おすすめ美顔器!デンキバリブラシとヤーマンスカルプリフトを比較!

発売されてからかなり話題になったデンキバリブラシ。約8ヶ月後に発売されたヤーマンのミーゼスカルプリフトの両方を体験してみました。さて購入したのはどちらでしょうか?それぞれのメリットとデメリットも紹介していきます。

  1. 頭皮ケアから生まれた最先端美顔器
  2. デンキバリブラシを体験してみました!
  3. それぞれのメリットデメリットを比較
  4. 購入したのはどっち?
  5. 購入して半年経過後の肌は?
  6. デンキバリブラシがおすすめな人
  7. ヤーマン ミーゼスカルプリフトがおすすめな人
  8. 家庭用美顔器で美肌ケア

頭皮ケアから生まれた最先端美顔器


デンキバリブラシもヤーマンミーゼスカルプリフトもどちらも頭皮ケアができる話題の美顔器ですね。
形状がブラシで頭皮ケアから生まれた最先端美顔器になります。

今までは頭皮ケアは頭皮専用、顔は顔用と分かれていました。
それが1体化してどちらにも使うことができる画期的な商品として発売。

くわしい内容はあとで説明しますが、お値段は
・デンキバリブラシ 198,000円(税込)
・ヤーマンミーゼスカルプリフト 33,000円(税込)
※執筆時の価格による

と価格も全く違うのです。
どちらにも一長一短あるので、購入には私も大変悩みました。

デンキバリブラシを体験してみました!

デンキバリブラシ

デンキバリブラシの存在を知ったのは、昨年ヘアサロンで髪のお手入れをしてもらっていたときに美容師さんから聞きました。

「今すごく話題の美顔器があって、1回使っただけでも肌が変わるのよ!」と教えてくれたのです。
メーカーさんが1週間貸出ししてくれたそうで、たまたま店舗に現品があったのです。

一見すると黒いブラシ。
電源を入れるとブルーに光るけど使ったことのない私はあまりピンとこなかったのです。

物は試しと使い方を教えてもらってやってみました。

ブラシで髪を梳かすのではなく、頭皮に軽く当てるような軽いタッチで使います。
皮膚に水分があるほうがいいようで、ミストで濡らしながら地肌にあてていきます。

あまり電気は感じなくて、こめかみや髪の生え際などブラシのピンが部分的に当たるとピリッとくる感じです。

細いブラシの先からは低周波が出ているそう。

顔はメイクをしているので出来ませんでしたが、頭皮に軽くあてただけで顔がリフトアップしてかなり嬉しかったですね。

値段が198,000円と聞いて、びっくり!小型の家庭用美顔器ではかなり高額ですよね。
※執筆時による価格表記

でもたくさんの美顔器を使ってきた私にとって、「これは絶対にいい!」と確信!

後日ノーメイクで来店し、今度は頭皮と顔からデコルテまでさせてもらいました。

リフトアップだけでなく、肌そのものがピンと張って5歳は若返ったように見えるのです!

「これ欲しい!でも198,000円は高いな・・・」すぐには決断できないので保留にして、似たような商品が他メーカーから発売するのを待つことに。

ヤーマンミーゼスカルプリフト

デンキバリブラシの発売後から遅れて、約8ヵ月後にヤーマンからミーゼスカルプリフトというブラシタイプの美顔器が発売されたのです。

価格は33,000円(税込)それなりのお値段なのに、すでにデンキバリブラシの価格で検討していたからすごく安く感じるというマジック!
※執筆時による価格表記

私はヤーマンの美顔器が大好きで、現在5台所有しているほどヤーマンが好きなのです。

デンキバリブラシと比べてみると、ハリは太めでしっかりとした作りになっており、ハリが太い分、電気の感じ方は違いそうです。

またデンキバリブラシにはない機能が多数付いていて、マイクロカレント、LED、バイブレーションがあるのです。

ヤーマンミーゼスカルプリフトはデンキバリブラシのように体験することができないのでインターネットの情報を隈なくチェックしました!

