アーモンドの美容・健康効果がすごい♡効果的な食べ方と注意点!

「アーモンドは美容や健康に効果がある?」栄養をたっぷり含んでいるアーモンドは、忙しい女性が積極的に摂りたい食材。しかし、食べ方に注意点もあります。この記事では「アーモンドの驚きの美容・健康効果とアーモンドの効果的な食べ方」をご紹介します。

  1. アーモンドに含まれている主な栄養素は?
  2. アーモンドの美容・健康効果5選
  3. アーモンドを食べるときの注意点とは
  4. 忙しい女性におすすめ!アーモンドの効果的な取り入れ方3選
  5. アーモンド効果で美容と健康を手に入れましょう

アーモンドに含まれている主な栄養素は?

ビタミンE “老化防止のビタミン”

アーモンドは全食品のなかでも特に“ビタミンE”が豊富に含まれています。

【ビタミンEのはたらき】
・活性酸素を除去してからだや肌の酸化をふせぐ。
・過酸化脂質の生成を抑え、血管を健康に保つ。
・血中のLDLコレステロールの酸化を抑制する。
・赤血球が破壊されるのをふせぐ。

不飽和脂肪酸 “生活習慣病(動脈硬化・高脂血症・糖尿病)の予防”

アーモンドには“リノール酸”や“オレイン酸”などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

【不飽和脂肪酸のはたらき】
・悪玉コレステロールを抑制する。
・血中のコレステロール値を改善する。
・リノール酸が余分な脂肪の燃焼を助ける。
・オレイン酸が腸のぜん動運動を助ける。

食物繊維 “便通改善・生活習慣病の予防”

日本人の多くは十分な量を摂取できていないと言われている食物繊維。
アーモンドには食物繊維も豊富に含まれています。

【食物繊維のはたらき】
・便の材料となり、スムーズな排泄を促す。
・腸内環境を改善するビフィズス菌などの”善玉菌”を増やす。
・糖などの排出をサポートし、脂肪をつきにくくする。
・血糖値の上昇を緩やかにする。
・血中コレステロール値を低下させる。

ビタミンB2 “発育・健康維持のビタミン”

アーモンドには肌とからだの健康維持に大切なビタミンB2も含まれています。
ビタミンB2が不足すると、粘膜が弱り皮膚炎や口内炎の原因になることもあります。

【ビタミンB2のはたらき】
・脂質、糖質、たんぱく質などの栄養をエネルギーに変える。
・皮膚や粘膜、髪、爪などの健康をサポートする。
・細胞を傷つけ老化を進行させると言われている過酸化脂質を分解、消去する。

ミネラル類 “体の機能を維持する”

アーモンドにはカルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄分、亜鉛などの

ミネラル類も豊富に含まれています。

【ミネラル類のはたらき】
・カルシウムは骨や歯を形成する材料となる。
・マグネシウムは筋肉の収縮や細胞の調整機能、神経の興奮などを抑える。
・カリウムは体内の不要物を排出するデトックス効果がある。
・亜鉛は粘膜強化や味覚のサポート効果がある。
・鉄分には酸素を全身に運ぶ働きや鉄欠乏性貧血を予防する。

アーモンドの美容・健康効果5選

(1)美肌効果

アーモンドに含まれる“ビタミンE”、“ビタミンB2”は肌を健やかにする効果があります。
いずれも美肌のために積極的に取り入れたい栄養素です。

またアーモンドに豊富に含まれている”食物繊維”は、
糖化物質AGEs(エージーイー)の増加をふせぐ効果が期待できます。  

AGEsは体内のタンパク質と食事で摂った糖が結びつくと形成されます。
AGEsが肌表面の角層や肌内部の真皮で増大すると、”くすみ”や”シワ”などの肌老化の原因となるのです。

