バケットハットが似合わないのはなぜ?原因とおすすめの被り方も解説!

カジュアルやストリート系など、さまざまなコーディネートに合わせやすいバケットハット。でも、いざ被ってみるとなんだか似合わないと感じる人も少なくありません。ここでは、バケットハットが似合わない原因や、おすすめの被り方について解説します!

  1. ダサい?バケットハットが似合わない原因
  2. 似合わないとは言わせない!バケットハットの被り方
  3. 迷ったらこれ!バケットハットの選び方
  4. おすすめのバケットハット7選
  5. 「似合わない」はこれで解決!バケットハットが似合う人になろう

ダサい?バケットハットが似合わない原因

「自分にはバケットハットが似合わない」「私が被るとなぜかダサい気がする…」と思っていませんか?
せっかく可愛いアイテムを見つけたのに、似合わないからと諦めるのは辛いですよね。

とはいっても、なぜ自分には似合わないのかが分からない人もいるのではないでしょうか。
ここでは、バケットハットがなぜか似合わないときの原因や解決策、おすすめの被り方をご紹介します。

まさに今困っている人は、原因さえ分かればすぐに似合う被り方が見つかるでしょう。

見慣れていないだけ


これまであまり帽子を被ったことがない人は、ただ単にバケットハットを被っている自分の姿を見慣れていないだけ…という場合もあります。

自分では似合わないと思っていても、周りはそう思っていないかもしれません。
そんなときは、鏡の前で何度も被る練習をするのがおすすめです。

バケットハットを被った自分の姿をずっと見ていれば、だんだん見慣れてくるでしょう。
お出かけのときに自信を持って被れるように、まずは家の中でたくさん練習をしてみてくださいね!

被り方が合っていない


モデルさんやショップのマネキンと同じ被り方をしてたのに似合わないときは、あなたには別の被り方が似合うのかもしれません。
帽子を被るときには顔の形や髪型なども関係してくるため、同じ被り方をしても似合う人とそうでない人がいます。

ですが、ひとつの被り方が似合わなかったからといって、全てが似合わないわけではありません!
色々試しながら、自分に合った被り方を探してみましょう。

顔の形に合っていない


自分の顔の形に合っていないのも、似合わない原因のひとつでしょう。
「バケットハット」とひとくちにいっても、さまざまなタイプのアイテムがあります。

例えば顔が四角型の人はツバが長めのアイテムが似合い、丸顔の人はツバが短めの方が似合いやすいです。
もしもお手持ちのアイテムが似合わないと感じたときは、思い切って別のアイテムにチャレンジしてみてくださいね。

コーデに合っていない


いくらバケットハットのデザインが素敵でも、洋服のテイストに合っていなければ浮いてしまいます。
コーデは完璧だったのに、最後にバケットハットを被ったらダサくなってしまったことはないでしょうか?

あえてテイストを外すコーデもありますが、初心者さんはまず王道から攻めていくのがおすすめです。
外しコーデは、被ることに慣れてきてからチャレンジしましょう。

もしもバケットハットだけ浮いていると感じたら、コーディネートを見直してみるか、別のコーディネートに合わせられないか考えてみてください。

髪型に合っていない


バケットハットが似合わないとお悩みの人のなかで、いつもの髪型のまま被っているという人はいませんか?
被ったときのシルエットに違和感がある場合は、アイテムと髪型のバランスが合っていないのかもしれません。

帽子を被るときには、ツバや髪型のバランスが重要です。
少しヘアスタイルに手を加えるだけでも、シルエットは意外と変わるもの。

手持ちのアイテムをそのまま使いたい人は、ヘアアレンジにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

似合わないとは言わせない!バケットハットの被り方


続いては、バケットハットの上手な被り方についてご紹介します。
普段あまり帽子を被らない人にとっては、バケットハットはハードルが高いアイテムだと感じる人もいるでしょう。

ですが、被り方さえ覚えればそれほど難しいことはないので、ご安心くださいね!
バケットハットはうまく活用すれば「こなれ感」や「垢抜け感」が出せるアイテムなので、ぜひ日々のコーデに取り入れてみてくださいね。

後ろに下げる


迷ったときは、まずはツバを後ろに下げる被り方から始めるのがおすすめです。
前に下がった状態だとツバで顔が見えにくく、どこか暗くて重たい印象になってしまいます。

バケットハットを後ろに下げれば顔まわりがよく見えるため、明るくい印象を持ってもらえるでしょう。

被る深さを変える


バケットハットは深く被るだけでなく、浅めに被るのもおすすめです。
浅く被りたいときは「被る」というよりも、頭に軽く乗せるようなイメージをしてみると分かりやすいでしょう。