それぞれのメリットデメリットを比較


値段だけで考えたらヤーマンがいいと思うけど、デンキバリブラシを使ったときに肌のハリ感が忘れられなかったのです。

どちらがいいか比較してみました。

デンキバリブラシ

芸能人やモデルさんにも大人気なデンキバリブラシ。

インスタなどを見ると、撮影前にデンキバリを使っている人もいてヘアメイクさんが持ってきているようでした。

撮影などのある人はデンキバリブラシを使ったらそれは変わるでしょうね。しかも年齢があがればなおさらです。

メリット

・肌が乾いた状態でも使いやすい
・使ってすぐに効果がわかる
・肌のハリや透明感が出る
・コンパクトで軽く邪魔にならない
・いつでも使える
・最強の時短美容だと感じた

デメリット

・価格が高い
・防水ではないので洗えないので衛生的に気になる
・低周波のみしかない
・ピンが細く、半年くらいしか持たない
(修理はピン1本550円、全部替えると5,500円)
・メンテナンスにお金がかかる

デンキバリブラシはブラシのピンがすごく細いので、毎日使うとメンテナンスにお金がかかりそうなのも悩むポイントとして大きかったです。

本体価格とメンテナンスを考えると出費が多そうですね・・・。

ヤーマン ミーゼ スカルプリフト

ヤーマンも発売してからすぐに完売するほど人気で、昨年末は公式サイトを見ても予約になっていました。

使っている人の使用動画をみるとかなり効果ありそうでしっかりリフトアップしていました。

メリット

価格が安い
私が大好きなメーカーの商品である
低周波以外に3種類のトリートメントがある
防水機能がついていてお風呂で使える
ブラシが頭皮用、フェイス用とあり、取り外して洗える
ブラシが太めなのでメンテナンスがいらないかも

デメリット

デンキバリブラシと比べると低周波の回数がかなり少ない
見た感じ、ブラシが太くしっかりしているので折れたりすることは無さそうです。

デンキバリブラシと比べるとブラシの電極本数が少なく、振動回数も少ないので効果が薄いのではないか?と気になりました。

表にしてみました。

比べてみると、デンキバリブラシは電極が32本もあるので1度のケアで肌に当たる部分が多いですよね。

しかも振動回数はデンキバリブラシのほうが10倍くらい多い!

スカルプリフトは機能がたくさんついている、しかも防水で低価格。

どちらも魅力的すぎるのです!

購入したのはどっち?


価格で選ぶか、効果で選ぶか、コスパで選ぶか?

私は買い物では大きなものでも即決が多いけど、この2つの商品には悩みに悩みました。

そして選んだのはこちら 
ヤーマンミーゼスカルプリフト!
注文してから1ヵ月弱で届きました。

決め手となったのは、やはり価格33,000円でこれだけの機能が付いていること。
防水仕様なのでブラシが洗えて衛生的な点が良かったです。

デンキバリブラシは今でも未練タラタラですが、初期投資とメンテナンスにお金がかかりそうなのがやはりネックでした。
デンキバリブラシは今でもやっぱり欲しい気持ちはあります。

購入して良かった点

ブラシが2種類あるのですが、頭皮用はブラシが固くて、フェイス用は柔らかいです。
顔にブラシに当たる感覚がソフトなので、肌を傷つける心配がないので安心。

意外にもお風呂で使えるのが便利でした!
湯舟に浸かりながら、頭皮や顔に使えるので時間に無駄がないですね。

ブラシが取り外せて、毎回洗えるのでいつも清潔に使えます。

色がホワイトなので充電中にリビングに置いてても違和感がない点も良かったです。
美顔器メーカーだからこそ、この価格が実現できたというのもあると思います。

購入して残念に思った点

思ったよりピリピリ感が少ないので刺激が強めが好きな人には物足りないかもしれません。
逆に考えれば、その分安全に使えるので万人向けでしょう。

デンキバリブラシはずっと低周波が流れているのですが、スカルプリフトは一定の感覚で低周波が流れ、止まるを繰り返します。

ずっと流れてくれたらもっと使いやすいでしょう。

バイブレーションは細かな振動が出るだけなので、ほとんど使っていません。
私にはいらない機能でした。

購入して半年経過後の肌は?


スカルプリフトが届いて最初に使ったときは、デンキバリブラシのようなハリ感はすぐには感じられないと思いました。

それは振動回数がデンキバリブラシは6万回(分)スカルプリフトは7千回(分)と違うから当たり前ですが・・・。

髪などはびしょびしょに濡れた状態で使うと、よく低周波の刺激がわかるので頭皮はほぼお風呂で使用。

顔はジェルなどを使って部屋でしたり、お風呂でしたりしています。

だいたい週2ペースで使っていて、1回使うと翌日の肌のハリ感とメイクのりがいいです!