さらに血管で糖化物質が発生すると、さまざまな病気を引き起こす原因にもなります。

(2)冷え性・肩こりの改善効果

アーモンドに含まれる”ビタミンE”にはスムーズな血流を促し、からだをあたためる効果があります。

そのため血行不良が原因で起こる、肩こりや冷え性などの不調改善が期待できます。

アーモンドに含まれる”不飽和脂肪酸”には血管を強化し、血流を改善する効果があります。

冷えは肩こりや頭痛などを引き起こすだけでなく、免疫力の低下も招く女性の大敵。

アーモンドのようにからだをあたためる食材を積極的に取り入れて、からだの不調を予防しましょう。

さらにアーモンドには”鉄分”も含まれているので、貧血の改善も期待できます。

アーモンドは血液や血管が要因の不調を改善する、強い味方となってくれる食材です。

(3)生活習慣病の予防効果

アーモンドに含まれる”マグネシウム”には血糖値の改善に役立つなどの効果があります。

また”ビタミンE”には健康維持に大切な血管・血流の改善効果も期待できます。
さらに”不飽和脂肪酸(オレイン酸)”は血中のコレステロール値のバランスを整えるため、

アーモンドは生活習慣病の予防にも取り入れたい食材です。

忙しいなかで健康的なライフスタイル、食生活を維持していくことは大変です。

アーモンドを積極的に摂取して、生活習慣病の予防や改善を目指しましょう。

(4)肥満改善効果

アーモンドの脂肪分はやや高めなので、太るイメージがあるかもしれません。

しかしアーモンドに含まれている”オレイン酸”は脂肪や糖の吸収を抑制する働きがあるため、実はダイエット中の方の間食にもぴったりです。

アーモンドは低糖質で、ダイエット中に不足しがちな”ビタミン類”、ミネラル類”も豊富に含まれています。

さらにアーモンドに含まれる”カリウム”は、からだの不要な老廃物や水分を排出するため、むくみ太りの予防にも効果的。

”食物繊維”による便通の改善効果が期待できるのもうれしいポイントですね。

(5)妊活サポート効果

アーモンドに含まれる”ビタミンE”は血流を改善し、からだを温める効果があります。

血流改善は妊活に効果的なため、アーモンドは不妊治療や妊活の強い味方です。
”ビタミンE”のほかにも、アーモンドには女性に不足しがちな”ミネラル類”や”葉酸”なども豊富に含まれています。

さらにアーモンドに含まれる”亜鉛”は男性の妊活にもよいと言われており、
パートナーと一緒にアーモンドを摂取するのも効果的です。

アーモンドを食べるときの注意点とは

アーモンドの適切な量

アーモンドの1日あたりの摂取量は、25粒以内が望ましいと言われています。

アーモンドの過剰摂取は以下のようなデメリットがあります。
・食物繊維は摂りすぎると下痢をする可能性がある。
・ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、体外に排出されにくい。
・不飽和脂肪酸は脂質のため、摂りすぎると吸収に時間がかかり体に負担がかかる。

アーモンドに豊富に含まれる”ビタミンE”は、過剰摂取すると肝機能障害などを引き起こす可能性があります。

さらにアーモンドの約50%は脂質(不飽和脂肪酸)なので、摂りすぎはカロリーが心配です。

せっかくのアーモンドの栄養が逆効果となることもあるため、過剰摂取には注意しましょう。

アーモンドの選び方

アーモンドの美容・健康効果を最大限取り入れるためにアーモンドの選び方も大切です。
・油を使用していない”素焼き”のアーモンドを選ぶ。
・塩味や甘味のついていないアーモンドを選ぶ。
・添加物不使用のアーモンドを選ぶ。