深く被るときは、少し高さのあるバケットハットを選ぶと今っぽい印象になりますよ。
深く被ったら似合わなかった人は浅く、浅く被ると似合わない人は深めに被ってみてください。

ヘアスタイルを変える


バケットハットを被ったときに、なんだか野暮ったくて似合わないと感じる人は、へアルタイルを変えてみましょう。
顔まわりの髪をスッキリさせると、グッとバランスがよくなります。

「そういわれても、どんな髪型にすればよいのか分からない!」という人は、以下を参考にしてみてくださいね!

・髪を耳にかける
・前髪を上げる
・ロングヘアの人はアップスタイルにする
・外ハネや巻くなどの動きのあるヘアスタイルにする

いつものヘアスタイルのままバケットハットを被っていた人は、変化をつけてみるのがよいでしょう。

迷ったらこれ!バケットハットの選び方


バケットハットを選ぼうとして、種類の多さに悩んでしまうことも多いはず。
どれを選べばよいか分からない人のために、ここからはバケットハットのおすすめの選び方をご紹介します。

いつも被っているバケットハットが似合わないような気がする人は、新しいアイテムに挑戦するときかもしれませんよ!これからご紹介する内容をおさえておけば、あなたが欲しいバケットハットが明確にイメージできるでしょう。

形で選ぶ


もしも困ったときは、形で選ぶのもよいですね。
バケットハットといえば四角い形をイメージする人も多いかもしれませんが、頭の部分が丸く作られているタイプもあります。

そのほかには、高さのあるものや浅めのタイプなどもあるため、合わせたいコーディネートや自分の顔の形によってアイテムを選んでみてくださいね。

例えば、深く被りたい人は、高さのあるタイプを選ぶのがおすすめで、高さがあまりないものは、浅く被りたいときに便利です。自分に似合う形のものを探してみてくださいね。

ツバの長さで選ぶ


ツバは、自分の顔の形に合った長さを選ぶと被りやすいでしょう。
顔の形ごとにおすすめの長さはこちらです。

・四角型・ベース型:長め
・丸型:短め
・面長:短め・長めどちらも似合いやすい

また、被るときのシチュエーションから、ツバの長さを決めるのもおすすめです。
例えばアウトドアで使用する場合は、日除けのために被ることを目的としている場合が多いでしょう。

そのため、ツバが長めのものほうが日差しを避けられて、使い勝手がよいといえます。
そして、ショッピングに行くときに被る場合は主に屋内で被ることが予想できるため、それほどツバが大きくなくても大丈夫ですよね。

迷ったときは、顔の形や使用する目的に合ったツバの長さを選んでみてください。

色で選ぶ


「欲しいアイテムは決まったけど、色の展開が多くて選べない!」という場合は、
さまざまなコーディネートで使える色を選ぶのがおすすめです!

・黒
・白
・グレー
・ベージュ
・ネイビー

上記の5色は、派手目からシンプルなコーディネートまで比較的合わせやすい色です。
さらに使いやすさを求めるなら、上記の色と合わせて、柄のない無地のアイテムを選ぶとよいですね!

柄物コーデのときにバケットハットにも柄が入っていると、全体的にごちゃごちゃしてしまってまとまりがなくなります。まだバケットハットに慣れていないうちは、無地で使いやすい色のものをチョイスするのがよいでしょう。

デザインで選ぶ


バケットハットに初挑戦のおしゃれさんは、デザインで選ぶのもおすすめです。
バケットハットのなかにはヒモがついていたり、ツバの先にフリンジ加工が施されていたりとデザイン性の高いアイテムもたくさんあります。

ファッションにこだわりのあるおしゃれさんであれば、うまくコーディネートに取り入れられるでしょう。
バケットハットのデザインが浮いてしまわないよう、ファッションやメイクにも気を配ってくださいね!

