを差し引くことができ、自営業者に近い確定申告のイメージになります。

雑所得か事業所得のどちらとして申告するか?は、明確な線引きはありませんがフリマアプリで作品を販売して得た利益や、クラウドソーシングサイトで得た報酬などは、申告が簡単な雑所得で計上するケースが多い印象です。

参考:クラウド会計ソフトFree(外部サイト)

確定申告のやり方・申告期限をざっくり紹介


もし、自分が確定申告が必要な条件に該当する人のために、確定申告の方法や期限について簡単に説明しますね。

確定申告のやり方

必要書類

確定申告書(手書きで作成する場合)

確定申告を行う申告書にはAとBという2種類があります。
申告書Bは誰でも利用できるフル バージョンなのに対し、申告書Aは簡易バージョンといった感じです。

給与所得や雑所得を確定申告する場合は、項目がシンプルな申告書Aの方が使いやすいで しょう。

源泉徴収票(本業分+副業がパート・アルバイトなら副業分)

年末調整が完了後、12月から翌年1月ころに勤務先から発行されますので、確定申告まで失 くさないように保管しておきましょう。

マイナンバーカードor通知カード
身分証明書(運転免許証や健康保険証などのコピー)

申告方法

ここでは、PCやタブレット、スマホを使って行う申告書の作成手順を説明します。

上記の必要書類を準備し、PCかスマホで国税庁の「申告書作成コーナー(外部リンク)」にアクセスします。
表示される質問に添って、必要項目を入力します。

「書面で提出」を選択した場合は、作成した申告書を印刷し、押印。必要な添付書類を添えて、所管の税務署に持参か郵送します。

電子申告(e-Tax)の場合は、「マイナンバー方式」と「ID・パスワード方式」のいずれかを選択し、画面の指示にしたがって申告を行います。

マイナンバーカードを持っている+マイナンバーカード読み取り対応のスマホ(外部リンク)を持っている人なら、スマホでのe-Taxでの申告が手軽でおすすめです。

確定申告は申告できる期間が決まっている

確定申告は、申告の期限が決まっており、例年だと申告する年の翌年2月16日~3月15日まで(※2月16日または3月15日が休日、祝日の場合は翌営業日)に申告書を提出・納税する必要があります。
期限を過ぎると、延滞税がかかることもあるため注意してくださいね。

2021年は新型コロナによる影響を考慮して期限が4月15日まで延長となっています。
このように、その年により期限が変更となることもあるので、国税庁(外部リンク)のホームページで最新情報をチェックしてみてくださいね。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
kirariraindrop(ライター)
kirariraindrop

2018年よりライター・編集者として活動。元看護師。きれいめファッション・文房具・おいしいパンが好物。読んでくれる人に小さなhappyを届けられるよう修行中。