アーモンドはそのまま食べてもおいしい食材です。

美容効果や健康効果を期待するなら、アーモンドの素材をなるべく活かした形で摂取するのが望ましいです。

忙しい女性におすすめ!アーモンドの効果的な取り入れ方3選

(1)アーモンドをバックやデスクにしのばせて小腹満たし


さっと手軽に食べられるのがアーモンドのよいところです。

アーモンドは1度に摂取するより、少量ずつ摂取するほうがよいと言われています。
仕事中など小腹が減ったときの間食に取り入れるのがおすすめ。

コンビニやスーパーで手に入る乾燥アーモンドにもきちんと栄養素は含まれているので、
積極的に摂取したいところ。

美肌効果や健康効果を期待するなら“無塩・無糖”のアーモンドを選ぶようにしましょう。

おすすめの無塩アーモンド

小分け煎りたてアーモンド 産地直輸入
28g×36袋  1,780円(税込)
無塩・無油・無添加のからだにうれしい煎りアーモンド。

持ち運びが便利でいつでもフレッシュなアーモンドを楽しめる個包装タイプです。

産地直輸入のカリフォルニアUSエクストラナンバー1等級アーモンドを使用。

アーモンドの中から焼ける“遠赤外線焙煎”でむらなくしっかりロースト。

1日1袋が目安。個包装タイプなので、つい食べ過ぎてしまうのを防げます。

(2)アーモンドミルクで手軽にアーモンド効果をGET


健康意識の高い女性の間で一時期話題になった“アーモンドミルク”。

アーモンドミルクは牛乳に比べて低脂肪・低カロリーで、ダイエットにも効果的と言われています。

仕事をしながら手を汚さずにアーモンドの栄養素を取り入れられるのもうれしいポイント。

アーモンドミルクはそのまま飲んでもおいしく、コーヒーや紅茶に混ぜてもアーモンドの豊かな風味を楽しめます。

アーモンドミルクで美容効果や健康効果を期待するなら、“甘味なし”のタイプを選ぶようにしましょう。

おすすめのアーモンドミルク

グリコ  アーモンド効果 砂糖不使用 アーモンドミルク
常温保存可能アーモンドミルク 甘味なし
1000ml×6本 2,651円

硬いアーモンドを細かくすりつぶして、なめらかに仕上げたアーモンドミルクです。

アーモンドの香ばしいおいしさと、やさしい口当たりが特徴です。

砂糖不使用のノンスイートタイプなのでダイエット中でも安心。

カロリーは200mlあたり39Kcalでからだにもやさしいです。

アーモンドの食物繊維とカルシウムも豊富な、栄養機能食品(ビタミンE)です。

持ち歩きに便利な200mlの飲み切りパックもあります。 

(3)アーモンドスライスをサラダにトッピング


アーモンドスライスをランチのサラダにトッピングするのもおすすめ。

アーモンドの栄養素を取り入れつつ、アーモンドの風味がサラダをさらにおいしくしてくれるので一石二鳥です。

アーモンドに含まれる”オレイン酸”は、朝食べると善玉コレステロール値がアップすると言われています。
アーモンドスライスを朝食のシリアルに混ぜたり、ヨーグルトにトッピングして食べるのもいいですね。

いろいろな料理にアレンジしやすいのがアーモンドスライスのうれしいポイントです。

おすすめのアーモンドスライス

プティパ アーモンドスライス
100g 1袋 449円

カリフォルニア産のアーモンドを食べやすくスライスしています。

アーモンドをローストしたパリパリ触感は、サラダやシリアルのトッピングに最適です。

料理好きな方は手作りのパンや、カップケーキ、クッキーに使用するのもおすすめ。

スライスアーモンドはあらゆる料理に手軽に取り入れやすいので、おうち用に一袋常備しておくと便利です。
 

アーモンド効果で美容と健康を手に入れましょう


アーモンドは美容・健康効果の高い栄養満点のスーパーフードです。

摂りすぎには注意が必要ですが、食事や間食にアーモンドを積極的に取り入れて、

効率よく美容と健康を手に入れてくださいね。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
わかな ゆい(ライター)
わかな ゆい

某化粧品メーカー勤務の2児ママライター。 美容と投資が大好物。 本業でJMA(日本メイクアップ技術検定)1級、 認定フェイシャルエステティシャンの資格保有。