個性的なアイテムで周りと差をつけたい人は、デザインも重視して選んでみましょう。

素材で選ぶ


バケットハットは、素材感も気にして選んでみましょう。
コットン生地のアイテムであればオールシーズン被りやすく、初めての人でも挑戦しやすいのが特徴です。

レザーは、コーディネートをモードな印象にしたいときに向いています。
デニム生地ならストリート系や、メンズライクなコーディネートに合わせやすいでしょう。

コーディネートを左右するアイテムでもあるバケットハットは、素材選びも重要なポイントといえます。

おすすめのバケットハット7選


ここまでで「なんだか私も被れそう!」と思った人もいるのではないでしょうか。
そんな人へ向けて、おすすめのバケットハットをご紹介します。

おしゃれ初心者さんでも試しやすいものばかりなので、気になるものがあればチャレンジしてみてくださいね。

Champion バケットハット

男女問わず使える、ユニセックスタイプのバケットハットです。
シンプルなデザインのアイテムで、生地には季節を問わず使いやすいコットンを使用しています。

「Champion」のワッペンが横についていて、コーディネートのちょっとしたワンポイントになるでしょう。
カジュアルコーデや、スポーツミックスコーデで活躍してくれますよ。

友達や彼氏とのお揃いコーデにをするときにおすすめのアイテムです!

coen カットオフデニムフリンジバケットハット

ツバの先にフリンジ加工が施してある、デニム生地のアイテム。
コーディネートに取り入れれば、軽やかな印象になりますよ。

内側にヒモがついているので、サイズ変更できるのが嬉しいポイントですね!
頭が小さい人でも使いやすいでしょう。

シンプルなコーディネートのアクセントとして使うのがおすすめです。

YideaHome バケットハット

もこもこの見た目が可愛らしい、厚手のバケットハットです。
ファッションアイテムとしても、冬の防寒対策アイテムとしても役立ちそう。

アイテムによってはカジュアルになることもあるバケットハットですが、ファーを使ったアイテムならフェミニンコーデにも合わせやすいですよ。

顔まわりをすっぽり包み込むようにツバがついているので、寒い日のお出かけに被って行けば暖かく過ごせそうなアイテムです。

ROUNDHOUSE パッカブル バケットハット

ヒモつきの可愛い見た目で、機能性にも優れたバケットハットです。
シワになりにくい素材を使用しているので、使わないときは畳んでおけるのがうれしいポイント。

撥水機能もついているので、雨の日や水場で使うときにも活躍するでしょう。
アウトドアなどの屋外での使用にもってこいのアイテムといえますね!

フルーツオブザルーム TIE DYE BUCKET HAT

タイダイ柄が目を引く、少し派手目のアイテムです。
シンプルな白いTシャツと合わせると、涼しげな印象になりますよ。

色数の少ないコーディネートに合わせると、一気に華やかな印象になるでしょう。
色のレパートリーが豊富で、自分の好みや手持ちの洋服に合わせて選べるのもうれしいポイントですね!

ストリート系のファッションが好きな人は、1つ持っておくのがおすすめ。

GORGE バケットハット

秋から冬にかけて、季節感のあるコーディネートをしたいときは小物にも気を使うのがおすすめ。
ムートンライクのバケットハットなら、大人可愛いコーディネートが完成しますよ。

こちらのバケットハットは、ゆるやかに広がっているツバと、縫い目をあえて見せたデザインが魅力。
「なんだかコーディネートが物足りない…」というときに被れば、一気におしゃれ度がアップするでしょう。

大人カジュアルコーデが好きな人は要チェックです!

NEWHATTAN コットンウォッシュドバケットハット

バケットハットを被ったことがない人は、まずは無地のものからチャレンジ。
こちらはかなりシンプルなアイテムなので、柄物コーデと合わせやすいでしょう。

ロングワンピースやスニーカーと合わせると、カジュアルながら女性らしいコーディネートになりますよ。
柄がないと少し物足りなく感じるかもしれませんが、だからこそさまざまなコーディネートに合わせやすいアイテムといえるでしょう。

「似合わない」はこれで解決!バケットハットが似合う人になろう


今回の記事では、バケットハットが似合わないときの原因や、おすすめの被り方についてご紹介しました。
似合わないと思っていた人も、これからは被れそうな気がしてきたのではないでしょうか。

「なぜか似合わない!」というお悩みは、ちょっとした工夫で解決できます。
もう「私が被るとダサいから…」なんて落ち込む必要はありません。

自分に似合うアイテムを見つけて、さらにコーディネートの幅を広げましょう!

この記事をシェア

Twitter
Facebook
クラタコハル(ライター)
クラタコハル

ファッションが好きなWebライター。服飾雑貨を取り扱うショップのスタッフとして勤務経験あり。ファッションを楽しむお手伝いができるような情報をお届けします。