デンキバリブラシのような劇的な変化はないけど、続けて使っていると肌のハリのいい状態がキープされてきてる感じがします。

特に頭の側頭筋をしっかりあてて、頭皮をほぐしていくことで髪も肌もハリが出てきます。

頭筋というのは普段の生活ではほとんど使われれることがない筋肉だそうです。
だから意識的にスカルプリフトで頭筋を刺激することが大切なのです。

使っていると髪の根元のハリ感は違うと感じています。

デンキバリブラシがおすすめな人


顔のハリやたるみを即効ケアしたい人にはデンキバリブラシはすごくいいと思います。

私の友人で、医療美容を受けている人が何人かいるのですが、リフトアップなどの1回の施術が10万~くらいして半年程度持つそうです。

1年に20万以上はかけているので、その分をデンキバリブラシで補うことができたら安いと言うのです。

デンキバリブラシは電池が5年くらい持つそうで、切れたら11,000円で交換ができます。
ピンの交換も1年1回5,500円×5回としても27,500円。

全部合わせても5年で本体とメンテナンスで214,500円なので1年分のお手入れ代とかわりません。

すでに同等のお金をかけている人にはデンキバリブラシはおすすめでしょう!

見た目で即効若返りたい人にもおすすめ。
実際肌が若返るわけではないけど、肌のハリやリフトアップで見た目年齢が変わります。

1回使ったら2日ほどは調子が良かったので、1~2日に1回使えばいい状態が毎日続くことになりますよね。

私も美容家としてメディアにたびたび出るようなことがあれば、購入するかもしれません。
予定はございませんが・・・。

ヤーマン ミーゼスカルプリフトがおすすめな人


衛生的にキレイに使いたい人にはミーゼスカルプリフトがいいでしょう。

デンキバリブラシは洗えないので、除菌シートなどでブラシを1本ずつ拭いてお手入れが
必要だと思うのでちょっと面倒です・・・。

美容にあまりお金をかけずにケアしたい人にはぴったりでしょう。

ヤーマンの美顔器が数年使っていても壊れにくく、ほぼメンテナンスいらずでお得です。

実際に33,000円で頭皮、顔、デコルテのお手入れができるのはすごく魅力的!

アラサー世代にはデンキバリブラシほどのパワーがなくても、スカルプリフトでも充分美肌ケアができるでしょう。

ホームケア美顔器をお探しの方で手頃な価格でと考えている方にはイチオシです。

私の友人が家に遊びにきたときに、スカルプリフトでお手入れしてもらったらすごくリフトアップして表面のハリ感がかなり変わっていたのです。

1回使用してすっかり気に入ったようで、購入を検討すると言ってました。

買ったものの、使う頻度が月に1~2回なんて人には逆におすすめしませんが、小まめにお手入れができる人やお風呂タイムで頭皮や顔をケアしたい人にはおすすめです。

家庭用美顔器で美肌ケア


私は美顔器歴がかなり長くて、20歳過ぎくらいから色々なものを使っています。

超音波美顔器も発売当初は25~50万くらいする高額なものも多く、機械そのものも大きかったです。

機械が大きいのでセットするのや片付けが面倒で買ったものの使っていない・・・なんて人も多かったです。

その後、段々とサイズもコンパクトになり価格も下がり、現在は超音波のみなら単品で1万~くらいで販売しています。

家庭用美顔器の性能もどんどん良くなり、エステに通わなくても自分でケアできる時代になったと感じます。

年齢が上がっても美肌を維持している方は、アラサー時代から美顔器ケアを実践してきた方が多いと思います。

美顔器を使うと肌がキレイになっていくので、スキンケアもきちんとしながら美のスパイラルを作ることができるでしょう。

デンキバリブラシはヘアサロンでも取りれているところがあるので、有料かもしれませんが一度お手入れしてもらうと良さがわかるので機会があればお試しください。

インターネットではレンタルもしていて7泊8日で2万くらいなので、お試しと言えどちょっと高いですよね・・・。

ヤーマンは大手電機量販店で置いていることもあるので、手に取ってブラシの質感とか確かめてみることができますよ。

お得情報として、楽天セールのときに楽天から購入するとポイントバックが約4000ポイントバックされることがあるので楽天セール時がねらい目です。

デンキバリブラシかヤーマンミーゼスカルプリフトかどちらかを検討している方や、新たに美顔器をお迎えしたい人の参考になればと思います。

1~2年後にはマスクなしの生活に戻れることを考えると、マスクを外したら一気に老け顔・・・なんてことにならないように日頃からケアしていきましょう。

この記事をシェア

Twitter
Facebook
クリム(ライター)
クリム

大手エステティックサロンにて トータル美容に8年携わる。 コスメコンシェルジュ取得。 @コスメビューティスペシャリスト認定